« 鈴木都議一人に詰腹切らせて幕引きか?! | トップページ | 噛みつき選手に処分下る。 »

対馬丸と米潜ボーフィン

 今上陛下、及び皇后陛下におかれては、本日より2日の日程で沖縄を御訪問されている。対馬丸事件(昭和19年8月22日)より70年目に当たる今年、同船の犠牲者を慰霊されることが御目的との由。本日は午後より糸満市の国立沖縄戦没者墓苑にて献花され、出迎えた沖縄県遺族連合会関係者約20人を労われた。明日は那覇市の同事件慰霊碑・小桜の塔を御訪問された後、対馬丸記念館を見学になる御予定。
 対馬丸(総トン数6,754トン、全長135,64メートル、機関出力4,396馬力、最大速力13,9ノット)は、日本郵船のT型貨物船。同船は沖縄の学童疎開のため、昭和19年8月19日に那覇入港(往路では、沖縄防衛にあたる陸軍第62師団の兵員2,409名及び馬匹40頭を乗せていた)。翌20日18:35に長崎に向け出港。同船には那覇国民学校の児童及び介添え者、船員合わせて1,788名が乗船していた。22日22:11頃、悪石島(鹿児島県・トカラ列島)付近の海域にて、アメリカ海軍潜水艦ボーフィン(USS Bowfin SS-287)による雷撃を受け魚雷三本が命中(発射雷数は4本)、命中から11分後の22:23、爆発沈没した。船員乗客1,476名が犠牲になった。救助された児童は、59名のみ。平成9年12月12日に、悪石島付近の海底で船影が確認された。なお、昭和20年3月まで続いた沖縄からの疎開船187隻中、犠牲になったのは対馬丸のみ。
 一方、卑怯にも学童疎開船を攻撃した米潜ボーフィンは、「真珠湾攻撃の復讐者」と称され、ボーフィンサブマリンミュージアム&パークになっている。

|

« 鈴木都議一人に詰腹切らせて幕引きか?! | トップページ | 噛みつき選手に処分下る。 »

ニュース」カテゴリの記事