« TPP成立(成功)の前提は、各締結国の完全雇用の実現。…それって最初から「無理!」ってことでは? | トップページ | 止まないシナ公船の領海侵犯。沖縄県尖閣諸島への公務員常駐はまったなし? »

Fー35と心神

 外電によると、航空自衛隊が平成28年度導入予定のFー35戦闘機(米国製)に関して、搭載予定のソフトウェアの開発が間に合わない(2017年=平成29年完成予定)ため搭載できない可能性があることが、米国防省の報告で明らかになったそうである。
 このFー35と言う戦闘機、開発計画が遅延に次ぐ遅延で開発費がどんどん嵩んでおり、何度も開発中止の噂が流れるいわくつきの機体。特に、Fー35Bと言うV/STOLタイプの機体は、機体完成は絶望的ともいう。この機体はアメリカ海兵隊や英国海軍等のハリアーユーザーが、ハリアーの後継機として期待していたのだが、いつになったら取得できるかさっぱりわからんという。しかし、他に代替機が無いため、開発を止める事も出来ないらしい。
 以前、空自の第4次F-X(耐用年数の切れるF-4EJ改の後継機選定)に際してFー35が選定された際、「なぜ、いつ完成するか分からない機体を選んだんだ?!F/A-18E/Fスーパーホーネットを選べよ!」と思ったのだが、どうもこの決定は防衛省と国内メーカーの「深慮遠望」の結果だったらしい。以前、Fー2開発時にアメリカからの横槍で国産から日米共同開発になった苦い経験から、国産ステルス戦闘機の開発にまたアメリカが介入してこないよう、いつ完成するか分からないFー35を選定し、後で「納期に契約通り納品できない、そちらが悪いんじゃないですか」と言って、その代替機を日本が自主開発する件に口を挟めないようにする目論見があったと言うのだ。ただ、Fー35のエンジン技術は魅力的なので、研究用に何機か買っておくつもりとも言う。本当だとすれば、たいした狸だ!(いい意味で)。

|

« TPP成立(成功)の前提は、各締結国の完全雇用の実現。…それって最初から「無理!」ってことでは? | トップページ | 止まないシナ公船の領海侵犯。沖縄県尖閣諸島への公務員常駐はまったなし? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事