« 疲労凍死 | トップページ | 「坂の上の雲」を観る前に »

投錨、そして未来への抜錨

実に9年以上の長きにわたって、週刊モーニング(講談社)に連載されていた『ジパング』(原作:かわぐちかいじ)がついに完結した。あの伏線が、最後にああして回収されるとはね。

 艦船がタイムスリップする話では、原子力空母が真珠湾攻撃の前日に出現してしまう映画(『ファイナル・カウントダウン』1980米国)があったが、2時間弱の映画と9年以上連載された作品では、描き出される世界は当然異なる。よくぞこれほどの物語を、描き切ったものだと感心させられる。

|

« 疲労凍死 | トップページ | 「坂の上の雲」を観る前に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事