« 出生届の無い子の住民票 | トップページ | 90%成功 »

99人目の焼身自殺者ー甘粛省チベット族自治州にて。

 自由アジア放送(Radio Free Asia:RFA米国政府系戦略放送局)の報道によれば、1月22日シナの甘粛省チベット族自治州で、26歳のチベット族男性(妻子持ちで、2児の父)が、シナ当局に抗議して焼身自殺を遂げたと言う。痛ましい限りだ。同放送局によれば、2009年以来チベット族居住地での抗議の焼身自殺はすでに98人を数え、今回の件で99人となった由。改めて、シナのチベット占領と民族浄化政策に抗議する!
 それにつけても、シナの膨張主義の犠牲となり、今も厳しい状況にあるチベット族やウィグル族の人たちには、同情を禁じ得ない。同時に、日本も尖閣を窺うシナの野望に、決然と対峙せねばならない。尖閣を奪われれば、次は沖縄が危ない!ところが、その沖縄ではオスプレイ配備反対を叫ぶ県内の首長たちが大挙上京し、総理に抗議文(建白書とか称するらしい)を手渡すと言う話である。オスプレイ反対は口実で、本音は「安保反対!米軍基地反対!」らしい。アルジェリアの件で安倍総理は多忙なのに、何を考えているんだ?!是非、中止して欲しい!
(RFAの公式サイト→http://www.rfa.org/english/news)

|

« 出生届の無い子の住民票 | トップページ | 90%成功 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事