« やべっち、来年は育休か。(日テレ『ぐるナイ』ゴチ14最終章) | トップページ | 横手志麻(旧姓:千野)元女子アナウンサーに罰金100万円。 »

アメリカの「失望」は、事なかれ主義の表れか。

 シリアの化学兵器への対応の腰砕け振りや、シナの防空識別圏問題への踏み込みの足りなさ(米民航機への対応)。昨今のアメリカ外交には「退潮」の気配が感じられる。安倍総理の靖国神社参拝に対する「失望」も、「極東で騒ぎを起こさないで~」と言う悲鳴かもしれない。
 ところで、靖国神社は慰霊と鎮魂の場と言う側面につい目がいきがちだが、祈願の場でもある。安倍総理がこの時期参拝したのは、領海侵犯を繰り返し領空も無理やり広げようとするシナ、不穏な北朝鮮、日米から離反しシナへの従属を深める韓国、陰りが見える同盟国アメリカと多事多端な状況下、英霊に対し「外交防衛の両面で、これから厳しい局面が訪れます。日本は自力でこれに対峙しなければなりません」と時局の緊迫への覚悟を披歴し、自身の敢闘と日本国の必勝を祈願したのではないかと推察します。

|

« やべっち、来年は育休か。(日テレ『ぐるナイ』ゴチ14最終章) | トップページ | 横手志麻(旧姓:千野)元女子アナウンサーに罰金100万円。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事