« 対馬丸と米潜ボーフィン | トップページ | サラエボ事件(1914・6・28)から100年。 »

噛みつき選手に処分下る。

 日本チームが敗退して、もうどうでもよくなってしまったワールドカップだが、注目の選手にFIFAの処分が下ったそうだ。
 処分されたのは、ウルグアイのFWスアレス選手(27)。対イタリア戦で相手選手を噛みついた件で、9試合の出場禁止と、4カ月間のサッカー関連活動の禁止、罰金約1,137万円相当だそうな

|

« 対馬丸と米潜ボーフィン | トップページ | サラエボ事件(1914・6・28)から100年。 »

スポーツ」カテゴリの記事