« 大連立 | トップページ | うちわ »

震災から1カ月、公務員の義捐金着服を許すな!

震災から今日で1月。あらためて被災者の皆様に心からお見舞いの言葉を送ります。そして、いまだ行方不明の方々が早く発見されますように。厳しい任務を続行中の、自衛官、消防士、警官その他の皆さん、どうかお体大切に。

さて、義捐金の配分に関して。何やら総務省が仕切りたがっているようだが、役人連中が勝手にポッケに入れたり、省内のどこかにため込んだりしないよう、厳しい監視が必要だ。監視役は会計検査院と言うことになろううか?人手が足りないなら、暇そうな公認会計士や税理士を臨時雇いすべし。それでも足りないようなら、試験に合格したのに監査法人に就職できなかった会計士の卵にも声をかけるべし(実務経験にカウントできるようにすると、なお良い)。同じく、税理士試験の科目合格者にも。(ついでに、行政書士にも

|

« 大連立 | トップページ | うちわ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事