« 大阪「湾内」に原発造るより、内陸に造った方がいいと思うぞ。 | トップページ | 弁護士に原発賠償特需か? »

「女王エビ?」社会性を持つ不思議なエビ、テッポウエビ。

朝日のネット記事に、不思議なエビのニュースがあった。

ハチやアリだけでなく、エビの世界にも「女王エビ」や「働きエビ」が――。群れの中で役割を分担し、高度な社会生活を営む生物が海中にもいることを発見した米国の海洋生態学者に、神戸市立須磨海浜水族園が設けた第1回「神戸賞」が贈られる。7月10日に授賞式と受賞記念講演会がある。

 受賞したのは米ウィリアム・アンド・メアリー大学バージニア海洋科学研究所のエメット・ダフィーさん(50)。研究によると、中南米カリブ海の海綿動物に寄生して暮らす体長数センチのテッポウエビは、約300匹の群れで生活する。卵を産むのは「女王エビ」だけで、「働きエビ」は女王にエサを運ぶ。「兵隊エビ」は敵が近づくと、前脚のハサミをパチンと閉じて衝撃波を発生させ、女王や群れを守る。

 園によると、2000年に学術誌で発表されたが、一般には知られていなかった。意外性のある発見だったことに加え、市民に海洋生物学の面白さを感じてもらえる点を高く評価したという。

女王エビに働きエビに兵隊エビとは驚きだ。実に興味深い

http://www.asahi.com/national/update/0617/OSK201106170044.html

|

« 大阪「湾内」に原発造るより、内陸に造った方がいいと思うぞ。 | トップページ | 弁護士に原発賠償特需か? »

学問・資格」カテゴリの記事