« JR常磐線、日暮里駅 | トップページ | 認識不足、連係不足。 »

巡視船やしま(PLH22)

 先日、当ブログ(10月14日付)で4管(福岡)所属の巡視船ちくぜん(PLH06)が、船名を「おきなわ」と改名の上で11管(那覇)へ配属替えになったニュースについて書いたが、ちくぜんの抜けた穴を埋めるため3管(横浜)から巡視船やしま(PLH22)が10月11日付で福岡へ配属されたという。
 「やしま」はみずほ型巡視船の2番船。総トン数5259トン、全長130メートル、最大速力23ノット、35ミリ機関砲1門20㎜多銃身機関砲1基、ベル212型ヘリコプター2機搭載。昭和63年に竣工して以来3管所属だったが、今回初の転属となった。なお、「やしま」が抜けた3管には、海上保安庁最大最強の巡視船しきしま(PLH31)が配備されている。
Yashima21


|

« JR常磐線、日暮里駅 | トップページ | 認識不足、連係不足。 »

ニュース」カテゴリの記事