« 歯舞、色丹 | トップページ | 国家公務員法違反と公益通報者保護法 »

ROE

尖閣諸島における中国船体当たりの映像を観た。巡視船には確か放水銃が装備されていたと思ったが、なぜ甲板や船橋に放水しなかったのだろう?また、もしあの船が漁船に偽装した自爆攻撃用だったら、どうするつもりだったのだろう?衝突される前に、船橋に機銃掃射を浴びせ、操舵不能に陥らせるべきだと思うが。

次に中国船が尖閣に来る時は、一隻ではなく大挙してやってくるだろう。それも武装して。今から38年前、昭和五十三年四月十二日の中国武装船大挙領海侵犯(その数約140隻!)の悪夢が繰り返されるかもしれない。

|

« 歯舞、色丹 | トップページ | 国家公務員法違反と公益通報者保護法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事