« 「船員の常務」(東京高判平25.2.6) | トップページ | 速報:高校野球埼玉県大会 越谷北×草加南 »

井之頭五郎 今夜も食べる!『孤独のグルメ』Season3

 個人営業の輸入商である中年男が、仕事先でふらっと入った店でひたすらものを喰う、異色のドラマ『孤独のグルメ』がまた始まった(テレビ東京 水曜23:58~)。なんだかんだでSeason3、結構人気シリーズだ。
 今回五郎さん(松重豊)が訪れたのは、東京の赤羽。朝一の商談は、フルーツパーラー(プチモンド)で待ち合わせ。商談後、まだ朝食を摂って無かったので、そのまま店でフルーツサンドを注文。遅めの朝食とする。おじさんにはハードル高そうな注文だが、甘党らしい(酒は飲めない)五郎さんは躊躇しない。
 その後、もう一件商談を終えた後、空腹を満たすため飯屋へ向かう!OK横丁という変な通りを進み、入った店は鰻・鳥料理の川栄(創業67年!)。うなぎ、今や庶民にとっては、高根の花だ(うな重並で3100円!)。メニューを見て珍しいほろほろ鳥料理に心ひかれた五郎さん、ほろほろ鳥の刺身たたき盛り合わせと串2本、ほろほろスープとうなぎのオムレツ(!)を注文。相変わらずの健啖家ぶりである。隣の席では男(石倉三郎)が、うなぎの白焼きをアテに昼間から手酌で一杯やっている(五郎さん曰く、「落語だな」)。〆にはうな丼を頼みかっ込む。鰻と白いご飯、まさに最強タッグ!「最強線(埼京線)、胃袋行き快速」と、変なコメントとともにうな丼を胃に送り込み、見事完食!付け合わせの奈良漬けにほろ酔い加減(アルコールに弱いので)になりつつ、店を後にするのであった。
 う~ん、うなぎ食べたい

|

« 「船員の常務」(東京高判平25.2.6) | トップページ | 速報:高校野球埼玉県大会 越谷北×草加南 »

映画・テレビ」カテゴリの記事