« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2月はホントに逃げ足が速い!

 明日で2月も終わり!もう3月だよ。確定申告は、お早めに!

|

2・26

 今日は「2・26事件の日」。しかし、私の見る限り、新聞もテレビニュースもこの話題は無かったようだ。もう、本当に歴史の彼方にうずもれてしまったのだろうか。

|

佐村河内守

 てっきり、佐村 河内守(さむら・かわちのかみ)という戦国武将かと思った。
 佐村河内(さむらごうち)、一体どんな謂れのある名字なのだろうか?四字姓というだけでも珍しいのだが。

|

塩屋崎灯台

 福島県の塩屋崎灯台は3・11の津波により一般公開を中止していたのだが、本日目出度く一般公開を再開したそうである。
 同灯台は明治32年に造られた。昭和32年に公開された『喜びも悲しみも幾歳月』(木下恵介監督)のモデルにもなったという。

福島海上保安部 http://www.kaiho.mlit.go.jp/02kanku/fukushima/gyomusyokai.htm#sentei-syokai

|

今日は竹島の日

 本日2月22日は「竹島の日」である。韓国に武力で奪われた島根県・竹島の一日も早い奪還が望まれます。
 ちなみに222=にゃんにゃんにゃんで、「猫の日」でもあります

|

雪は夜更け過ぎに雨に変わるそうだ。

 今日の雪も参ったな。結局、一日降ったわい。明日も出かけにゃならんのだが、雨で雪が溶けて欲しいものだ。

|

明日の天気

また、雪が降るらしい…
地球温暖化はどうしたんだ?

|

今日も小雪の降りかかる

 寒い日が続く。ニュースでは千葉で朝から雪とか言ってたが、草加でも午後小雪が舞っていた。早く暖かくなって欲しい。

|

確定申告豆知識:年金所得者(400万円以下)の確定申告不要制度。

 税制は毎年コロコロ変わるます。今年変わった点として復興特別所得税(基準所得税額×2.1%)と年金所得者に係る確定申告不要制度などがあります。詳しいことは「確定申告の手引き」や国税庁ホームページに記載されています。
 その中で年金所得者の確定申告不要制度とは、公的年金等による収入が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の金額が20万円以下の場合、所得税及び復興特別所得税の確定申告をしないことを選択できるという制度です(「不要」と言いてしまうと、やや語弊あり)。もちろん、申告することは自由です。当然ながら、還付金が出る場合は申告が必要です。
 また、所得税及び復興特別所得税の確定申告は不要でも、住民税の申告が必要な場合がありますので、注意が必要です。e-Taxで申告書を作成すると、申告不要な場合にはその旨画面に表示されます(税額控除の入力が終了した、次の画面で)。ただし、細かい字で表示されるので見逃さないように注意が必要です。
 税務署で手続きする場合であれば、計算が進んで申告不要の表示が出たところで、申告を続けるか止めるか選択することになります。申告不要と判断すると、送信は行わず書類だけ出力し、「確定申告不要」のスタンプを押してもらった後、公的年金の支払額の証明書などと一緒に市区町村の窓口に持参するか郵送することになります。詳しい点は、申告予定の税務署にお尋ねください。
 

|

都知事選で原発が争点になることの無意味さ。

 今日は朝から酷い雪だった。所用で東京に出かけていたのだが、帰りは鉄道がかなり混乱していた上、猛吹雪で駅から自宅にたどり着くまでに遭難しそうだった。とてもじゃないけど、雪国には住めないな。
 さて、明日はいよいよ都知事選である。私は埼玉県民だが、仕事で東京に行くことが多いので、やはり無関心ではいられない。一体だれが当選するだろう?
 都知事選を巡っては、何故か都知事の権限が直接及ばない原子発電所の再稼働の是非が争点になっていた。全く無意味なことである。東京都内には原発は無い。原発は東京の外に立地している。現在原発を受け入れている自治体は、それぞれの事情があって原発を受け入れ、共存してきたのである。そんなところに現地の事情もわきまえずに、都知事が何の権限も無いのにあれこれ意見すれば、「ふざけるな!他所者が余計な口を挟むな!」と怒鳴られるのがオチだろう。都が影響力を行使できる可能性があるのは、東京電力の保有する原発くらいのものだが、東電のHPによれば平成25年9月30日現在、東電の発行済み株式の保有数で東京都は第4位だが、その保有率は1.20%。従業員持ち株会の1.23%より少ない(筆頭株主は原子力損害賠償支援機構の54.69%)。都が単独で東電の重要な資産である原発の廃棄を株主総会で議決するのは無理そうである。結局、原発反対派の候補が当選したとしても、出来る事と言えば政府に対し意見するぐらいである。それだとて、政府から「貴重なご意見、確かに賜りました。が、それはそれとして、日本全体のエネルギー問題は政府の専管事項です。今後とも、政府はエネルギー政策を粛々と進めていきます」といなされてしまえば、最早何も言う事は無い。都知事の権限が及ばないところに公約を掲げても、意味が無いのである。それでもしつこく「全ての原発を即時撤去」などと主張すれば、原発を保有する各電力会社や自治体の首長から、「そこまで言うなら廃炉に係る費用は全て東京都が持て!作業員には都の職員を出せ!廃炉に伴って発生する核のゴミは、全て都有地で受け入れろ!」と要求されるだろう。はたして東京の有権者の過半数に、その要求を受け入れる覚悟はあるのだろうか?自分の手は汚さずに、ただ「即時ゼロ」と主張すれば原発を全廃できると考えているなら虫が良すぎる。

 では、都知事選を離れて原発の今後を考えるとしよう。以下は『兵頭二十八の農業安保論』(兵頭二十八著、草思社刊)からの受け売りなのだが、原発について考えるには最低3つの点を念頭に置く必要がある。一つ目は原発を今後どうするかは日本全体のエネルギー安全保障の中で考えなければならないこと二つ目は日本のエネルギー安全保障にとって重大な課題は、脱原発ではなく脱石油であること。当然ながら今後の原発のあり方も、脱石油の文脈で語られねばならない。三つ目はエネルギー安全保障は、食料安全保障と密接不可分の関係にあることである。
 中長期的に見れば、石油はいずれ枯渇する。石油が地上に自噴してくるような良質の油田はすでに採掘されつくし、現在はより深くにある粘度の高いタールのような油層に色々な薬品をぶち込んで無理やり吸いだしたり、厳しい海象を冒して海底油田を開発している。採掘のコストは上がるばかりで、いずれ採掘に投入するエネルギーが石油から取り出せるエネルギーを上回るかもしれない。そうなれば採算割れでもう事業は成り立たなくなる。しかも、地球全体の人口はいまだ増加中であり、途上国のエネルギー需要はますます増大する。このままいけばやがて石油は手が届かないほどの高根の花となってしまう。
 一方、突発事態の発生で、急に石油が手に入らない事態が出来する可能性もある。同書では最悪のシナリオとして「ペルシャ湾のホルムズ海峡で、イランの核爆弾が炸裂する」事態を想定している。そうなれば長期にわたって石油積み出しができなくなり石油は暴騰!ガソリンがリッター1万円などと言うとんでもない事態になるかもしれない(同時に、石炭や天然ガスもつられて高騰する)。そして、石油が無いと日本は主食であるコメを作ることも出来ない!何となれば、コメは水利、耕作、収穫、精米、貯蔵、流通のあらゆる面で石油製品(燃料、化学肥料、農薬など)及び石油によって発電された電気が必要不可欠。「コメは石油でできている」と言って過言ではないのである。当然、コメ以外の農作物も栽培は困難になる。海外から輸入しようにも、船を動かす燃料も石油である。そんな時、原発が稼働中であれば、発電は原発に任せて貴重な石油は優先順位の高い分野に回すことも出来るが、原発が全て解体若しくは解体中であればそれもかなわない。安定した代替エネルギー源が実際に確保されないかぎり、原発と言うカードは安全保障上手放せないのである。「即時ゼロ」と言う主張は、無責任を通り越して国民に対する犯罪であると断定できる。

|

『傷だらけの天使』と『相棒』

 テレ玉で『傷だらけの天使』を観た後、『相棒』を観る。月日はこうまで人を変えるかと、驚かされる

|

雪の降る町を

 今日は雪が降った。交通がマヒしない程度で良かった

|

マイティ・ソー(The Mighty Thor)

ロキって、ピース又吉に似てるね!

|

ホームページの作成の仕事

 請負ってたホームページの作成の仕事、とりあえず仮設置までこぎつけた。この後、更なるコンテンツの充実とSEO対策を講ずる予定である。

高橋治療院(仮営業所)開店準備中です…
http://tawaragaeshi.web.fc2.com/

|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »