« シナの報道官が「西から日が昇る」と言ったら、加藤紘一は「そうかもしれない」と言うのだろうか? | トップページ | タイタニック二世号? »

「とうはいごう」

 14日、大阪府大東市のJR片町線野崎駅のホームで、小学5年生の男児が死亡した。自殺とみられている。男児の通っていた小学校は、統廃合で閉校される予定。男児の残したメモには、「とうはいごうを中止してください」と書き残されていたそうです。なんと早まったことを!今5年生なら、後一年で小学校卒業。どうして一年我慢できなかったのだろうか…
 命がけの抗議とも見られる。しかし、かわいそうだがその主張を認めるわけにはいかない。ここで変な前例を作ってしまえば、「うんどうかい中止して」と言って自殺、「せきがえやめて」と言って自殺、「数学できんが、なんで悪いとや~?!」と言って自殺、そんなことになっては困る。更に危険なのは、クラスの誰かをわざと自殺させるよう圧力をかけ、その死を利用して意見を通させようとする輩が現れる事。統廃合それ自体は、粛々と進めるよりないだろう。それにしても…やりきれないニュースだ

|

« シナの報道官が「西から日が昇る」と言ったら、加藤紘一は「そうかもしれない」と言うのだろうか? | トップページ | タイタニック二世号? »

ニュース」カテゴリの記事