« 江頭伝説 | トップページ | 寒い寒いと思っていたら »

新・新産都計画

企業誘致を当て込んで工業団地を造成したものの、肝心の誘致に失敗して空き地が広がってる地域。

特に

1.東京電力の管轄外の地域

2.東電管内だが、夏は都心より格段に涼しい地域

これらの地域の担当者は、今こそ東京、千葉、神奈川(要するに東京湾岸)の企業を誘致するチャンスではないか?!

逆に、都心に近い場所で十分な地籍があるなら、発電会社を誘致して電力の地産地消を目指しては如何に。そのためにも政府は発電と配電事業を分離し、発電配電両部門への新規参入を自由化すべし。当分東電は賠償やらなんやらで新規の設備投資(新発電所建設等)は出来ないだろう。なら、別の業者に発電事業を許可すればよい。

東電は管内では唯一発電と配電を許可され、競争相手が無い存在である。その上面倒な作業を「協力会社」と言う名の下請けに丸投げしたり、重役連が木端役人の天下りでは、腐らないわけがない。デンコちゃんが泣いてるよ

東電の経営層に喝を入れて、緊張感を取り戻させるためにも、電力業界の大胆な自由化が望まれる。その際電話・通信業界がモデルになるだろう。特権に胡坐をかかせてはいけない。

|

« 江頭伝説 | トップページ | 寒い寒いと思っていたら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事