« 高校野球のブラバン | トップページ | 今日は、第一次大戦開戦の日 »

アメリカの債務上限問題

最悪、アメリカのデフォルト→アメリカ国債の「紙切れ」化→超円高と言う事態が予想される。アメリカ発の世界恐慌を食い止めるとともに、「トモダチ作戦」のお返しとして、日本に何が出来るだろうか?

例えば、政府間調達として、FXとしてF-16戦闘機を購入するかリースする(国内メーカーは、開発・生産資源を国産無人機開発に集中させる)。

あるいは、モスボール中のキティーホーク級空母とF/A-18戦闘機を、セットで購入する。もちろん、中共の空母保有をけん制する意味もある。決済はアメリカ国債で行いたいところだが、それをやると却ってアメリカ国債の評価を下げる結果になりかねないので、やめておく。(しかし、復興財源の確保など、国内的に厳しいところがある。気前よくポンと買えるものではない)

民間レベルでは、国内の電力供給不安と放射性物質問題で、生産拠点の移転を考えてる企業に、北米に拠点を移動してもらい、現地の雇用を下支えする。

いずれにせよ、アメリカの財政が立て直されない限り、抜本的解決はあり得ない。注目度大だ

|

« 高校野球のブラバン | トップページ | 今日は、第一次大戦開戦の日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事