« 本日の業務日記 | トップページ | 新信託法の活用 その1 自分がボケてしまう前に »

『経審対策 ガイドブック』

 一昨日(5月21日)、注文していた新刊本が届きました。建通新聞社発行の『経審対策 ガイドブック』と言う本です。今年3月12日に開催された「2008年経審改正説明会」(主催:㈱建通新聞社・建設業法実務研究会)に出席したとき、出版がアナウンスされていたものを注文して手に入れたものです。

 サブタイトルに「建設業評点アップの企業戦略」とあるように、新経審で評点アップを図るための具体的な提案がなされており、大変興味深いです。

 目次を開くと、

  Ⅰ章 経審改正の衝撃

  Ⅱ章 数字・グラフでわかる新経審

  Ⅲ章 評点の上がる会社、下がる会社

  Ⅳ章 評点アップの勘所

  Ⅴ章 評点アップ シミュレーション

  Ⅵ章 新経審 評点計算のしくみ

となっています。Ⅰ~Ⅲ章は経審改正の衝撃的な中身についての解説、自己診断用チェックリストなど、改正によって何が変わり、どのような影響が出るのか解析されています。

 続くⅣ,Ⅴ章では、架空の土木工事業者A社(平均完工高12億円)をモデルに、各指標が1億円・1%変化することで総合評定値がどう変化するかシミュレートし、評点アップの具体策を提示しています。面白いのは、経費削減のため、建設業協会等から退会すると、経費は確かに減るもののW評点が大幅ダウンしてしまう所である。なんでも経費削減すればいいと言うわけではないのですね。

 現時点で新経審に関してこれだけよく書かれた本は無いでしょう。定価1,600円+消費税、これはお買い得だと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←クッリクして下さい。

|

« 本日の業務日記 | トップページ | 新信託法の活用 その1 自分がボケてしまう前に »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『経審対策 ガイドブック』:

« 本日の業務日記 | トップページ | 新信託法の活用 その1 自分がボケてしまう前に »