« 水害対策にスキ車を復活させては如何? | トップページ | 放射性セシウムの内曝や外部被曝が原因と考えられる白血病などの健康被害は、20年間の疫学調査から見つかっていません。 書評『福島第一原発事故に学ぶ放射線防護の基礎知識』(高田純著:イーグルパブリッシング刊) »

共同通信は、米軍に「誤爆」されても文句言えないなと思った。ー書評:『決断できない日本』(ケビン・メア著、文藝春秋刊)

「ごまかしの名人」とは、石山永一郎(共同通信社編集委員)にこそふさわしい。いや、嘘がすぐばれるようじゃ、名人とは言えぬか。こいつの自宅も、某国大使館みたいに誤爆されても、文句言えないな。

米国務省の日本部長だったケビン・メア氏の著した『決断できない日本』。この本には、メア氏が巻き込まれたデッチ上げの舌禍事件の顛末がつづられている。共同通信のでたらめぶりには、心底あきれる。

本書には他にも、メア氏が対日外交の一線で体験した、様々な知見が語られていて興味深い。交渉相手の日本の政治家や官僚に対する評価も、正鵠を射ている。普天間問題における鳩山の馬鹿さ加減や、小沢一郎の安全保障に関する無知無理解ぶりが詳述されている。日本側官僚機構の事なかれ主義だけでなく、アメリカ側の当局者にも事なかれ主義の人間が居り、日米外交の足を引っ張る様子が描かれていて興尽きない。本書を読めば、日米外交にとって誰がガンになってるか、実名でわかる。一読の価値あり

|

« 水害対策にスキ車を復活させては如何? | トップページ | 放射性セシウムの内曝や外部被曝が原因と考えられる白血病などの健康被害は、20年間の疫学調査から見つかっていません。 書評『福島第一原発事故に学ぶ放射線防護の基礎知識』(高田純著:イーグルパブリッシング刊) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事