« 朝顔は朝見てこそ | トップページ | 巴里祭 Quatorze Juillet »

『宮本武蔵~双剣に馳せる夢』

 昨夜、久しぶりに映画をはしごした。

 まず、新宿の「新宿バルト9」で18時40分から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破』を観た。前人気どおり、場内は満員。結構おもしろかった。早く続きが観たい!

 ついで、「テアトル新宿」で21時20分から『宮本武蔵 双剣に馳せる夢』を観る。こちらはドキュメンタリータッチの映画である。

 巷間に流布している宮本武蔵像は、吉川英治氏の小説やそれをベースに制作された映画、時代劇、マンガなどの影響を受けているように思われるが、本作は別の切り口から武蔵の実像に「肉薄」している。実はタイトルにある「馳せる」ことこそが、武蔵生涯の「夢」であったことが詳述されている。なかなか興味深い映画であった

『宮本武蔵 双剣に馳せる夢』 テアトル新宿にて上映中。

                   レイトショウのみ、24日まで。

|

« 朝顔は朝見てこそ | トップページ | 巴里祭 Quatorze Juillet »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『宮本武蔵~双剣に馳せる夢』:

« 朝顔は朝見てこそ | トップページ | 巴里祭 Quatorze Juillet »