« 「ワタシハ、カモメ」 | トップページ | 梅雨はどこ行った? »

投了、STAP細胞。

 昨日、渦中のSTAP細胞論文の共同執筆者である若山照彦教授(山形大学)が記者会見した。自身が保管していたSTAP細胞を第三者機関に依頼して検証した結果を受けてのもの。結論から言えば、STAP細胞が実在する証拠は無いという。教授が小保方氏に提供した実験用マウスにつけたマーカーと一致しないのが決め手となったらしい。「三大不正と言われてもしょうがない」というのが教授の弁(あとの二つは?)。後はもう、小保方氏自身に公開実験してもらうよりない。期待が大きかった分、失望もでかい!日本の研究界に与える悪影響も巨大だ。どうする、小保方氏

|

« 「ワタシハ、カモメ」 | トップページ | 梅雨はどこ行った? »

ニュース」カテゴリの記事