« その名は「ハルオ」 | トップページ | PNR »

今日は「UFOの日」なんだそうな。

 今を去ること60年以上前、1947年6月24日、自家用機(←昭和22年に自家用機!アメリカさんはすごいね)を操縦中の米人実業家、ケネス=アーノルド氏が、奇妙な「飛行物体」を目撃したのが、所謂UFO論議の出発点なんだそうな。それを記念(?)して、今日はUFOの日なんだという。誰が決めたんだかね

 アーノルド氏は自分が目撃した飛行物体の奇妙な振る舞いについて、「まるで、丸い皿(ソーサー)を水面に投げた時のような飛び方」と、新聞記者のインタビューに答えたらしい。それを新聞記者が誤って「空飛ぶ円盤(フライングソーサー)」と記事に書いたため、この名称が定着してしまった。ただし、空飛ぶ円盤とUFOはイコールの関係にあるわけではない。UFOとは「未確認飛行物体」(アンナイデンティファイド・フライング・オブジェクト)の略で、円盤という意味はないのである。しかし、このへんがごっちゃになって使われているので何ともややこしい。

|

« その名は「ハルオ」 | トップページ | PNR »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事