明日は「平成28年度計画護衛艦」(28DDG)の命名・進水式。艦名は「たかお」だろうか?

 明日、令和元年7月17日(水)。神奈川県の ジャパンマリンユナイテッド株式会社 横浜事業所磯子工場において、平成28年度計画護衛艦の命名・進水式が挙行される予定です。時間は15:00~15:12。「まや」型(8200トン型ミサイル護衛艦)の2番艦です。

詳細はこちら→https://www.mod.go.jp/msdf/release/201907/20190709-01.pdf

 

 イージスシステム搭載ミサイル護衛艦は、「こんごう」型4隻、「あたご」型2隻、「まや」型2隻の8隻となります。

「こんごう」型

 「こんごう」(DDG173)←金剛型戦艦「金剛」

 「きりしま」(DDG174)←金剛型戦艦「霧島」

 「みょうこう」(DDG175)←妙高型重巡「妙高」

 「ちょうかい」(DDG176)←高雄型重巡「鳥海」

「あたご」型

 「あたご」(DDG177)←高雄型重巡「愛宕」

 「あしがら」(DDG178)←妙高型重巡「足柄」

「まや」型

 「まや」(DDG179)←高雄型重巡「摩耶」

 「28年度計画艦」(DDG180)

 

 艦名候補としては、まだ使われていない「たかお」(←高雄型重巡「高雄」)か、「はぐろ」(←妙高型重巡「羽黒」)もしくは「なち」(←妙高型重巡「那智」)があげられます。ただ、艦名が「なち」だと、ナチスを連想しそうなのでこれはどうかと。「はぐろ」も音の響きがどうかな?個人的には「たかお」になるのではないかと予想しますが、どんなもんでしょう?

 意外と帝國海軍重巡とは関係ない「ろっこう」(六甲)とか「わしゅう」(鷲羽山)になるかもしれません。DDH「しらね」の例もありますし。

 

|

何で今日が「海の日」なんだ?記念の意味なし。

 本来、明治九年(西暦1876年)に、明治大帝が東北及び北海道を巡幸されたおり、灯台視察船「明治丸」(こちら)を御召船として同年7月20日に無事横浜港に帰港されたことを記念する日だったのに。なにがハッピーマンデーだよ!

Photo_20190715081701

|

涙か、ため息か…

Photo_20190714231201

|

秋の夜長に名曲の調べ…海上保安庁音楽隊第26回定期演奏会のお知らせ

H30

(画像出典:海上保安庁公式サイト

 まだ、夏が始まってないのに気の早い話ですが…

 今秋11月28日(木)に、恒例の海上保安庁音楽隊定期演奏会が開催されます。今年で26回目。会場は、東京芸術劇場 コンサートホール(東京都豊島区西池袋1-8-1)。応募方法は、はがきか公式サイトから。〆切 令和元年10月21日。

詳細はこちら→https://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/r1/k20190710/k190710-2.pdf

海上保安庁音楽隊https://www.kaiho.mlit.go.jp/doc/band/ongaku.html

 

 

|

いよいよ明日!那須どうぶつ王国でマヌルネコの赤ちゃん公開!!(予定)

 那須どうぶつ王国こちら)で生まれた2匹のマヌルネコの赤ちゃん(平成31年4月22日生れ)が、明日公開されるそうです。

 時間は10:00~10:30を予定。体調等を考慮して、中止になる可能性もあり。また、まだ名前のない赤ちゃんたちに、名前を募集するそうです。募集期間は令和元年7月13日から31日までです。

詳しくはこちら→https://www.nasu-oukoku.com/news/2019/09/post-455.html

Photo_20190712191501

|

海の事故ゼロキャンペーン(令和元年7月16日~31日)

201971631

(画像出典:海上保安庁公式サイト

 梅雨寒な日々が続く今日この頃だが、本格的なマリンレジャーシーズンの到来はもうすぐ。

 海難ゼロへの願いをテーマに、海難防止思想の普及及び高揚を図ることを目的とした「海の事故ゼロキャンペーン」が、(公社)日本海難防止協会、(公財)海上保安協会、海上保安庁の主催で行われます。

 期間は令和元年7月16日(火)より31日(水)まで。

 重点事項として、「小型船舶の海難防止」、「見張りの徹底及び船舶間コミュニケーションの促進」、「ライフジャケットの常時着用等自己救命策の確保」が挙げられています。

詳しくはこちら→https://www.kaiho.mlit.go.jp/mission/20190716kouhou.pdf

https://www.kaiho.mlit.go.jp/mission/kaijyoukoutsu/jikozero.html

|

『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』(Tuntematon sotilas)を観てきた。

 珍しいフィンランド映画、『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』を観てきた(公式サイト)。迫力ある戦争映画だった。

 第2次大戦中、フィンランドは3つの戦いを経験している。

冬戦争」(talvisota 1939.11.30~1940.3.13)

継続戦争」(jatkosota 1941.6.25~1944.9.19)

ラップランド戦争」(Lapin sota 1944.9~1945.4)

 本作品は、「継続戦争」が舞台。フィンランドではベストセラーである作家、ヴァイニョ・リンナ氏の「無名戦士」が原作。冬戦争でソ連の侵略から辛くも祖国を守ったものの、カレリア地方など国土の約十分の一を失ったフィンランド。(ちなみに、バルト三国はソ連に併合)

 そのフィンランドが、独逸の「バルバロッサ作戦」に呼応して、失地回復を図って発起したのが、「継続戦争」である。

 映画タイトルの「アンノウン・ソルジャー」(unknown soldier)とは、無名戦士のこと。副題にも「英雄なき戦場」とあるのだが、実際のフィンランド軍には、英雄と呼ばれるべき人物が幾人も居た。無傷の撃墜王や凄腕スナイパー、英雄というより異能者というべき存在こちら)までいたのだが、この映画には有名人は出てこない。本当に無名の、普通のフィンランド人の男たちの戦いが描かれている。原作のヴァイニョ・リンナ氏が自らの経験をもとに記しただけに、リアルな戦場生活がここにある。そこがまず素晴らしい。

 また、ともすれば祖国防衛の英雄譚になりそうなところ、軍隊の持つ汚い側面もきちんと描いているところも好感が持てる。登場人物たちを、単純にヒーロー扱いしないところもいい。本当に、普通の人たちなんだよ、彼らは。そんな彼らが、美しい森と湖の国で戦う姿。こんなきれいな世界でも人殺しする理不尽さ、地続きの国における国境線死守とはどういうものか、奪われた領土を取り戻すとはどういうことか(北方領土問題を抱える我々にも無関係ではない)など、見るべき点は多い。

 詳しい内容はネタバレになるので、これ以上は記さないが、ぜひ劇場でご覧いただきたい。自信を持ってお勧めできる一篇である。

http://unknown-soldier.ayapro.ne.jp/

Photo_20190710194901

(演出家・映画監督の、押井守氏も絶賛!~プログラムのコメントより引用)

 

|

ジャニー喜多川さんが、お亡くなりになったそうです。

 ジャニーズ事務所の社長で、多くのアイドルを輩出したジャニー喜多川社長が、昨日夕方お亡くなりになったそうです。謹んで、ご冥福お祈りします。

 先月18日に体調不良を訴え緊急搬送。くも膜下出血という情報が流れた後から、「実はすでにお亡くなりになっている。発表の時期を慎重に図っている」と言った怪情報がまことしやかに流れていましたが・・・享年87歳。世間的には大往生かもしれませんが、御自身は「まだまだこれからどんどんいくぞ!」と考えていたかもしれません。無念であったかも。

|

今日は株価は反発したようで。

 昨日の株安から一転、開始早々からプラスに転じ、一時は150円ぐらい上がったものの、その後下げて50円高ぐらいで前場終了。後場は一時マイナスに落ち込む場面もあったが持ち直し、30.80プラスで終了。上がったり下がったりだね。

|

日経平均終値が212円安か

先週末はプラスで終わった上に、今朝の段階でNYダウもCMEもプラスだったのを受けて始まったのに、日本市場はのっけからマイナスだもんね。株は難しい。

|

«今日は何の日?