« セオル号とコスタ・コンコルディア号 | トップページ | 商船三井差し押さえ »

第603飛行隊、那覇にて開隊。

 本日、沖縄県・那覇において航空自衛隊・第603飛行隊が開隊された。同隊はE2C早期警戒機を擁する警戒航空隊で、人員60名での開隊となった。
 従来、警戒航空隊は青森県・三沢にE2C部隊、静岡県・浜松E767AWACS部隊が展開していた。三沢にE2Cが集中配備されていたのは、ミグ25事件による北方警戒重視のためだったが、近年増大するシナの尖閣周辺への船舶及び航空機の侵入事案に対応するため、那覇に常駐部隊を配備することになった模様。それにともない警戒航空隊全体の改変が行われ、三沢には第601航空隊、浜松に第602航空隊が置かれることになった。

「警戒航空隊の改変について」http://www.mod.go.jp/asdf/news/houdou/H26/0411.html

|

« セオル号とコスタ・コンコルディア号 | トップページ | 商船三井差し押さえ »

ニュース」カテゴリの記事