« 外は冬の雨 | トップページ | 1月も、もう終わり »

『ハローグッバイ』

 ついに読了。

 長きにわたったこの作品も、本巻を持って一応の完結となる。合計34巻、10年を超えた長期シリーズのフィナーレである。

 物語の舞台はとある学校。学園祭を控えたある日の登校時、ひょんな事で出会った主人公二人。そこから物語は始まった。その後の、学校やその周辺で起こる様々な出来事を描き、主人公の一方(先輩に当たる)が卒業するまでの約1年半の物語。登場人物達にとっては約1年半だが、ここに至るまで10年以上の執筆期間がかかっている。よもやこれほどの大河ロマンになろうとは。

 しかし、なんだかもう少し見ていたかったな。学校に残ったもう一人の主人公が、仲間とともにどう生徒会を切り盛りしていくか、そこも気になるのだが・・・。

 ま、「もう少し」と言う所で止めておくのが正解なのかもしれない。「あと、もうちょっとだけ続くんじゃ」とか言って、長々続けるのも考えものであるし。その後が気になるけど、後のことは「皆さんの想像にお任せします」ということで。

|

« 外は冬の雨 | トップページ | 1月も、もう終わり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ハローグッバイ』:

« 外は冬の雨 | トップページ | 1月も、もう終わり »