« 「政治休戦」していてよいのか? | トップページ | グローバル・ホーク »

東電、許すまじ!

今朝、目覚まし代わりにテレビをつけ、うつらうつらしていたところ、7時ごろ突然テレビが消えてしまった。例の(無)計画停電のせいである。幸い、ガスと水道はまだ出るのでお茶を淹れるぐらいは支障ない。買い置きの加熱不要の食料とお茶でセコイ朝食をとる。不便は不便だが、今だ電気もガスも水にも困っている被災地の方々に比べれば、「天国」に等しい。とは言え、愉快な気分になれない事はどうにもならない。諦めて午前中は自宅待機とし、久しぶりに布団を干した。午前10時ごろ、漸く電力復旧。早めに昼食をとって事務所に向かい、今こうしてブログを更新している。

しかし、それにつけても東電のやることよ!福島第1原発の安普請と不手際ぶりにはあきれた。燃料切れで非常電源が切れましたってどういうことだろう?挙句、全世界注視の中で次々原子炉建屋の上部が吹き飛ぶなんて、どうなってんだろ…情けない

今後、この教訓を生かして各原発に大容量の蓄電設備と非常発電プラントの増設や、発電用燃料の十分な確保が図られねばならない。それと、現在休止中の火力発電や水力発電の施設があれば、速やかに再起動させねばなるまい。今後新たに建設される原発のうち、陸上に設置する原発は軽水型ではなくガス型とすべきだ。軽水型は半潜水型双胴船体の原子力プラント船か大型パージをつくって、沖合に錨舶させて発電させるよりない。原子炉は常に海面下にあり、最悪の場合直ちに海没出来る構造とするべきだ。

|

« 「政治休戦」していてよいのか? | トップページ | グローバル・ホーク »

趣味」カテゴリの記事