五日ぶりに反発。

 前日のNYダウは、、三連休明けでアップルの報道を受けた後でどう動くか注目されたが、寄付きから115ドル下げ。一時は280ドル以上下げたがその後下げ渋り、終値は29,232ドル19セント(▲165.89)で三営業日続落だった。アップルは当然ながら株価を下げたが、他のハイテク関連株は好調で、ナスダック総合も高値更新である。

 一方、日本市場は寄付き23,329円33銭(△135.52)で五日ぶりの反発。昨日330円近く下げた反動か。一時上げ幅が狭まって23,234円ぐらいになったが、その後は上昇に転じ前引け23,359円(△165.80)。後場に入ると更に上げ幅が広がり、一時は23,468円まで上げた。大引け後の終値は23,400円70銭(△206.90)。200円以上上げで23400円台を回復したが、それでもここ四日で合計667円も下げたことに比べれば、回復もまだまだである。業種別指数では、33業種中15業種がマイナスで、特に「鉄鋼業」はマイナス1.86%。テドロス肺炎武漢コロナウィルスCOVID-19)関連株では、川本産業(東証3604)興研(東証7963)重松製作所(東証7980)は軒並み10%以上の下げ!スガイ化学(東証4120)は終値2,645円(△255)で新高値。有機合成薬品工業(東証4531)は338円(△80)でストップ高(!)。昨日はマイナスだった、テレワーク関連のサイボウズ(東証4776)は、今日は反発して2,351円(△89)だった。

 資本業務提携を発表した、SBIホールディングス(東証8473)と清水銀行(東証8364)は、SBIが終値2,451円(△22)プラス0.90%。清水銀行は終値1,989円(△22)プラス1.11%。どちらも株高だった。

 

|

株価四日続落。消費税増税とテドロス肺炎(武漢コロナウィルス肺炎)のダブルパンチが効き過ぎじゃ!

 前日(17日)のアメリカ市場はプレジデント・デイの休日で休み。その米国では、アップルが1-3月期の業績予想は達成不能と発表。テドロス肺炎(武漢コロナウィルスCOVID-19)の悪影響は相当深刻。アップルは影響力の強い企業だけに、休日明けの米国市場がどう動くか不安だ。

 日本市場は寄付きから23,398円57銭(▲124.67)と続落。下げ幅は次第に広がり、一時は295円近く下げる展開。前引けは23,237円44銭(▲285.80)。後場はいきなり下げ幅が300円以上大きく広がってしまい、その後389円まで下げる場面も。大引け後の終値は23,193円80銭(▲329.44)。かろうじて23,000円台を維持したものの、明日はどうなることやら?業種別指数も、「空運業」以外は全てマイナスの全面安だった。値がさ株の、村田製作所(東証6981)は終値6,114円(▲216)。アドバンテスト(東証6857)は5,410円(▲330)。太陽誘電(東証6976)は3,335円(▲200)と、大きく値を下げている。テドロス肺炎関連株の、川本産業、興研、重松製作所はマイナス。医薬品中間物製造のスガイ化学(東証4120)は2,390円(△400)でストップ高。感染予防の観点から、大企業などで時差出勤やテレワークが推奨されるなか、グループウエア(企業内スケジュール管理・掲示板による情報共有)開発およびライセンス販売の、サイボウズ(東証4776)が注目され、寄付きから大きく値を上げたのだが、すぐに利食いの売りが入ってしまい、終値は2,262円(▲3)でマイナスだった。

 消費増税によるGDPマイナスショックに、終息が見えないテドロス肺炎禍。この一大事に、国会審議を欠席する野党は正気の沙汰ではない!議員辞職しろ!

 

 

 

へやキャン△』より

Photo_20200218162301

ついに出てきた、志摩リンの祖父(声・大塚明夫 ナレーションも担当)。野クルメンバーと、今後どうからむか注目だ。

|

安部増税ショック!GDPマイナス6.3%の恐怖!

 週末14日のNYダウは、寄付きこそ29,440ドル47セント(△17.16)と反発して始まり、一時は40ドル近くまで上げ幅を広げたものの、その後大きく下げて140ドル下げる場面も!終値は29,398ドル08セント(▲25.23)で続落となった。他の指標、ナスダック総合S&P500は反発して最高値を更新しており、まちまちな動きだった。相変わらず、テドロス肺炎武漢コロナウィルス肺炎)が上値を重くする一方で、トランプ政権による「株式投資に税制控除」という発表が好感されてもいる様子。17日は、プレジデント・デイで休日のため、米国市場は休みの予定である。(※プレジデント・デイは、2月の第三月曜日。もともとは、初代大統領ジョージ・ワシントンの誕生日《1732.2.22》を記念して2月22日だったが、変更されたという)

 一方日本市場は寄付きから23,489円78銭(▲197.81)と200円近く下げてスタート。一時は350円以上下げる展開。令和元年10月~12月のGDPが、マイナス1.6%。年率換算でマイナス6.3%という5四半期ぶりの低水準で、それがテドロス肺炎(武漢コロナウィルス肺炎)との相乗効果で上値を重くしてる模様。安倍政権による消費増税の悪影響と、令和元年台風19号によるサプライチェーンへの悪影響が以外に尾を引き、GDPの大幅マイナスを招いた。無能で無責任な財務官僚の税金泥棒どもと、それを抑えられない安倍総理の責任重大である。

 結局、日経平均終値はやや持ち直して23,523円24銭(▲164.35)。三営業日続落である。

 テドロス肺炎(武漢コロナウィルス肺炎)関連では、LAMP法ループ介在等温増幅)という独自の遺伝子増幅技術で、武漢コロナウィルスの検査システムを早期実現させると発表した、栄研化学(東証4549)が、終値2,485円(△227)でプラス10.05%と、大きく値を上げた。

LAMP法とは http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1407_01.pdf

Photo_20200217172401

|

今日は休みます。

Photo_20200216225501

|

テドロス肺炎(武漢コロナウィルス肺炎COVID-19)の影響は広がり続ける。

バス業界もタクシー業界も、戦々恐々だろうな。鉄道も危険だよね。参ったな。

今更言っても遅いが、春節が始まる前に断固とした入国制限を行っていればあるいは。

|

話題の映画『1917命をかけた伝令』を観てきた。

 『1917命をかけた伝令』(公式サイト)を観てきました。超感動した!傑作としか言いようがない作品です。

 タイトルを見ればすぐ分かるように、第1次大戦の話です。第1次大戦ものでは、『戦火の馬』(2011.12.25公開)という作品があって、そちらも傑作でした。『1917』を観た感想ですが、詳しく話すとネタバレになりますので、ざっとさわりだけ。まずは映像がほとんど「ワンカット」と言っていいほど全てのシーンが切れ目なく繋がって見える。ワンカットと言えば、日本のアニメ映画『MEMORIES』(1995.12.23公開、オムニバス形式3部構成)の中の一篇、『大砲の街』(Cannon Fodder 監督:大友克洋 『この世界の片隅に』の片淵須直監督が、技術設計で参加)が約20分の尺でワンカットでした。偶然か、そちらも戦争ものでした。『1917』はカメラワークが実に巧みで、「このシーン、どうやって撮ってるんだ?」と推測するのが楽しかったです。画面はとにかく死体だらけ。比較的きれいな死体だらけで助かった。もっとリアルな死体だったら、観てるだけでシェル・ショック(戦場神経症)になりかねない。というか、上映も難しいだろう。とにかく、戦場のあらゆる不条理が、短い時間の中に詰まっている。その不条理を乗り越えた先に、凡百の作品には感じられない感動があります。涙なしには、観られない。これは必見の価値ありです。自信をもって、お勧めします!

Today-is-veterans-day-by-snoopy_20200214172101

退役軍人の日(Veterans Day)は、1918年11月11日の第1次世界大戦終結の日を記念して制定されました。

|

テドロス肺炎(武漢コロナウィルス肺炎COVID-19)に対する不安心理が、株価を引き下げる。

 昨日のNYダウは、終値29,423ドル31セント(▲128.11)で反落。取引中、一時205ドル下げる場面も。前々日の好調ぶりとは打って変わった株安は、テドロス肺炎武漢コロナウィルス肺炎)の感染者がシナ湖北省で15,000人近く増えたという発表で、それまで流れていた楽観的な空気が一掃されたからだと思われる。もっとも、暴落と言うほど派手な株安にはならず、マイナス128ドルぐらいで下げ止まるあたり、米国市場はまだまだ底堅いと言えそう。

 一方、日本市場は寄付きから23,714円52銭(▲113.21)と三ケタ下げて続落。一時は224円も下げるなど元気がない。国内で初めて日本人の死者が出るなど、テドロス肺炎(武漢コロナウィルス肺炎)に対する不安が、投資心理にマイナスの影響を与えているのか。前引けは23,704円59銭(▲123.14)。後場開始直後に、23,738円42銭(▲89.31)をつけてこれが今日の高値となったが、その後は下げ幅を広げる展開。大引け後の終値は、23,687円59銭(▲140.14)だった。

 日産自動車(東証7201)は、終値513.7(▲54.8 -9.63%)で大幅安。ソフトバンクグループ(東証9984)は反発して5,517(△59 +1.08%)だった。

 テドロス肺炎(武漢コロナウィルス肺炎)でお亡くなりになった方には、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。これ以上、犠牲者が出ませんように。

|

ゴチ史上初!ダブルピタリで100万円二人じゃ!!

ゴチ21で、史上初のダブルピタリが出た!ゲストに綾野剛を迎えた今回の勝負、設定金額1万5千円。ノブと本田翼の二人が同時1位でピタリ1万5千円!ビリはゲストの綾野剛で、12万7千円のお支払。おみや代は、5位のやべっちが支払った。

Photo_20200213215101

|

テドロス肺炎の感染者がいきなり14,840人も増加?死者も242人増しだと!?

Photo_20200213164001

シナ共産党の発表なんて、信用する奴はバカだ!

 

 昨日のNYダウは、29,551ドル42セント(△275.08)で最高値更新。その他、ドイツDAXをはじめ、欧州市場では軒並み高値を更新。テドロス肺炎武漢コロナウィルス肺炎COVID-19)のピークの先が見えたのではないかという楽観的な観測が流れ、それが投資心理を積極的にしたものらしい。そのため、日本市場も今日は24,000円台を狙えるのではないかと期待されたのだが、寄付き前にシナ湖北省でテドロス肺炎感染者が14,840名、死者も242名増えたというニュースが流れたため状況は一変。感染の判定方式を変更したためと言う話だが、勿論信用できない。恐らく、今まで隠していた分を小出しに出して、これから帳尻を合わせていくつもりだと思われる。噓つきで見栄っ張りのシナ共産党らしいやり方だ。

 テドロス肺炎に関する不吉な数字が出たせいか、日本市場は寄付き23,849円76銭(▲11.45)と反落してスタート。昨日の終値を挟んで、プラス47円からマイナス67円の間で上下するまちまちな動き。上値は重いが、下値も底堅い。前引けは23,875円75銭(△14.54)で、わずかながらプラス。しかし、後場に入るとマイナスに転じる。昨日は株高に貢献したソフトバンクグループ(東証9984)も、昨日決算報告で大幅な利益減を発表したせいか、今日はさえない動きで足を引っ張る。大引けの日経平均終値は23,827円73銭(▲33.48)だった。

(ソフトバンクグループの終値は、5,458円(▲293)だった)

 

 日産純利益も9割減。明日の株価はどうなるかな?

 

Photo_20200213170801

あのころの、千明。

|

テドロス肺炎(COVID-19)の悪影響が広がる中、ソフトバンクグループが日経平均を押し上げ。

 昨日のNYダウは、寄付きは前日比で113ドル高で始まったもののその後失速。終値は29,276ドル34セント(▲0.48)とほぼ横ばいだった。

 休日明けの日本市場は、寄付き23,741円21銭(△55.23)で反発。前場で一時182円以上の株高になる好調ぶり。前引けはやや落ち着いて、23,813円52銭(△127.54)。後場は23,800円台でのもみ合い。大引けが近づくにつれて買いが進み、終値は23,861円21銭(△175.23)で、三営業日ぶりのプラスだった。しかし、業種別指数で33業種中、「情報・通信業」など8業種のみがプラスで、あとは「海運業」以外全部マイナス。武漢肺炎改めテドロス肺炎COVID-19 COrona Virus Disease 2019) の影響で、九州工場の一時操業休止を発表した日産自動車(東証7201)がマイナス9.9%と株価を下げるなど影響は大きい。そんな中で、ソフトバンクグループ(東証9984)が大きく値を上げ、終値5,751円(△611)プラス11.88%で日経平均全体を押し上げた。米国において、スプリントTモバイルUSの合併が認められたというニュースが好感されたため。もっとも、大引け後に発表された決算では、69%の利益減ということで、明日以降の株価がどうなるか楽しみである。

Photo_20200212173001

野村監督の突然の訃報。つば九郎の目にも涙。

|

«武漢肺炎はNG?