« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

「焼肉焼肉、全身焼き肉態勢なんだが」(『孤独のグルメSeason4』第4話、東京都八王子市小宮町のヒレカルビ)

 JR八高線小宮駅に降り立つ五郎さん。駅前には、何も無し。閑散としている。先方から送ってもらった地図を片手に進む。「…しっかし、何にもない」。待ち合わせ場所の角屋商店は閉まっている。汗をぬぐっていると、依頼人の谷村氏野間口徹)がやってくる。名刺交換(谷村氏の名刺には TRATTORIA INIZIOの文字)を済ませ、 氏の案内で先へ進む。ついた先はアキテンポと書かれた店らしきもの。しかし、アキテソポとしか読めない。谷村さんは、ここでイタリア料理店 INIZIOを開く予定なのだ。INIZIOとは、イタリア語で「始まり」の意味。居抜の店舗を借りて、現在開店準備中。で、店内の備品等(内装も含む?)を、五郎さんに取り揃えてもらおうという話である。話し込んでる所に谷村氏の奥さんの今日子さん松山愛里)が登場。現在妊娠中、初めての子供という事で、五郎さん思わず「コングラツィオーニ!」とイタリア語で祝辞を述べるが、きょとんとされて空回り。谷村氏が奥さん差し入れの愛妻弁当を使う間、店内の寸法を図る五郎さん。しかし、弁当の中身が気になる!日の丸弁当におかずは牛カルビにロースの焼き肉と、卵焼きプチトマトお浸し。見ていてメチャクチャ腹が減って来た!仕事が終わったら絶対焼き肉と、心に誓う五郎さん。挨拶も早々、焼肉屋を探しに向かう。駅近くまで戻る途中、ちょっとトイレに行きたい等と思いだしたところで、和牛焼肉 大幸園発見!畑の横に、こんな店があったとは!早速店内へ入る五郎さん。さて何にしようかと考えていると、向かいのテーブルに豚足が来た!牛の前に豚、新しい攻め手。女将円城寺あや)にとりあえず豚足ウーロン茶を注文、ついでにトイレの位置を聞き、用を済ましに行く。店内はほぼ満員の様子、「この店、当たりなんじゃないの」。席に戻ると直ぐに豚足が来る。酢味噌と塩、まずは塩を試す。美味い!これは、いい豚足だ!酢味噌もまた美味い。と、向かいの客が豚足を焼きだした!早速五郎も試してみる。おお、いい。いいぞいいぞ、焼き豚足。またたく間に全部平らげてしまう。さながら、骨をねぶる犬の如し。エンジンがかかって来たところで、いよいよ焼き肉の王道、ロースカルビローカル攻撃をかけようとする。しかし、』メニューに「ヒレ」という文字を見つけ、興味を覚える。女将に尋ねると、主人本田秀和)が答えて曰く、「カルビに中でもヒレに近くて、最も柔らかい部位」とのこと。一番人気らしい。カルビの中のカルビが、こんなところで俺を待っていたとは。他にも、魅力的なメニューが並ぶが、今日はホルモン系には行かず、焼肉で行こうと思う。と、生玉子(お肉とからめて『すき焼き風』)60円発見。店員曰く、上ロースとの相性抜群との事。そこで、生玉子と上ロースのセットヒレご飯ナムルの三種盛り味ネギを注文する。ヒレカルビは、でかくて厚い!霜降りまくり。早速焼きにかかる。う~ん、この香り!デンジャラス。程よく焼けたところで一口、「うわっ!ヒレ、はらほろひれ。なにこれひれはれ」と、謎のコメント。当然、ご飯とも相性抜群!これはたまらん!美味すぎる!「俺、今どんな金持ちより、幸せだ」。箸休めにナムルをつまむ。ニンニクを利かせたゼンマイが、なかなか乙だ。で、ヒレに戻る。味ネギをたっぷり載せ、オンザライス!これもまた、ありがたき幸せ。美味い焼肉は、身も心も前のめりにさせる。次はいよいよ、上ロースと生玉子のセット。ロースを溶き卵に絡めて頂く。おお、すき焼きだ!一気に口の中が高級すき焼き店になった!すき焼きと焼肉の、異次元合体殺法に圧倒される五郎。「俺はまだまだ、あまちゃんだ」(←じぇじぇじぇ!)。しっかし美味い、とろける~。よし喰おう!美味さの武者修行だ!とことん喰おう!更に、ウーロン茶のお代わりと、ユッケジャンスープを追加注文しつつ、ひたすら喰う。上ロースのエキスが絡んだ溶き卵を、迷わずどんぶり飯に投入!大高級卵かけご飯だ。ユッケジャンスープが来たところで、うかつにも飯を全部食べつくしたことに気づく。すかさず半ライス追加、スープにご飯を混ぜ、ユッケジャンクッパにして平らげる。豚足に始まり、何もかも美味かった!まさかこんな店とは、思いもよらんかトッテンチントンシャン(←意味不明!)。「嗚呼、御馳走様でした」。店を後にする五郎さん。「なにもないと思っていた小宮に、その名の通り、小さな宮殿があった。畑の脇の、肉の宮殿。ああ、喰った!」。腹をさすって歩き出す五郎さん。歩き出した途端「来た」。学生じゃないんだから、喰い過ぎだ!ああ苦しいとぼやきつつ、駅に向かう五郎さんであった。

|

7月31日

 今日も朝から暑い!7月も今日で終わり、明日は8月だ。まだこの暑さが1カ月以上続く。気を引き締めていこう

|

大和魂

 関脇・豪栄道(境川部屋)の、大関昇進が決定した。昇進決定を伝える協会からの使者(大鳴門親方)に対し、「大和魂を貫いて参ります」と述べたという。ここのところ、昇進伝達の際に妙な故事成語(四字熟語)を使う事が多かったが、この口上は好感が持てる。四字熟語は、横綱昇進の時に!

|

『思い出のマーニー』を観てきた。

 『思い出のマーニー』という映画を観てきた。この映画、正直観に行くべきか迷っていた。なんか、重くて痛い話になりそうな感じだったので。しかし、既に前売り買っていたので、もったいないので観に行ったのだが・・・・・・思いの外面白かった!感動的ですらあった!期待値が低かったのが、よかったのかもしれない。
 劇中、主人公が描くスケッチに注目。最初、鉛筆(2Bくらいか)のみのデッサンだったものが、物語が進むにつれて色がつき、最後は総天然色の絵手紙を描いたりするところに、主人公の心境の変化が投影されている。分かり易い演出ではあるが、そこがいい。

|

久方ぶりに、涼しい朝。

 ここ数日の猛暑で寝不足気味だったが、今日は爽やかな朝を迎えた。ありがたい。

|

優勝は、春日部共栄高校。第96回全国高校野球選手権埼玉大会決勝戦

 県営大宮公園球場で行われた埼玉大会決勝戦。2万人の観衆が見守る中、春日部共栄高校が7-2で市立川越高校を破り、9年ぶり5回目の優勝を果たした。
 市立川越は、5回表に敵失から1点を先取したものの、その裏春日部共栄は直ぐに同点。続く6回表に市立川越は再び勝ち越したものの、8回裏に春日部共栄は一挙6点を挙げ、そのまま逃げ切った。

 春日部共栄高校、甲子園優勝目指して頑張れ!!

|

江東区・亀戸水神

 今日の「出没!アド街ック天国」(テレビ東京)は、亀戸水神だった。東武亀戸線の亀戸水神駅で下車。この駅、昔は仕事で毎日のように通っていた。懐かしかった

|

とにかく暑い。

 連日の猛暑でもうメロメロ、日中は何も手につかない。せめて、夕立でもあれば多少涼しくなるかと思うが、今日はそれも無し。エアコン買うか。

|

「美味さの箱根越えだ!」(『孤独のグルメSeason4』第3話、神奈川県足柄下郡箱根町のステーキ丼)

 渓谷に架かる鉄橋を、ゆっくり渡る登山電車。宮ノ下駅(箱根登山電車、標高436M)に着く五郎さん、箱根はすっかり夏である。ふと見ると、注意いのしし出没地帯!の看板がある。瀟洒なデザインの小さな駅舎から外へ出る。折角の箱根、仕事終わったらブラっとするか、等と考えていると、直ぐに古民家カフェ・NARAYA CAFEに到着。1階がカフェで2階がギャラリーになっているのだが、2階部分が道路に面している。今日はこのギャラリーの下見に来たのだ。
 1階部分に降りようとすると、足湯につかりながらアイスコーヒーを飲む女性客を発見。温泉郷・箱根ならではの風景だ。カフェの入り口で、出てきた女性従業員に来意を告げる。責任者を待つ間、ふとレジ横に置いてあるひょうたん最中 ならやん(200円)が目に留まる。あんは4種類から選べるという。なかなかそそられる。そこへ、責任者の(土井よしお)がやってくる。もみあげの長さが印象的である。もみやんというあだ名を、心中密かにつける。もみやんとギャラリーを内覧する五郎さん。知り合いのサミュエル・マーカスという人物が、切り絵の展示が出来るギャラリーを探しているのだという。もみやんが事務所で確認をとる間、カフェでコーヒーとならやんのゴマあんを注文する。ならやんは、ひょうたん型の最中の皮に、自分であんを詰めて食べる。暫し、左官屋気分であんをつめ、いざ食す。丁度いい甘さ、ならやんいけるでガス。
 その後、もみやんと打ち合わせを終え、店を後にしようとする。と、店内にあった宮ノ下・小涌谷ノスタルジック散策路というチラシに気づく。手にとって暫し眺めた後、もみやんに断って1部もらう。外に出て見ると、線路わきに細い道がある。散策してみる五郎さん。ノスタルジックってほどでもないが、ちょっといいぶらり道…等と言っていたら、だんだんけもの道っくな感じになって来た!と、ガサガサと音がする!すわ、イノシシか?!慌てる五郎。漸く舗装された道に出ると、食・呑・処 いろり家という看板(←これ、伏線)。ここで、さっきのチラシを確認すると、温泉幼稚園という謎の文字。さては、園庭に大露天風呂でもあるのか?興味が出てきたので、行ってみることにする。
 途中、不案内な道を迷いつつ、幼稚園入口に辿りつく。入口すぐのところを、登山電車の高架が掛り、折しも電車が通過していく。中を進むとそこは旧・温泉小学校。廃校を幼稚園にしているのだ。ブランコに乗って、往時の温泉小の姿に思いを馳せる五郎さん、ついノスタルジックな気分でいたら、腹が減った!店を探そうとチラシを見て、「そう言えばさっき」と、さっき見た看板を思い出す五郎。しかし、また道に迷って四苦八苦する。漸く看板があったところまで戻り、そこからさらに奥へと進む。辿りついた店は、大女将(小貫加惠)と若女将(青山倫子)が二人で切り盛りする居酒屋兼食事処。「ランチはステーキ丼アワビ丼から選べます」と大女将に言われ、はたと悩む五郎。ステーキにアワビ、陸の王さまと海の王さまの、お出ましである。どちらをお迎えするべきか?悩んだ末にステーキ丼を選択する。ついでに一品料理も注文しようと思ったが、品数の多さにまた迷う。その間にも、店にはお客さんから電話が来る。店までの道が分かりにくいらしい。漸く料理が決まり、旬野菜の胡麻和えと、わかさぎの南番漬けを注文する。やれやれと思いながらふとカウンターを見ると、懐かしい知恵の輪が置いてある。試しに手にとって見るが、なかなか解けない。ガチャガチャやってるうちに他のお客さんが到着、慌てて知恵の輪を投げ戻す五郎さん、他のお客(3人家族)はお座敷に案内される。そこへ漸く料理が出てくる!胡麻和えには旬のアスパラとオクラとソラマメが入っている。ゴマソースがナイス!南蛮漬けのわかさぎは芦ノ湖産、濃いめの味付けがいい!一方、お座敷の家族連れに大女将が、「お肉焼くのに時間がかかるから」と言って、子供に知恵の輪を渡していった。早速遊び始める子供。それを横目にもくもく食べ続ける五郎、心中「知恵は頑張れば授かれるものではない。少年よ、人生には解答が出無いときもあるのだ」などとひとりごちていたら、あっさり知恵の輪が外れてしまった!「よかったね」としか言いようがない。そうこうするうちに、肉の焼ける音。漸く五郎の選んだステーキ丼がお出ましだ!スライスした足柄牛のステーキと玉ねぎとカイワレ大根、わさびが付いている。他に、みそ汁と温泉卵と漬物、ステーキソースとおろしポン酢付。期待を裏切らない風格だ!まずは、ソースをかけて頂く。おお、俺の決断は間違っていなかった!この噛み応え、充実感!ポン酢もまたよし!箸でステーキを喰い、蓮華でどんぶり飯を喰う。ステーキという狩猟民族の王様を、どんぶり飯に乗っけて迎える農耕民族日本人。やはりご飯は、この島国の食の御神体だ。側使えしている、みそ汁の働きも素晴らしい……と、隣のアワビ丼がでてきた。つい、他の客の頼んだものが気になるのだが、このアワビ丼もすごい!つい、心が揺れる五郎さん、「二人なら両方食べられるわけか」と思ったfが、「俺は一人の自由を謳歌しよう」と、改めてステーキ丼に向き合う。やはり、肉はいい!体が燃えたぎる。飯がそれを後押しする。
 「よーし、往路は終了、ここから復路、第6区のスタートです。よーいドン(丼)!」。温泉卵に漬物も混ぜて、一気にかきこむ五郎さん!目の前に富士山が見えるような満足感で「ごちそうさまでした」。
 店を後にする五郎、腹ごなしにチェンバレンの散歩道へ行ってみることにする。「いのしし、出ないかな?」。

|

今度はアルジェリア機が行方不明?民航機はオスプレイより危険。

 マレーシア機の撃墜に、台湾機の墜落。その上、こんどはアルジェリア航空機が消息を絶ったという。恐ろしいことだ。無事、発見されることを願う。ちなみに、アメリカの新型ティルトローター機・オスプレイ(MV-22)が危険だというのは、悪意に満ちたデマ。

|

猛暑!!

 暑い!気が遠くなるほど暑い!もう、外へ出るのがつらい。外回りでコンビニに立ち寄ったら、そのまま外へ出られなくなった。日中外で働くのは、自殺行為だ。早く秋が来て欲しい

|

大暑

 昨夜は暑くて寝付けなかった。今日は大暑、いかにも暑そう!熱中症にならないよう、気をつけねば

|

梅雨、明ける。

 本日、11:00 気象庁は関東地方が梅雨明けと発表セリ。

 夏本番!という前に、こっちはもう暑さでグロッキーだ…

|

梅雨明け間近

 気象庁は、九州北部、近畿、東海地方が今日梅雨明けしたと発表した。関東地方も、明日には梅雨明けらしい。いよいよ、夏本番!

|

生活保護法の対象は日本国民。永住外国人は対象外。(最判平26.7.18)

 報道によれば、最高裁判所第二小法廷(裁判長:千葉勝美)は、永住資格を持つ中共国籍の女性(82歳、大分県在住))の生活保護法の適用を求めた訴訟の上告審で、受給権を認めた2審(福岡高裁)を破棄し、請求を棄却した。「法の適用対象に永住外国人は含まれない」とのこと。

生活保護法
 (この法律の目的)
第一条 この法律は、日本国憲法第二十五条に規定する理念に基づき、国が困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする。
 (無差別平等)
第二条 すべて国民は、この法律の定める要件を満たす限り、この法律における保護(以下「保護」という。)を、無差別平等に受けることができる。

以下、省略

|

「銀ブラって、死語か?」(『孤独のグルメSeason4』第2話、中央区銀座)

 東京メトロ・銀座駅(銀座線、日比谷線、丸ノ内線)の出口にエスカレーターで上がってくる五郎さん。手には差し入れの紙袋。久しぶりの銀座にやや勝手が違う様子。&Gアンジー銀座店のショウウィンドウを眺めたりする。カジュアルな服と自分の無個性なスーツ姿を比べてため息。辿りついたのは銀座幸伸ギャラリー。知人の写真家・笹川仁美(広岡由里子)が個展(ベトナム写真展)を開く準備をしてる。今日はビジネスではなく、陣中見舞いに来たのだ。暫しの歓談の後、ギャラリーを後にする五郎。そのまま、銀ブラを楽しむことにする。小雨の中立ち寄ったのは、台湾茶館の三徳堂。メニューの台湾風かき氷自家製パイナップルケーキが目をひく。店員に誘われ、店中に入る五郎。選んだのは天才花茶台湾仙草のセット。天才花茶は、ガラス製の茶器に入っている。ジャスミン風の香りで、脳をスッキリさせ記憶と集中力を向上する効果があるという。飲み方を店員に尋ね、一口すする。ああ、ほっとする味だ。ついで、台湾仙草を食べる。一見コーヒーゼリー風だが、食べると台湾スィーツぽい。この組み合わせ、台湾ダフル(←出た、オヤジギャグ!)。完食後、再び銀ブラする五郎。狭い路地に吸い込まれ、うろうろ歩くうちに腹が減って来た!「よし、今日は銀座の一人飯だ!」気合込んで歩き出したものの、やはり久しぶりの銀座はどこに飯屋があるかよく分からない。難波橋の交差点から土橋まできたところで、高速道の高架下になじみ亭という韓国家庭料理の店発見。オモニ(柴田理恵)に誘われて店内に入ると狭っ!狭い店内に大きなテーブルが置かれ、大きな皿に盛られた料理が六つ。先客が四名いて、窮屈そう。「じゃあ、また今度」と出ようとすると、オモニが「じゃあ、表にしますか、ね」といって、外のテーブル席を勧めてくれる。ウーロン茶を注文して、メニューを見る。ふと、名物 参鶏湯 ラーメン付き(一人前1000円)が目に付く。大将はこれで決まった!あと、日替わり小皿料理(500~600円)を注文する。韓国風てんぷら魚の餃子イカとソーメンの旨辛炒めチャプチェポッサムキムチ韓国風太巻きと、六皿も注文する。羨ましいほどの健啖家ぶりだ!これでよくあのスリムな体型を維持できるものだ。お通し(ミョルチ・ポクン、小魚の干物をピリ辛の味付けしてある)をつまみつつ、「ここから韓国。今日はベトナムから始まって、台湾を経由して韓国か・・・ちょっと旅疲れ」と一人ごちる。と、小皿料理が登場!壮観である。まずはてんぷらを食す。うまっ!こーりゃんおどろいた。お次はポッサムキムチ。キムチと豚が合う!チャプチェは濃い味付け。ご飯が欲しくなるスムニダ。太巻きを食べつつチャプチェを喰う。イカそうめん炒めは、パンチの利いた辛さ。魚の餃子はタラのすり身が入っている蒸し餃子風。「タラの餃子なんてなかなかくえんぞ、くえんてぃん・たらんてぃーの」と、妙なことを言う。ここで、メインの参鶏湯ラーメンを注文する。麺はジャガイモを練りこんだインスタントラーメン。腰があって美味だという。一口食べて「やられた!」インスタント麺が実にマッチしている!こう言うラーメンがあったとは。どんどん箸が進む!スープの一滴まで残さず完食!アジア一日弾丸ツアーの疲れが、吹っ飛んだスムニダ。

|

「民法の嫡出推定が及ばないとは言えない」DNA鑑定VS民法772条

 DNA鑑定で父子関係が否定された状況で、戸籍上(法律上)の父子関係を認めるべきかが争われた件(北海道、近畿、四国から3件)で、最高裁判所第一小法廷(白木勇裁判長)は、父子関係を認める判決を出した。
 3件のうち四国の件は、父である男性が5人の子供のうち2人につき、DNA鑑定で父子関係が否定されたため、父子関係の不存在の確認の訴えを起したもの。1審では「子の利益を考えれば、法的に確立した父子関係をDNA鑑定で覆すことは許されない」として男性の訴えを退けた。高裁も1審を支持したため、男性側が上告していた。
 一方、北海道の件は、妻から出産直後に「別の男の子供だ」と告白されたものの実子として養育していたが、その後妻との関係は冷却し離婚。子供の親権は妻が持つことに。離婚後、元妻は不貞相手の男性(遺伝子上の子の父)と再婚し、子供を原告にDNA鑑定の結果から元夫と子との間の戸籍上の父子関係を否定する訴えを出したもの。元夫は子供に対して実子としての愛着があり、父子関係の存在の確認と子供との面接、親権の変更を求め反訴していたらしい。こちらは、1審2審とも父子関係を否定したそうで、逆転判決になった。

|

川内原発、再稼働へ。

 報道によれば、原子力規制委員会は今日の定例会で、九州電力の川内原発(鹿児島県)の1号機及び2号機に関し、「合格証」の原案となる審査書案を了承したという。事実上、「新規制基準」適合第1号と言える。原発再稼働へ一歩前進、いや、半歩前進か。なにしろまだ原案の段階で、これから1ヶ月かけて技術意見を募った上で正式な「審査書」を作成し、更に工事計画の認可や地元への説明と同意が求められている。再稼働は早くても10月以降になりそうだ。これでは夏場の電力需要には寄与できない。
 原発停止中の現在、火力発電がその肩代わりをしている。各電力会社は、休眠中だった古い火力発電所を再稼働させて遣り繰りしているのだが、旧式のため最新式の発電機より燃費が悪い。その上、古いため部品のストックも乏しく、メーカーにも部品があるとは限らない。そもそも、メーカー自体が廃業したり業態を変えているかもしれない。故障するともう、修理不可能になる可能性がある。そうなれば、大規模停電が発生する危険性は高い。現状、電力供給は綱渡りの状況にある。決して電力は「余って」はいないのだ。
 本来なら原発を稼働させて古い火力発電所は止め、新型発電機に更新すべきなのだが、現状では難しい。新規の火力発電所を造ろうとしても、用地確保だけで10年以上かかってしまう。急場に間に合わないのだ。短期的な対策としては、造船業界総出で「発電プラント船」(大型貨物船の船体にガスタービン発電機を搭載)を建造(新造ではなく、中古貨物船を改装してもいい)して、電力不足が懸念される地域へ送って洋上で発電させる方法もあるが、あくまで短期的な処置である。一種の蓄電装置である「揚水発電」も、今年は幸か不幸か雨が多いので今のところ水に困ってないが、もしカラ梅雨で猛暑となったら水不足で発電出来なくなるかもしれない。揚水発電用ダム自体も40~50年前の古いものが少なくない。そろそろ、鉄筋コンクリートの強度が怪しくなる頃あいだ。老朽施設の更新のためにも、原発の再稼働がどうしても必要だ。
 現在、火力発電用の石油及び天然ガスの輸入が増えた結果、3~4兆円の国富が海外に流出している。その上、シリアやイラクの内戦激化など不穏な情勢からか石油も天然ガスも値上がり状態にある。電気料金の値上げが続けば、中小の製造業にとっては死活問題である。また、中東の石油と天然ガスに過度に依存するのは、安全保障上も好ましくない。そして、エネルギー危機は必ず食料安全保障とリンクすることも見逃せない。我国の主食である水稲は、その生産から流通まであらゆる分野で石油漬けであることを忘れてはならない。中長期的なエネルギー及び食料安全保障の観点からも、原発の早期再稼働が望まれる。

|

無念!越谷北高、三回戦突破ならず。(第96回全国高校野球選手権埼玉大会)

 熊谷公園球場における第1試合、越谷北高南稜と対戦、3-6で惜しくも敗れた。今年も優勝ならず、無念なり。選手諸君、及び父兄はじめ関係者各位、お疲れ様!

| | トラックバック (0)

豪華客船コスタ・コンコルディア号の浮上作業始まる。

 2012年の1月13日にイタリア・ジリオ島周辺海域で座礁横転した豪華客船コスタ・コンコルディア号Costa Concordia全長約290m、115,000総トン)の浮上作業が、今月14日始まった。横転していた船体は昨年9月に行われた作業で水平に戻されていた。今回は船体周囲に30個の巨大な浮きを設置し、空気を注入して船体を浮上、浮上後の船体はジェノバに曳航し、解体する予定。
 同事故では、死者30名、行方不明2名という犠牲が出た(事故後に作業中のダイバー1名が死亡している)。同船の船長、フランチェスコ・スケッティーノ容疑者は、船客を見捨てて真っ先に逃げ出す等問題行動があり、傷害致死罪等で起訴され禁錮2697年(!)を求刑されたという。
 

|

速報!第96回全国高校野球埼玉大会、越谷北高校15-2で大勝!!

 朝霞市営球場で行われた第2試合、県立越谷北高等学校は、狭山工業と対戦し、15-2で大勝し3回戦に進出した!おめでとう!越谷北高!!

|

「ドイツのサッカーは、世界一イイイイイイイ!」Wカップドイツ優勝!

ワールドカップ決勝戦、ドイツ・アルゼンチン戦は、延長戦の末ドイツが1-0で優勝!おめでとう。

|

台風一過

 今日は快晴。しかし、台風8号の置き土産の高温の大気のせいで暑い!熱中症に要注意だ

|

「清瀬、ここってまだ東京都だよな?」(『孤独のグルメ』season4第1話)

 東京都下、清瀬市。西武池袋線、清瀬駅南口に降り立つ井之頭五郎(松重豊)。駅前から続く南口ふれあいど~りを進む。心地いいざわつきだ。ふと、焼鳥屋(やきとり佐賀屋)に目が向く。隣はシャッターが閉まってるが、焼鳥屋はもう焼き始めている(season3だと、ここでおやつにするところ)。なんか、いいんじゃないのと思っていると、携帯が鳴る。今日のクライアント、大橋(志賀廣太郎)からの電話である。当初会う約束だった場所ではなく、違う場所へ来て欲しいという。で、アイラ通りを通って着いた店が麻雀処たんぽぽ。「健康麻雀って、どんな?」と首を傾げる五郎。店内では大橋氏が他の3人とジャン卓を囲んでいる。「マージャンは脳にいい」と力説する大橋氏、ドラをつもる。対面の女性が「リーチ」をかける(捨て牌は緑六)。大橋氏には緑の5、天牌即リーだ。ところが捨てた牌に対面が「ロン!」。まさかの引っ掛けリーチ、おまけに地獄待ちじゃないか!。「健康麻雀、脳に良くったて、精神的にはちっとも良くないよ」。
 所変わってメガネサロン ヨゴ。漸く仕事の話である。大橋氏はおしゃれなサングラスを輸入したいという。日本ではあまり見かけないものがいいと。「…では、有名ブランドのと言うよりは、無名でもユニークなデザインのもをという事で」ということで、早速アメリカとフランスに問い合わせることにする。と、何故かサングラスを勧める大橋氏。断るわけにもいかずつけてみると、案の定、悪徳刑事かやくざにしか見えない!「なんか、怖くなってません?」「いえいえ、とっても似合ってますよ」と言いつつ、何故かブルっている大橋氏。商談は一応纏まったので、店を後にする五郎。見送る大橋氏は「ああ、怖かった!」。一方、雀荘に呼び出された時はどうなるかと思った五郎さん、終わりよければすべてよし!気分が良くなったら、腹が減った!食いもの屋を探し、駅前まで戻る。さっきの焼鳥屋の所まで戻ると、隣の店が開いている。どうやら食堂らしい。みゆき食堂という店の構え、来るな~。店の前にはメニュー表、品数豊富で値段も手ごろ。「おいおいおい、ここ、ひょっとしたらひょっとする店でなんじゃないの?!」。丁度店から出てきた客の満面の笑顔にひかれ、店に入る。店内は意外に広い!やはりこの店、タダモノではない。壁いっぱいにメニューがズラリ。圧倒される五郎、いかんいかん、店の雰囲気にのまれるな!打つべきボールを見極めるのだ(←なんのこっちゃ)。他の客のオーダーに感心したり論評したりしつつ、なかなか注文が決まらない。「スパゲッティー田舎」という謎メニューが気になる。と、味噌にんにく青唐辛子入り(150円・かぜ予防に)というメニューが目に入る。これは効きそうだ。散々悩んだ挙句、漸くもやしと肉のピリ辛炒めと、味噌にんにく青唐辛子入りジャンボ餃子のハーフにご飯とみそ汁を注文する。season3では、よくウーロン茶を頼んでいたが、今回は水のみ。店内はひっ切に無しに客が来る。活気ある店内。と、漸く五郎の注文したごはんが来た!もやしと肉のピリ辛イタメはボリュームが凄い!もやしと肉に人参とニラも入っている。これで300円は立派、定食屋の鏡なり。炒め加減ももやしがシャっキシャキだ。ここにごはんがある幸せ、君がいるだけで。ついで味噌にんにくも食べる。ご飯に最強にあう!ごはん百杯はいけそう!風邪菌の付け入る隙なし。と、隣のおじさんが焼き鳥を頼んだので、ついつられて頼む。隣の焼鳥屋からの取り寄せメニューだ。ジャンボというよりぽっちゃりな餃子を食べていると、焼鳥が来る。最後はご飯の上に味噌にんにくともやしの残りを乗せ食べる。これぞどんぶり飯の醍醐味!良い飯だ。夏にモリモリ喰える幸福、他に何がいる?これでもう、夏風邪のつけ入る隙は無くなった。満足げに「ごちそうさま」と店を後にしようとする。と、隣の客がスパゲッティー田舎を注文する。思わず「え~、もっと早く」と言ってしまう。が、そのまま店の外へ。店の前で急にくしゃみをする五郎、「誰かが噂してるな?」。同時刻、大橋氏が帰宅した娘にグラサン五郎の怖さを吹聴してるとは、知る由もないのであった。

|

第96回全国高等学校野球選手権・埼玉大会

 夏の風物詩、全国高等学校野球選手権・埼玉大会の開会式が、大宮県営球場で開催された。156チーム(160校)7526人の夏が始まった!

|

歴史的大勝利!

 ワールドカップ準決勝で、ドイツがブラジルに7-1で圧倒的大勝利!
 先制はドイツ。圧巻は前半約7分の間にゴールラッシュで一挙に4点挙げ、前半終了時点で5-0。後半も試合をリードし2点追加。ブラジルは終了間際に1点返すのがやっと。

 さすが、世界に冠たる大独逸國!

|

大型台風8号接近!

 非常に強力な台風8号が、現在沖縄へ接近中!明日には沖縄へ最接近、直撃の可能性もあり。また、本州の梅雨前線が台風接近の影響で活発化、九州を中心に激しい雨が続いている。厳重なる警戒が必要だ。
 自然災害のデパートである我国にとって、国土強靭化は急務!大型補正予算(10兆円超!)を組んで、公共投資に回して欲しい。財源は国債刷って日銀(政府の子会社)に引き受けてもらえば良い。

|

司法書士試験

午後の部、第37問。株式会社から合同会社への組織変更の登記が出題されるとは、想定外だった。

|

あせも

 油断してたらあせもになってしまった。痛痒くてたまらない

|

兵庫名物泣き男!野々村竜太郎・兵庫県議

 兵庫県議の野々村竜太郎(47)が、政務活動費の不正疑惑で記者会見を行ったところ、途中で号泣!無様としか言いようがない。
 日帰り出張を繰り返し、年間300万円ほど政務活動費として計上していたらしいのだが、まったく疑惑に答えていない。お粗末すぎる!即刻議席を剥奪すべきだろう。

(こいつ、俺と同い年だよ。みっともない奴だ

|

「戦争の歯止め」?それより経済対策。

 集団的自衛権の行使容認は、グローバルスタンダードに沿うもの。むしろ、今まで認めてこなかったことこそが、天下の奇観であった。「戦争の歯止めが無くなる」との意見もあるようだが大丈夫。自衛権の要件に「相当性」ではなく「必要最小限」という文言がある限り、それが歯止めになってくれる。心配には及ばない。
 一方、太鼓ドンドン敲きながら「閣議決定反対!」と叫んでる人たちは、全く何の歯止めにもならない。この人たちの多くは、敲く太鼓のリズムが変われば、今度は「戦え!」と主張しかねない人たちなので信用ならない。戦前、朝日新聞記者だった尾崎秀美(ゾルゲ事件に連座、ソ連・コミンテルンのスパイ)のアジ記事に煽られて「暴支よう懲」と叫んでいた当時の大衆と大差ない。
 今後は、関連法の整備を粛々と進めつつ、将来的に日米安保条約を発展させ、オーストラリア等の「平和を愛する諸国民」と連携して、集団安全保障体制を構築する必要がある。が、それ以前に喫緊の課題として、経済対策を何とかして欲しい!総務省が発表した5月の家計調査の結果が前年比8%減と深刻な数字。日銀短観の6四半期ぶりの悪化より、こちらの方がより状況の悪化を懸念させる。消費増税の悪影響が5月も続いているのだ。これではデフレスパイラルへ逆戻りしてしまう。打開策は「前例がない規模」の超大型補正予算(最低でも10兆円超!)を組むよりない。デフレを助長する構造改革は全部先送りするべし!集団的自衛権に関して、今月中旬予算員会で集中審議するそうだが、まず補正予算を組んでからにして欲しい。

|

駆逐艦「雷」と海軍中佐工藤俊作

 テレビ東京の「ありえへん世界『世界と日本知られざる絆』スペシャル」を見た。太平洋戦争中、撃沈した敵艦の乗組員を救助した、駆逐艦雷(吹雪型駆逐艦23番艦、基準排水量1680t、全長118m、機関出力50,000馬力、速力38ノット)の艦長、工藤俊作海軍中佐(明治34年1月7日~昭和54年1月12日)のエピソードをやっていた。
 工藤駆逐艦長の偉業については、『敵兵を救助せよ!英国兵442名を救助した駆逐艦「雷」工藤艦長』(惠隆之介著、草思社)という本を読んで存じ上げていたので興味深かった(既に一度、フジテレビ『奇跡体験アンビリーバボー』で取り上げたそうだが未見)。再現ドラマは横須賀で、記念艦「三笠」と海自の護衛艦でロケを行ったようだ。あの護衛艦、ひょっとして「いかずち」(DD-107)だろうか?
 昭和17年3月1日のスラバヤ沖海戦で撃沈され、20時間も漂流していた英国駆逐艦「エンカウンター」(HMS Encounter)及び米国駆逐艦「ポープ」(USS Pope DD-225)の生存者442名を、海戦に参加した「雷」が発見、僚艦「電」と協力してこれを救助した。戦闘海域で停戦して救助活動を行う事は、極めて危険。蔚山沖海戦(明治37年8月14日)で、上村彦之丞中将(当時)が、ロシアの装甲巡洋艦リューリックの溺者627名を救助した前例はあったが、当時は強力な潜水艦も航空機も無かった。いつ敵潜や敵機に襲われるか分からない、しかも、相手は敵兵である。部下を危険に晒してまで救うべきか?しかし、決然と救助を命じた工藤中佐は誠に海の男の鏡である。その行動の背後には、海軍兵学校時代に訓えられた「惻隠の情」があったという。さすが、明治の男は立派なものだ!それに引きかえ今の俺達はどうだ?「戦争に巻き込まれるから、同盟国を援けるのは反対!」だって……恥ずかしい!

|

新しい朝、7月1日。

 今日から7月、一年の後半戦開始。そして、司法書士試験まで、あと6日。ここが胸突き八丁だ

|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »