« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

いい夢見させてもらったよ。

嗚呼、惜しい!残念!!

やはり、世界の壁は厚かった・・・

でも、感動ありがとう

|

延長戦

けいおん、録りそこねなくてよかった

|

今度はイタリア抜きでやろう!

 ワールドカップの決勝トーナメントが始まった。ドイツはイングランドを下し、2回戦へ駒を進めた。是非、ドイツと戦いたいものだ!そのためには、まず強豪パラグアイに勝利せねばならない。日本がんばれ

|

征露丸

 食あたり、水あたりのシーズンである。それあるを案じて征露丸を買い置きしていたのだが、早速役にたった

|

2か月

試験まであと2カ月を切った。今年こそ雪辱を果たしてくれん!

|

雨用シューズ

 TBSの夕方のニュースを観ていたら、北朝鮮の国営放送が昨日のFIFAワールドカップ南アフリカ大会の「北朝鮮vsポルトガル」戦の様子を実況中継したというニュースをやっていた。どう段取り組んだか知らないが、カメラは平壌市内の北朝鮮代表選手宅にお邪魔して、ビール飲みつつテレビ観戦する親族の映像を流していた。試合の結果は7対0でポルトガルの大勝、当然北朝鮮にとっては大敗。試合の様子は隣国韓国でも放映されたとして、韓国内で北朝鮮の戦いぶりを観戦する韓国人サポーターらしき人々の映像。北朝鮮大敗の原因として、北朝鮮選手が雨中の試合にも関わらず雨用シューズを履いてないため、力を発揮できなかったという解説。なるほど、試合映像を観ると、派手に水しぶきを上げながらスリップする北朝鮮選手の姿。その姿を観て、韓国人サポーターからは、以下のような「同情」の書き込みがなされているという。いわく「北は雨用シューズを持ってないのではないか」「北に雨用シューズを送ってあげよう」等々。このニュース、内容一つ一つは「事実」かもしれないが、こうして並べると韓国人サポーター(ひいては韓国人全体)に対し、ある種の予断を視聴者に与えるよう意図して編集されてるのではないかと思われる。「韓国人サポーター(そして、韓国人)は、なんて能天気なんだ?北に雨用シューズを送るより、撃沈された『天安』の戦死者たちの復仇を果たすのが先ではないか?!」と。TBSの編集意図が気になる。

|

「逆もまた真なり」か?

 1929年の大恐慌について、「日本が海軍軍縮会議に出席を決めたことが、その遠因である」というありがたくない話がある。日本が会議に参加したことで海軍軍縮が実現した結果、仕事が無くなる造船業と関連する鉄鋼重機などが軒並み株価を下げたことが、大恐慌に繋がったというのである。そこまで日本のせいにされても迷惑な話だが、軍縮が経済を混乱させ、ひいては第2次大戦勃発にまで影響を与えたとしたら、なんとも皮肉な話である。 

 では逆に、今防衛予算を倍増し、ハイテク軍艦を多数建造したら、有効な景気浮揚策になるのではないだろうか?例えば、計画中の22DDH(19500トン)を計画より大型化した上でUAVの運用能力を付加すればどうだろう。UAVは当然国産である。UAV開発で日本はアメリカに大きく水を開けられいる。何とか追いつくためにも早急に研究開発を始める必要がある。具体的にはアメリカの無人偵察攻撃機「リーパー」に近いサイズの機体(全長11~12メートル)、エンジンはターボファンジェットとし、最大速度はマッハ1.2前後、20時間以上滞空可能。主翼は後退角つきで当然折畳式。胴体内ウェポンベイに99式対空ミサイル4発、主翼下ハードポイントにASM-3空対艦ミサイル搭載。このような機体を10機前後搭載運用するほかに、SH-60Kヘリを4機搭載するUAV空母にすれば、海上自衛隊の戦力アップにつながるだろう。有人機を運用する空母はサイズがでかい上にパイロット確保(空自から引き抜くか、空地分離で空自所属の航空隊を母艦上に展開させるか。機体はF-X選定の兼ね合いでF/A18)が難しいが、UAVならフライトシミュレーションゲームが得意な隊員を選抜すれば宜しかろう。

 更に、最大の海上プレゼンス(こけおどし効果)を狙って、以下のような艦を建造すれば、言う事無しである。

 (仮称)大型護衛艦 やまと

JMSDF BB-01 YAMATO

全長:290メートル

基準排水量:七〇〇〇〇トン

機関:CODLAG(低公害ディーゼル電気推進&ガスタービン)

武装:主砲12式3連装460ミリ60口径滑腔砲×3

   副砲 オート・メララ127ミリ単装砲×8

   Mk-41VLS 288セル(SM-2、SM-3、7式対潜ロケット

                 ESSM、国産巡航ミサイル搭載) 

   SSM-3専用VLS 64セル

   20ミリCIWS×6 RAM21連装発射機×6

   火器管制装置 FCS-3改2型(SM-2、3運用可)

   搭載機 SH-60K 3機 無人偵察ヘリ4機

 こんなハイテク戦艦を作ったら、不況もぶっ飛ぶだろう。

     

 

|

 今朝は曇り空で涼しく感じた。しかし!お昼になったら晴れてきた。午後外出するのに、暑いのキツイな

|

面白さ、金剛級

 『金剛番長』(原作:鈴木央 小学館少年サンデーコミックス)の11巻を買った。面白かった。

|

シュークリーム分

 勉強を続けると脳が疲れる。疲れた脳にはシュークリーム分が不足している。と、言う訳で今日のおやつはシュークリームである。ただのシュークリームではない、「夏ティラミスのシュークリーム」(モンテール)である。これが滅法美味い!脳の活力がよみがえるぞ!

|

暑い~!

気象庁が満を持して梅雨入り宣言すると、直後に快晴ということが結構ある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川の流れのように

 TBSで美空ひばりさんの特集を観た。退院後の「不死鳥コンサート」で歌う美空さんを観て思った。美空さんの人生は、おおよそ「ゆるやか」なものではない、山あり谷あり急流あり滝つぼありの人生であった。あの歌を歌いながら、美空さんの胸中にどんな想いが去来していたのだろうか・・・

|

シベリア特措法

 ソ連によるシベリア抑留。非道かつ破廉恥な犯罪行為が行われていた最中、日本共産党と当時の社会党は、一体何をしていたのか・・・一刻も早く同胞を故国に帰還させようとしただろうか?答えは全く逆である。むしろ抑留者が「立派な社会主義者」に洗脳されるよう、抑留期間を延長して欲しいと願っていたふしがある。今日、日本共産党と社会党の衣鉢を継ぐ社民党は、シベリア抑留者とその遺族に、なんと声をかけるつもりなのだろう。それを知りたいと思う。

|

科学の威力

今日は暑い!酷く蒸し暑い

と、言う訳でいつもの年より早めに扇風機を物置から引っ張り出した。分解されていたパーツを組み立てスイッチオン!たちまち涼風が暑気を払ってくれた。科学の勝利だ

|

訃報 俳優 池田駿介氏 死去

今日の東京新聞に、俳優の池田駿介さんの訃報がのっていた。池田さんと言えば、昭和40年代の特撮番組に良く出演されていた、私の好きな俳優の一人。一番好きだったのは、『帰ってきたウルトラマン』の南隊員。訃報に接し、残念でなりません。謹んで、御冥福お祈りします(それにしても、なんで南隊員は郷隊員がウルトラマンだと気付かなかったのだろう?一番郷隊員と一緒に行動していたのに・・・隊長は薄々感付いていたようだが)

|

沖縄独立論

 昨日読んだ東京新聞に、沖縄県民の間で沖縄独立論がかなりの支持を集めているという記事があった。記事それ自体眉つばものだが、現実に独立は可能だろうか?

 沖縄の人口は約140万人弱。国連加盟国で沖縄より人口の少ない国は少なくない。面積も結構広い。そこだけ見れば独立国としてやっていけそうである。ただし、独立を担保する軍事力とそれを支える経済力があるかと言えば、無いとしか言いようがない。もし沖縄が独立した場合、長大な国境線(領海線、すべて海上にある)を守るため、相応の海軍力と領空防衛のための空軍力が必要である。とても一朝一夕で整備できるものではない。自前で整備が不可能な以上、日本国か米国(あるいは両国)と安全保障条約を結び、艦艇や航空機を駐留してもらうよりない。もうこの段階で、『中立国』としてやっていくのは不可能である。せめて陸軍だけは自前で用意したいところだが、これもどうだろうか?スイスの男達のように、沖縄の若い男達(20~40歳まで)が全員ライフルマンになるなら、たとえ空軍力と海軍力は「同盟国」に頼るとしても、十分独立を保持できるだろう。しかし、沖縄の男達に、そこまでのガッツがあるだろうか?かなり難しいだろう。

 結局、沖縄はスイスにはなれない。中立国と言うのは大抵国民皆兵の『重武装国家』だということを、忘れてはなるまい。

|

一膳飯とは情けない

先日受診した特定診断の結果が出た。特に異常はなかったが、中性脂肪がやや多いという。メタボ予備軍ということで、「炭水化物の摂取を控えるように」と言われてしまった。とほほ

|

食べるラー油

昨夜、昨今人気の食べるラー油なるものを食した。人気食品故中々手に入らぬと、巷で評判だそうだが、たまたま近所の八百屋にあったものである。見た目はスライスニンニクをラー油に漬け込んだようである。味は辛くなく、むしろ甘みすら感じる。これは美味である!なるほど、人気が出るのも頷ける

|

特定検診

 草加市から特定検診の知らせがあったので、今朝早速近所の病院で検査を受けてきた。平日の病院は、朝から大賑わい。ほとんどがお年寄りである。順番待ちに約30分、検査は身長・体重・腹囲(メタボ!)・血圧・血液・検尿の6項目で、10分とかからず。詳しい検査結果は、金曜日に出るという。気になるところだ。

 そのあと、所用で合羽橋へ行く。通りから建設中の東京スカイツリーが見える。もうあんなに高くなったのかと、感心する。小一時間かかってようやく目当ての物を購入。すっかりお昼になってしまった。午前中だけで、正直疲れたよ

| | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »