« 韓国船事故の続報。 | トップページ | セオル号とコスタ・コンコルディア号 »

韓国船・続続報

 昨日は現場が珍島に近いので水深が浅いのではと書いたが、沈没現場は船体が沈むだけの水深はある。暗礁などもないという。ただ、映像に映し出された船首部の意味ありげな傷跡が気になる。船は沈没現場に着く前からおかしな動きをしていたという話もあるが、謎は深まるばかり…
 犠牲者が少しずつ増える一方、相変わらず多数の行方不明者は船内に閉じ込められたままらしい。現場は潮流が激しく、ダイバーもマスクをはがされそうになったり命綱が切れる程でどうしても船内奥まで入れないという。我国は海上保安庁の救助部隊を、アメリカは海兵隊を救援に出す用意があると韓国側へ申し入れたというが、韓国のダイバーが苦戦してる状況では、海保の海猿たちでも救助は難しいだろう。せめて、海象が穏やかになってくれればいいのだが

|

« 韓国船事故の続報。 | トップページ | セオル号とコスタ・コンコルディア号 »

ニュース」カテゴリの記事