« 冷房の適温は、25度。28度?知ったことか! | トップページ | はやぶさのカプセル・『獨協大学 天文・宇宙Week』 »

「想定外」より厄介なのは、有事を想定することを忌避する偏執。

30年以内に発生するかもしれない大地震に備え、浜岡原発を停止したが、使用済み燃料棒と炉心内の燃料棒がそこにある限り、被災して冷却不能⇒事故という危険は、払拭できない。今止めても、電力供給が苦しくなるだけだ。

原発が抱える問題は、地震や津波だけではない。テロリストによる攻撃や、隣国からの誘導兵器による攻撃に対しても、無策に近い状態だ。

原発を含む核関連施設が、武装警備隊によって、24時間警備されていないことに、不安を禁じえない。

原子炉本体は、二重三重に守られていても、建屋上部は意外に脆いことが、あの爆発映像で明らかになった。建屋上部を破壊し、内部の使用済み核燃料棒を、周囲に撒き散らすだけでも、大変な損害になる。最近の誘導兵器、例えば対艦ミサイルなどは、射程が300キロを超えるものもある。日本海から発射して、余裕で太平洋岸の原発を攻撃できる。頑丈な原子炉本体は無理でも、比較的破壊しやすい建屋上部を吹き飛ばせれば、それだけで日本は大打撃を受ける。しかし、何か対策がたてられたという話を聞かない。無論、詳しい手の内を明かす必要はないが、何もないでは困る。なぜこうも対応が鈍いのか?

結局、問題の根源は、偽憲法を後生大事に抱えている、その精神的退嬰にあると、言わざるを得ない。

|

« 冷房の適温は、25度。28度?知ったことか! | トップページ | はやぶさのカプセル・『獨協大学 天文・宇宙Week』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事