« カリオストロ伯爵役で有名、石田太郎さん死去 | トップページ | シナ系活動家が沖縄県尖閣諸島へ向け出港か? »

沖縄県石垣市の教育委員会教育長が平和教育に「弊害」と懸念示す。

 沖縄の新聞「琉球新報」によれば、沖縄県石垣島の石垣市教育委員会の教育長である玉津博克さんが、同県で行われている平和教育に「弊害あり」と懸念を表明したという。石垣市議会での発言である。以下、「琉球新報」のオンライン記事から引用する。

ー引用始め
 【石垣】石垣市教育委員会の玉津博克教育長は19日、石垣市議会一般質問で沖縄における平和教育の在り方について問われ、「平和の尊さを教えるとしながらも、戦争の悲惨さを強調する教育となっている。その教育の弊害は、戦争に対する嫌悪感から派生する思考停止と言える」と述べた。砥板芳行市議への答弁。
 玉津氏は自身が1996年に浦添高校で実施した戦争遺品展で、生徒の一人が「平和教育というよりも、戦争に対する恐怖感の植え付けのように感じる」などと指摘した感想文を書いていたことを紹介し、この感想文を基に平和教育の在り方に疑問を投げ掛けた。
 さらに「現実の社会では平和がいいと言ったところで、戦争は忍び寄ることは世界の歴史が教えている」と主張。「平和教育においては平和の尊さを基本に、どうすれば平和を維持できるか、どうすれば戦争を防げるかという視点から、情報収集力、思考力、判断力、行動力を身に付けさせることを目標に実践されるべきだ」と述べ、平和教育の在り方を点検、確認し、改善する考えを表明した。
 玉津氏が紹介した感想文は、戦争への恐怖感から平和の大切さを導き出す手法を「単純な構造の平和教育」と批判し、「小学校低学年までならそれ(恐怖感の植え付け)でもかまわない。しかし、年齢を重ねるにつれ生徒の理解力も変化し、成長する。平和教育の内容もそれに合わせて変わらないといけない」と主張している。

以上、引用終わり。

 まったくもって正論である。しかし、同調圧量が異常に高く、異論を許さない沖縄で、現職教育長が市議会でここまで言うとは驚いた。勇気ある発言に拍手!

琉球新報」オンラインの元記事はこちら
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-212752-storytopic-7.html

|

« カリオストロ伯爵役で有名、石田太郎さん死去 | トップページ | シナ系活動家が沖縄県尖閣諸島へ向け出港か? »

ニュース」カテゴリの記事