« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

ドバイ

やはりというか、なんというか

あの摩天楼群は砂上の楼閣、いや蜃気楼に過ぎなかったか

|

冬支度

今朝はどんより曇って寒い。ついにコートを着ることにした。春が待ち遠しい

|

「坂の上の雲」を観る前に

NHKのドラマ坂の上の雲』第1部(全5回の予定)、その第1回の放送が、
いよいよ11月29日(日)に迫ってきました。(時間・20:00~21:30)

ドラマを観る前の予習として、こんな本はいかがでしょう?

『「坂の上の雲」では分からない日露戦争陸戦』
著者・別宮暖朗 並木書房 1600円(税別)
http://www.namiki-shobo.co.jp

日露戦争における陸戦中、遼陽会戦奉天会戦といった主要会戦について詳述
されています。
この本を読むと、明治以来の日本の官僚組織の宿瘂が垣間見られます。
陸軍も、巨大な官僚組織)

本書には姉妹編として、

『「坂の上の雲」では分からない旅順攻防戦』(旅順攻防戦を扱う)
『「坂の上の雲」では分からない日本海海戦』(海軍戦いを扱う)

があります。(いずれも並木書房刊)

上記の本と合わせて読めば、より深くドラマ世界を理解できましょう。

|

投錨、そして未来への抜錨

実に9年以上の長きにわたって、週刊モーニング(講談社)に連載されていた『ジパング』(原作:かわぐちかいじ)がついに完結した。あの伏線が、最後にああして回収されるとはね。

 艦船がタイムスリップする話では、原子力空母が真珠湾攻撃の前日に出現してしまう映画(『ファイナル・カウントダウン』1980米国)があったが、2時間弱の映画と9年以上連載された作品では、描き出される世界は当然異なる。よくぞこれほどの物語を、描き切ったものだと感心させられる。

|

疲労凍死

 昨夜の雨のおかげか、今朝はいつになく空気が澄んでいる。

車窓から眺める富士山は、5合目より上はもう雪化粧である。朝の清澄な空気に流麗な山体が一際冴えて美しかった。

 一方で、山にまつわる悲しいニュースもある。家族登山で南九州・霧島山系の韓国岳(からくにだけ・標高1700メートル)に登る途中、家族とはぐれ行方不明となっていた小学生が、心肺停止状態で発見され、病院で死亡が確認された。今朝のニュースでは、死因は低体温症だという。痛ましい事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »