« 炎の帰還からもう1年。はやぶさギネス認定 | トップページ | 麦茶の季節 »

ドイツとイタリア

 ドイツもイタリアも、いざとなったらフランスに電力を融通してもらう魂胆か。自国で原発のリスクを負わず、フランスにおんぶにだっことは情けない。

 しかし、独伊両国とも、フランスと地続きだから、いざという時頼れるが、我国はそうもいかん。まさか、中共から海底ケーブルを引いて、電気(原発で発電されたもの)を送ってもらう訳にもいくまい。今国内で、反原発や脱原発を主張してる人々はどう考えているのだろうか?よもや、「日本の原発は汚いが、中共の原発はクリーンだ」なんて言わないだろうな。そこまで恥知らずじゃないよな

 この前の戦争では、独伊と組んでボロ負けしてしまった!前車の轍を踏まないよう、組むなら英米仏と歩調を合わせるべきだろう。東アジア共同体?どこのバカだい、そんな寝言言ってんのは?!

|

« 炎の帰還からもう1年。はやぶさギネス認定 | トップページ | 麦茶の季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事