« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

浦和学院、10-0で北照下しベスト4!

あと2つ勝って優勝だ!

|

「さらば!ロンパパ」とあるご長寿アニメの終焉。

 春は別れの季節。番組改編にもあたるため、この時期最終回を迎える番組は多い。そんな中、足掛け19年続いたご長寿番組が今日終わった。タイトルは『親子クラブ』(フジテレビ系)、実に1818回にて終幕とあいなった。放送開始は平成六年(1994年)。フジのアニメとしては、『サザエさん』(昭和四十四年)『ちびまる子ちゃん』(平成二年)に次ぐご長寿アニメだった。さみしいね
(『ペット百科』も終わっちゃった。残念!)

|

浦和学院、11-1で山形中央に快勝!(3回戦)

 これで3回戦突破、8強入りである!なんとか優勝旗を持ってきてくれ!!

|

和歌山県の浮上式津波防波堤実験

 報道によれば、和歌山県・海南市の和歌山下津港で、世界初の浮上式津波防波堤(空気圧式)の実験が行われたと言う。これなら、高い防潮堤を作って景観を損なう事も無い。ゆくゆくはファフナ―の竜宮島みたいになったら面白い!問題は建設費と維持費、それと大地震と津波の同時攻撃を受けた時、地震で機能不全に陥らないかだな。

|

はや、葉桜か。

 地元の小学校の桜も散り始め、一部葉桜と化している。入学式まで持ちそうにない

|

花咲徳栄、3-8で県立岐阜商に敗れる。

いや~残念!

|

花冷え

 今朝は冷たい雨。風邪ひかないように気をつけよう。

|

「あとには退けない戦いです!」

 ガールズ&パンツアーの最終回、八九式中戦車(甲型)があそこまで活躍するとは思わなかった。実車ではあまり役に立たなかったと言われる超壕用の尾橇が、マウス戦で役に立っていたのが良かった。西住戦車長がこれを観たら、さぞかし喜ばれたことだろう。

|

TPP参加でコミケはどうなる?

 今夜の『ニッポン・ダンディ』(TOKYO MXテレビ)で、ゲストの三橋貴明氏が指摘していたのだが、「知的財産」分野でアメリカ流のルールが採用されたら、コンテンツの2次使用が困難になるかもしれないと言う。そうなると「コミケ」は今までのやり方では出来なくなるかもしれない。マスコミも政治家も、相変わらず「米の聖域化」ばかり話題にしてるが、TPPは交渉分野がとにかく広い!正直どこまで影響が広がるか、見当もつかない。不安だ

|

シナ最大の漁業監視船「魚政312」就航。

 22日、シナ最大の漁業監視船「魚政312」が正式に就航し、南シナ海のスプラトリー諸島方面に向け出港したと言う。同船は満水排水量(←軍艦か?)4950トン、最大速力14ノット、航続距離2400海里だと言う。
 ちなみに、日本の水産庁所属の漁業取締船は6隻で、最大の船は「東光丸」。諸元は、以下の通り
東光丸(三代目)
長さ 86.90m
幅 14.00m
総トン数 2017トン(国際総トン数2451トン)
最大搭載人員 45名
最大速力(秘密!)
定係港 東京
従業制限 第三種
航行区域 国際航海
竣工 平成8年5月30日
建造所 住友重機械工業

その他、白竜丸(1299トン)、白嶺丸(499トン)、白鷺(149トン)、白鷗丸(499トン)、白萩丸(499トン)。6隻では足りないので、他に民間からのチャーター船も投入しているそうだ。

水産庁所属船→http://www.jfa.maff.go.jp/j/koho/senpaku.html

|

「尖閣諸島における中国公船領海侵犯に対する抗議決議」(3月21日、沖縄県石垣市議会)

 沖縄の新聞『八重山日報』の記事によると、沖縄県の石垣市議会がシナ公船による領海侵犯に対する抗議決議を行ったと言う。同紙によれば、石垣市議会が同様の決議を行うのは、これで6回目だと言う。
 同決議は、度重なるシナ公船による領海侵犯、わけても2月18日に発生した、八重山漁協所属の漁船をシナ公船が、約1時間半にわたって執拗に追いまわした件(本ブログにて既報)に対する抗議のためだと言う。

「尖閣諸島における中国公船領海侵犯対する抗議決議」本文

『八重山日報』の元記事はこちら
http://www.yaeyama-nippo.com/2013/03/24/尖閣侵犯で抗議決議6回-中国政府-すべて無視-大国化-とともに挑発激化/

|

4-0 浦和学院、土佐を撃破し1回戦突破!

 よくやった、感動した!!

|

公有水面埋立法、可否判断に8~10ヶ月もかかるのか。

 辺野古埋め立てに関し、沖縄知事が公用水面埋立法に基づく可否判断に8~10ヶ月かかると述べたと言う、もっと早く判断できないものなのか?粛々と手続きを進めて、早く普天間基地の移転を実行すべし。

|

桜満開

 早すぎるは

|

世界詩歌記念日

 今日は『世界詩歌記念日』(World Poety Day)だそうだ。1999年にユネスコが決めたと言う。余計なことを…

|

守秘義務と公益通報 東山梨消防本部

 守秘義務を重視しすぎれば、公益通報制度は画餅と化す
 報道によれば、山梨県の東山梨消防本部で、職員112人に私物の携帯電話の通話履歴を開示するよう「要請」していた事実が、18日明らかになった。(外部にばれたので、この要請は撤回したらしい)
 事の発端は今年1月、同本部の男性職員が果樹園でバイトしていたことが発覚、地方公務員の兼業を禁じる服務規程違反(地方公務員法38条:営利企業等の従事制限)にあたるとして、戒告処分を受けた。同件は非公表(←何故、公表しない?)とされたが、どこからかマスコミに漏れたらしく、2月ごろ報道されてしまった。そこで、同本部は内部に通報者がいると考え、「犯人」捜しに動いた次第。確かに守秘義務(同法34条)違反に当たるふしはある。同本部の消防長は職員に対し、内部通報者に「転職」を勧める趣旨の訓示を行い、回覧された履歴開示の要請書には、「身の潔白を証明する機会」であるとの文言が記載されていたそうな。
 残念ながら、東山梨消防本部の偉いさん達は、「通信の秘密」も「公益通報者保護法」の趣旨も、御存じ無いらしい。嘆かわしい事だ。果樹園でバイト云々と言う事実を報道することが公益に値するかにやや疑義はあるが、内部告発者を探す暇があったら、不祥事を出さないよう綱紀粛正を図る方が先だろう。

|

夏かよっ?!

 今日はホントに暑かった!ついこの間まで、寒くて偶に雪が降って困ってたのに、まるで夏だ!買い込んでおいた灯油が余っちゃうよ。

|

沖縄戦「1フィート運動の会」、乗っ取りと変節と捏造の果てついに解散。

 米軍が撮影した沖縄戦フィルムを1フィート100円のカンパで買い取り、後世に残そうとしたNPO団体「1フィート運動の会」が、15日に解散した。
 同会は地元沖縄のドキュメンタリー作家・上原正稔さんが始めた運動だったが、太田知事(当時)らに乗っ取られ、「沖縄戦をありのままに後世に伝える」と言う本来の会の趣旨は捻じ曲げられ、自称反戦平和運動(実態はサヨク、自由と平和の敵)の道具にされ、集めたフィルムも出鱈目に編集されてしまったと言う、酷い歴史を持つ。欺瞞と裏切りの醜い過去を持つ会がついに解散した!目出度し、目出度し。

上原正稔さんのHP http://ueharashonen.web.fc2.com/

|

「激戦です!」

 ガールズ&パンツァ―第11話、「激戦です!」を観た。いまさら何だけど、みんな素手で戦車を扱っているが、大丈夫なんだろうか?大洗のフラッグ車(Ⅳ号長砲身)の装填手とヘッツアーもどきの装填手、ポルシェ・ティーゲルを修理してた娘、それと黒森峰のかく座したケーニヒス・ティーゲルの脱落した転輪を転がしてきたポニーテールの娘はグローブをはめていたが、それ以外は素手でステアリングを握ったり、砲弾を薬室に押しこんでいた。せめて、軍手ぐらいつけた方がいいと思うが、如何?「手が腫れてそう」どころか、皮がはがれちゃうぞ。(それにしても、鉄の塊である重い転輪を、軟らかい土の上で「タイヤ転がし」の要領で転がしてくるとは、たいした娘だ!)
 黒森峰の装填手は、ゴリラ女ぞろいなのだろうか?大の男でも苦労する88ミリ弾や、ヤークト・ティーゲルの128ミリ弾を装填するなんて、ただ事ではない!マウス(反則や!)に至っては、どうやって持ち込んだのかすら謎だ!燃料どれくらい喰うんだ?なんにせよ、これほど金がかかる「部活動」も無いな

|

『巨大イカの大群に迫る』(SQUID INVATION)

 昨日、TOKYO MXテレビで『巨大イカの大群に迫る』(原題:SQUID INVATION=イカの侵略)という番組を観た。アメリカアカオオイカ(Dosidicus gigas)別名フンボルトイカ(Humboldt squid)と言うイカが、大量発生してるのだと言う。
 このイカ、体重は大きいもので50㎏、食(触)腕を伸ばすと1.5mを超える大型のイカである。もともとカリフォルニア湾に住んでいたものが、近年アラスカからチリ沿岸まで生息域を拡大中だと言う。これが他の魚を食べてしまうため、漁業関係者は困っているらしい。研究者(元、海軍の潜水士)は、海中で何度もこのイカに「齧られた」そうで、サメ用と思われる特製のスーツを着て潜水し、撮影していた。映像では、体重50キロのイカが魚雷みたいな勢いで体当たりをかけて来るため、相当難儀していた。その上、吸盤には鋭い歯があり、口はオウムのくちばし並みの大きさで、噛り付いてくる!知能が高く群れで行動し、体色を高速で変化させることで「発光信号」を送ってコミュニケーションをとっているらしい。「人喰いイカ」とも言われていたが、実際イカ釣り漁船が操業中転覆し、海に投げ出された漁師2人が喰い殺されたと言う!遺体は、遺族にも判別できない状態だったと言うから、ピラニア並みに恐ろしい奴だ。イカ漁も命がけである。
 大量発生の理由だが、地球温暖化に伴う低酸素海域の拡大や、人間がサメやマグロなどの天敵を乱獲したことなど複数の要因が絡まっているそうだ。『恐怖!人喰いイカの侵略』などと言うと、B級ホラー映画や怪獣映画のタイトルみたいだが、漁業資源を喰い荒らす上に、実際人死にが出てるとなると、穏やかではない。番組では、やたらイカの侵略振りを強調していたが、イカの攻撃シーンは確かにパニック映画のようだった。ただ、多分にイカやタコを「デビルフィッシュ」視する文化的な影響もありそうだ。

|

強風

今日も風が強くて大変だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直通相互乗り入れ

日比谷線と東横線の乗り入れが無くなってしまって残念だ。

|

桜開花

結構早かったような気がする

|

国家百年の計

 安倍総理がTPP交渉への参加を表明した。何と愚かな!しかし、決断し公表した以上後戻りはできない。この上は今後の交渉でどこまで日本の立場を主張できるか、頑張ってもらうしかない。国民の前で啖呵を切った以上、きちんと成果を上げてくれ。

|

公職選挙法11条1項1号

 成年被後見人の選挙権及び被選挙権を否定した公職選挙法の規定は、憲法違反かが争われた裁判の判決が出た。「違憲」という判断であった(原告勝訴)。ただし、まだ地裁段階の判断なので、結論が出るのはもう少し先かもしれない。
 判決を受けて、テレビで原告の記者会見の様子が放送されていた。原告の方はダウン症と言う報道だったが、取材にはしっかり答えているように見えた。一見する限り、「事理を弁識する能力を欠く常況にある」と言う感じには見えなかった。どのような経緯で後見の申し立てが行われたのか、詳しい事情は分からないので何とも言えないが、あれだけ受け答えが出来るなら、「後見」じゃなく「保佐」で良かったように思えるのだが如何?

|

止まらない未来を目指して

エメロード姫とザガートは気の毒だった。禁じられるほど、燃え上ってしまうのはどうしようもない。
これも、あの白まんじゅうが全部悪い!
話は変わるが、『xxxHOLic・戻』の連載は、WOWOWのドラマとの連動企画なのだろうか?ドラマどんな出来なんだろうか?観たいような、観たくないような。

|

コンクラーベで根競べ。

マッテヤを選んだ時のように、くじ引きで決めれば早いのに。

|

賛成88、反対2。名護漁協、辺野古埋め立てに同意。

 11日、沖縄普天間基地の移転候補地である、名護市辺野古地区の漁業権を有する名護漁協が総会を開き、賛成多数(3分の2以上の賛成が必要だった)で同地区の埋め立てに同意した。これで、普天間基地の移設問題が一歩前進した。

|

巨大防潮堤

 『報道ステーション』を観て思った。古館は防潮堤を作るのに反対なのか?賛成なのか?どっちなんだ?!
 津波被害を二度と繰り返したくないと真剣に考えるならば、3・11の津波で腰の高さ辺りまで水につかった地域は、例外無く居住禁止地域に指定するよりない。それを敢えて元の町を再建しようとするならば、強固な防潮施設の建設は必須だろう。従来より高い防潮堤が出来れば、景観が損なわれるのはいたしかたない。しかし、何も決められないまま、また津波なり高波なりに襲われたら困るだろう。住民の中には、むしろ「堤防の高さ、計画よりもっと高くして!」と言う意見もあるのではないかと思うが、如何?どうやら旧態依然の公共事業反対論から、古館氏は脱却できないらしい。「減災」のためにも防潮堤は有効だと思うのだが、一体どうしろと言うのだろう?何もせず、全て自然の為すがままに生きろとでも言うのだろうか?個人的にそう言う覚悟で生きるのは、その人個人の自由だが、行政まで無為無策で良い訳は無かろうに。

|

訃報:名優、納谷悟朗さん死去。

 俳優であり、アフレコ草創期からの超ベテラン声優であった納谷悟朗さんが、3月5日に慢性呼吸不全でお亡くなりになったそうです。享年83歳、謹んでお悔やみ申し上げます

|

3月10日は東京大空襲の日

 関東大震災のあった9月1日は、関東各地で防災訓練がある。3月10日は空襲を想定した避難訓練をやったほうがいいんじゃないかな。

|

レッズ開幕2連勝!

よっしゃー!名古屋撃破!

|

暑いっ!

今日は暑かったな。スーツ着て歩きまわるのは酷だった。しかし、油断するとまた冷え込むかもしれん。用心用心。

|

食味№1ブランド米は、熊本県産「森のくまさん」?!

 てっきりこれも「くまモン効果」かと思ったら、そうでもないらしい(パッケージ等にくまモンのイラストなどは特に無い)。
 日本穀物検定協会の2012年度食味ランキング1位に、熊本産の新品種、「森のくまさん」が選ばれたそうな。すごいネーミングセンスだ

|

国際海事ニュース:パナマ運河の浚渫工事完了

 「ワールドマリタイムニュース」(World Maritime News)の記事によると、2008年3月から続いていたパナマ運河の拡幅のための浚渫工事が、完了したと言う。
詳しい記事はこちら
Panama Canal Completes Dredging Works Along Culibra Cut

|

親の十七、子は知らず。

 今回の『たまこまーけっと』では親父(豆大)の若かりし日の「武勇伝」が明らかに。ついでに、第1話より懸案だった玉子の鼻歌の謎にも答えが出た。あろうことか、自分が組んでたアマチュアバンドで、彼女のために作った曲だったのだ!丁度、「イカ天」ブームの頃か。あのごつい親父にも、恥ずかしい青春の日々があったのだ
 両親の馴れ初めというのは、聞く方も結構恥ずかしいものだが、なかなか笑えるエピソードだった。つい、往来で日傘をさす人に亡き妻の姿を重ねる親父さんが、いと哀れ

|

ごにんがごにん? PC遠隔操作事件

 PC遠隔操作事件で、検察の動きがおかしい。マスコミの報道も、どこかおかしい。ウソかホントか、また「真犯人」と称する者から書き込みがあったと言う怪情報もある。そもそも、遠隔操作で襲撃予告を行った犯人が、同一人物か、複数人物による書き込みかも定かでない。既に4人も誤認逮捕を出してるこの事件。もし、現在容疑者とされている人物も「誤認逮捕」だとしたら、大変なスキャンダルになる!警察も検察もマスコミも、関係者全員「切腹」ものだ。マスコミはせめて、検察がきちんと立件し起訴するまでは、容疑者に関する報道(特にプライバシ―に係る部分)は慎重にすべきだと思うが如何?

|

現代の「ノアの箱舟」か?津波救命艇

 さる4日、四国運輸局は開発中の津波救命艇の試験を行ったそうな。
 IHIの技術協力で開発されたこの救命艇、全長8.4m、強化プラスチック製2重構造で、衝撃に強く、ひっくり返っても復元できると言う。25人乗り(ノアの箱舟は8人+動物多数)で、内部にはトイレもあり、7日分の食料と水を積めるそうだ。
四国運輸局のHPはこちら
http://wwwtb.mlit.go.jp/shikoku/kyumei/index.html
(漢字の「船」と言う字は、「舟」に人が8人乗ってるところから来てるとか。信じる信じないは、あなた次第。)

|

3000隻達成!

 『朝雲新聞』によると、2月22日アデン湾で民間船護衛任務を遂行中の第14次隊(指揮官、一等海佐 下淳市)によって、一連の海賊対処行動により護衛した船舶の隻数が、通算3000隻に達した。
 第14次隊は護衛艦「すずなみ」(DD114 基準排水量4650t、全長151m、たかなみ型5番艦)、「きりさめ」(DD104 4550t、151m、むらさめ型4番艦)2隻を基幹とし、隊員380名と司法警察官として海上保安官8名が参加している。「きりさめ」は第7次隊(2010.12.1~2011.5.9)につづき2度目の出動である。

詳しい記事はこちら
http://www.asagumo-news.com/homepage/htdocs/news/newsflash/201303/130304/13030401.html

|

法律に係る職にあるものとして、TPPには反対せざるを得ない。

 昨夜のTOKYO MXテレビのニュース番組『ニッポン・ダンディ』(月~金21:00~22:00)で、ゲスト出演していた三橋貴明氏の解説を聞いて、改めて思った。TPPには反対せざるを得ないと。
 三橋氏はマスコミがTPPの問題を農業問題、それも米の問題ばかりクローズアップする報道姿勢に「渇!」を出し、問題を矮小化して世論をミスリードしてると指摘。TPPにおける検討分野は21あり、農業問題はそのひとつである「物品市場アクセス」(関税)の一部に過ぎないことを説明している。そして、より問題視しなければない分野として、①「投資」と②「法務」(越境サービス分野の一部)をあげている。
 「投資」の自由化では、外国人投資家に日本人(内国人)と同じかそれ以上の優遇をしなければならなくなる。外国人投資家に対する規制の例として、放送局の株式の取得制限(20%まで)は緩和せざるを得ないだろうと指摘する。更に、ISD条項(Investor State Dispute Settlment 投資家対国家の紛争解決)をあげ、外国人投資家が日本政府の規制により損失を出した場合、政府が訴えられて損失補填や規制撤廃を迫られる。日本人投資家が日本政府を訴えられないのに外国人が訴えられると言う、不平等条約だと解説する。(ここはやや説明不足の感あり)
 ついで、「法務」の自由化、具体的にアメリカの弁護士が自由に日本国内で開業できるようになれば、「知的財産」(21分野の一つ)の自由化と相まって、日本はアメリカの様な訴訟社会になると警鐘を鳴らしている。アメリカでは現在弁護士が余剰気味で、ビジネスチャンスを虎視眈々と狙っている。すでに米韓FTAで韓国に米国弁護士がどんどん進出していると言う。海千山千の米国弁護士の大量流入は脅威だ!
 以上二点を踏まえた上で、三橋氏の結論は、「TPPは農業問題では無い、『日本の主権の問題』だ!」ということでした。三橋氏の解説が全て妥当であるとは言えないが、士業者にとって見過ごせない問題を含んでいることは、間違いなさそうだ。商売敵の大量流入で先ず割を食うのは弁護士だが、他の士業者にも必ずしわ寄せがくるだろう(例外は米国公認会計士(US C.P.A)の資格保持者ぐらいだろうか?)。
 無論、士業が浸食されるより重大な問題は、日本の主権である。TPP参加を「開国」と称したお調子者がいたが、かってのペリー来航による「開国」で失った『関税自主権』の奪回と『治外法権』の撤廃に明治の先人達がどれほど苦労したか、もう一度かみしめる必要がある。

|

ソマリア沖・アデン湾における海賊対処行動、第13次隊指揮官に一級賞詞授与さる。

 さる2月20日、防衛大臣室にて、海賊対処行動を終え帰国した水上部隊13次隊の指揮官、丸澤伸二一等海佐(49歳、第二護衛隊司令)に対し、小野寺防衛相より一級賞詞国際貢献等で功績著しく、国家への貢献が特に顕著だった際に授与される)が贈られた。大臣は「卓越した指揮統率力で部隊を適切に指揮し、海賊行為の抑止に大いに寄与するなど、自衛隊に対する国内外の理解と信頼を深めた」と述べた。
 第13次隊は護衛艦「まきなみ」(DD112)「ゆうぎり」(DD153)2隻を基幹とする水上艦部隊。隊員は約400名で、他に海上保安官8名が加わっていました。昨年8月31日に大湊出港、今年2月11日に大湊に入港。現地では実に117隻の民間船舶の護衛に任じ、無事任務を遂行しました。ただ、残念なことに昨年10月15日、「ゆうぎり」の隊員1名(21歳の男性海士長、海水浴中溺死と発表)の死亡事案が発生しています。現在は第14次隊(指揮官・下淳市一等海佐、「すずなみ」「きりさめ」基幹、隊員約380名、海上保安官8名、昨年12月出港)が任務を引き継いでいます。
護衛艦「まきなみ」(4650トン、151m、定係港・大湊)
護衛艦「ゆうぎり」(3500トン、137m、定係港・大湊)
詳しい記事
http://www.asagumo-news.com/news.html

|

ブラジルが原潜クラブ入り表明

 3月1日、リオ発AFP電によれば、ブラジルのジルマ・ルセフ大統領(Dilma Vana Rousseff 同国初の女性大統領)は、同国が「アメリカ、ロシア、フランス、英國、シナについで、原子力潜水艦保有国となる」ことを表明したと言う。既に、フランスDCNS社と原潜建造(国産化するらしい)について契約したらしい。
元の記事はこちら
http://www.spacewar.com/reports/Brazil_to_get_its_first_nuclear_subs_999.html 
 同国は長大な海岸線(約8500キロ)と広大なEEZを擁し、そのEEZ内では海底油田が存在する可能性もあると言う事で、海防は重要な関心事。既にドイツ製209型のトゥビ型通常動力潜(SS)4隻と、改良型のティクア1隻の計5隻の潜水艦を保有しているが、ここにフランスの技術指導で国産原子力潜水艦(魚雷戦型 SSN)が加わることになる。詳細は明らかではないが、フランスの現用原潜リュビ級(水上排水量2385トン、水中2670トン、全長72.1メートル、原子力タービンエレクトリック、25ノット)の改良型か、建造中の新鋭艦シュフラン級(水上4765トン、水中5300トン、全長99メートル、ポンプジェット推進、X翼潜舵)の同型艦となるかもしれない。フランスは別途、通常動力潜4隻の建造についても合意したらしい。輸出向けのS90型Scorpene-classの改良型(全長75メートル、ディーゼル・エレクトリック、他詳細不明。AIP艦かも?)で、2017年には引き渡す予定とか。以前のドイツ製から、フランスへ乗り換えたらしい。同国唯一の航空母艦サン・パウロももとはフランス海軍のクレマンソー級空母「フォッシュ」(基準排水量30884トン、全長265メートル)を譲り受けたものである。ブラジルは目下戦闘機の近代化(更新)を計画中で、フランス・ダッソー社製のラフォール戦闘機と、米国ボーイング製F/A-18スーパーホーネット、及びスウェーデン・サーブ製グリペン戦闘機が、三つ巴の受注合戦中。総額4~7000万ドルとあっては、ヒートアップせざるを得ないが、フランスはこの点でも一歩リードかもしれない。
 この原潜1隻の国産化、どうも「一点豪華主義」に終わりそうな気がする。潜水艦を1隻作戦に投入するには、最低3隻必要。できれば4隻欲しい。ブラジルの空母も1隻のみだが、同艦がドック入りしてしまえば代替艦は無い。無理して空母や原潜を持つのは、地域大国としての見栄もあるのだろう。勿論、アルゼンチンやチリに対するプレゼンスも考慮しているのだろう。
 

|

900回

 『チューボーですよ』(TBS土曜23:30~24:00)がついに900回を迎えた。記念のゲストは最多出演の井上順さん。あまり有難味の無い人選だ。料理はユーリンチ―。旨そうである。1000回目指して、これからもがんばってほしい番組である

|

失笑でした、カーズ様

 原作のテイストを旨く映像化していて、とても好感が持てる。CG技術の進歩が無ければ、この作品そもそも映像化は無理だった。つくづく、いい時代になったものだ。
 ただ、結構カットしてる部分もある。ストーリーの本筋とはそれほど関わりないから問題は無いが…

|

二年ぶりの春一番

気象庁の発表によると、関東地方で春一番が吹いたそうだ。そうは言っても天気は悪い。気温は割と高いが、どうも「春」と言う感じじゃないな

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »