« 新造巡視船「たけとみ」「なぐら」、石垣海上保安部に配備。 | トップページ | ソフトバンク日本一。 »

セウォル号裁判

 セウォル号沈没事件で、船員たちの責任を問う裁判。今日、光州地裁で検察が求刑を行い結審した。判決は11月11日に出る予定。求刑は以下の通り。

アホの船長  死刑(殺人罪)
 他の幹部  無期懲役(殺人罪)

三等航海士 懲役30年(特定犯罪加重処罰法違反)
   操舵手 懲役30年(特定犯罪加重処罰法違反)

 他の船員  懲役20年(遺棄致死罪) 1名
         懲役15年(遺棄致死罪) 8名

 ちなみに、コスタ・コンコルディア号座礁事故(平成24年1月13日)で、責任を問われた船長にイタリア検察は 懲役2697年(!)を求刑したとか。内訳は、過失致死で15年、客船座礁で10年、これに乗客334人×8年で、合計2697年だそうな。ただ、その後続報が聞こえてこないので、どうなったかわからん。

|

« 新造巡視船「たけとみ」「なぐら」、石垣海上保安部に配備。 | トップページ | ソフトバンク日本一。 »

ニュース」カテゴリの記事