« 春は名のみの…ううっ、寒い。 | トップページ | お好み焼き »

てんでんしのぎ

私は生まれも育ちも埼玉の草加だが、母方の実家は千葉の飯岡である(現在の千葉県旭市)。で、旭の隣の銚子に昔から伝わる諺(?)が「銚子の川口、てんでん(てんで)しのぎ」という言葉。意味は「銚子の川口(大変な海の難所で、過去多数の海難事故が発生した)では、周りの船が転覆しそうになっても手を出すな。自分の船(身・命)は自分で守れ」というもの。仲間の船を救おうとするとかえって巻き込まれてしまう、それほど危険な場所だったのである。

さて、震災以来「ひとつになろう、日本」という趣旨のスローガンが聞かれる。勿論、震災からの復興と言う大目標に向け団結することに異論はない。ただ、復興と言うゴールへ向かう道は必ずしも一つでは無かろうと思う。また、切羽詰まった状況では、むりに周りと足並みをそろえるより、バラバラに走ったほうが全体の生存率が高くなる場合もある。もとより、今回の震災は未曾有の大災害である。この状況でたった一つの正しい処方箋を出せる者がいるとも思えない。ゴールは一つでもアプローチの仕方は人それぞれでいいのではないかと思う。殊に、現政権の「ど素人」振りを見るにつけ、政府の提示する方向で一つになるのは危険だとさえ思う。その先は地獄への一本道である気がしてならないので

|

« 春は名のみの…ううっ、寒い。 | トップページ | お好み焼き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事