« 「しまった!博多弁包囲網に掛かった」『孤独のグルメseason4』スペシャル 福岡県福岡市博多区中洲 | トップページ | 8月14日は、ファシズムに勝利した日? »

GDP速報値マイナス6.8%!「想定内」なんて言ってる場合じゃない。

 内閣府が13日に発表したGDP速報値、4~6月分で前期比1.7パーセントのマイナス、年率換算では実に6.8パーセントのマイナスと出た。97年4月の増税時(3%から5%へ)と比較すると、97年4~6月期でマイナス3.55%(年率換算)。前の増税時よりマイナス幅が大きい。この報を受けても安倍総理は「想定内」とおっしゃってるそうだが、本当にこれだけのマイナスを想定していたのだろうか?このまま失速状態が続けば、消費増税で増えた税収分など吹き飛ぶほど、全体の税収が減ってしまうのではないか?安倍総理、というより総理にあれこれ吹き込んだ財務官僚たちは、一体何を考えているんだ?本当にこれ程の落ち込みを想定していたのなら、増税しなければいいのに。
 今更税率を元に戻せば、さらに混乱するかもしれない。対策は大規模な補正予算を組み、政府主導で需要喚起を図るよりあるまい。防衛費と海上保安庁の予算増加と、公共投資(公共事業)が柱になる。気になる公共事業の入札不調と、建設業界全体の人手不足解消を図るため、労務単価を市場価格に合うよう引き上げるべきである。公共事業の労務費だけではない。診療報酬と介護報酬も、この際大幅に増やすべし!財源は国債刷って日銀に買わせればよい。消費税10%への引き上げは、無期延期だ!総理は内閣改造なんてやめて、すぐにでも大型補正予算を組んでくれ!戦後最大規模でだ!!

|

« 「しまった!博多弁包囲網に掛かった」『孤独のグルメseason4』スペシャル 福岡県福岡市博多区中洲 | トップページ | 8月14日は、ファシズムに勝利した日? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事