« 東京海洋大学 | トップページ | 新刊紹介:「誰でも使える民事信託 第2版」 »

国有地ニ附キ、立入ヲ禁ズ。

都有地になった方が良かったのに、つまらん結末になったものだ
仄聞するところ、シナには「海監」とか「魚政」とかいった海上・船舶監視を業とする公的組織が、五つも六つもあるらしい。海上保安庁が複数併存するようなものだ。其々の組織が北京に忠勤ぶりをアピールする為、沖縄県・尖閣諸島に次々来寇中らしい。迷惑な話だ。対応策は至ってシンプルで、領海侵犯の事実があれば直ちに警告し、退去しない場合攻撃して追い払うことである。結果的に沈没しても、警告に従わない方が悪いのである。ま、今の民主党政権じゃ、無理だろうけど。北鮮の工作船を撃沈した、扇千景国交大臣(当時)は立派だったな。

「挑戦された時、行使することを恐れるような抑止力など、抑止力ではない」(byキッシンジャー、1957)

|

« 東京海洋大学 | トップページ | 新刊紹介:「誰でも使える民事信託 第2版」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事