« E.T | トップページ | 冬の雷 »

青色申告と池波正太郎

 今日は午後から青色決算説明会・消費税等説明会が、台東区の生涯学習センターであった。昨日一仕事終えてちょうど手が空いていたので、説明会に参加して見た。場所は言問通りからかっぱ橋道具街へ曲がって直ぐの場所。事務所から歩いて15分前後の距離である。

 説明会は税務署の職員と税理士によるもので、事前に郵送されてきた「所得税の確定申告決算書」、「青色申告の決算手引き」、「決算書の書き方」に、会場で配布された「消費税のあらまし」と「年末調整のしかた」というパンフレットを用いて、その内容を説明する(改正点を中心に)と言うものだった。

 今回説明を受けて驚いたのは、減価償却に関する点で、以前は残存価格5%まで償却させて、残存価額は貯蔵品等と計上していたものを、平成19年4月1日以降に取得した減価償却資産に関しては、未償却残高が「1円」になるまで償却する事に変更されていたのだそうな。

 一方、改正前、すなわち平成19年3月31日以前に取得した資産に関しては、一旦残存価額5%まで償却させた上で、残った5%を5年間で「1円」まで償却するのだと言う。ここ数か月、会計がらみの資格試験や実務者向けの講座に通い詰めていたのに、去年の改正点について知らなかったとは(忘れてたのか?)我ながら呆れた話である。でも、知らないままでいたらもっと大変だった。説明会に出てよかったよ。

 説明会は午後4時少し前に終了。時間があったので、同じ建物の中にある台東区立図書館を見て回る。ここの目玉は地元の作家、池波正太郎のコーナーである。大きなガラスに仕切られて、在りし日の池波氏の書斎が再現され、氏の遺愛の品々や、生原稿を拝見出来る。池波ファンはもとより、時代もののファンには嬉しいコーナーだ。

 その後、一般のコーナーも覗いて見る。新しくて、機能的な図書館である。利用者も多く、なかなかの盛況ぶりである。今日のところはとりあえず借りたい本や資料が無いので、そのまま帰る事にしたが、今度はもっとゆっくり過ごしたいと思う。

 

|

« E.T | トップページ | 冬の雷 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青色申告と池波正太郎:

« E.T | トップページ | 冬の雷 »