« 1月1日からこう変わる、「小規模宅地等の特例」 | トップページ | 仕事始め »

映画『FURY』を観てきた。

 一年の計は元旦にあり。

 今日は新宿ピカデリーで『FURY』という映画を観てきた。1100円で観られてラッキーだった。
 内容は第二次大戦下のヨーロッパ戦線、砲身に「FURY」(激しい怒りの意)と書かれた戦車(M4A3シャーマン戦車)に乗る5人の男たちの闘いぶりを描いたもの。感想はというと、とにかく、グチャグチャどろどろ!爽快感は一切ない。圧倒的物量を誇る米軍にとっても、戦争は鼻歌交じりではないという実情が、痛切に描かれている。見て損はない作品だと思った。ブラットピット演じる戦車長殿が渋すぎ。

(どうでもいい話だが、去年『永遠のゼロ』という映画がヒットした時、井筒という映画監督がめちゃくちゃその映画を貶していた。実話に基づかない作り話だから気に入らないという理由だった。同業者にケンカ売ってるとしか思えない発言だった。当人はドキュメンタリー映画を専門に撮ってるわけでもないのにね。井筒監督がこの映画を観たら、やっぱり「作り話だ!」と怒るのだろうか?ほんとに、どうでもいい話だわ)

|

« 1月1日からこう変わる、「小規模宅地等の特例」 | トップページ | 仕事始め »

映画・テレビ」カテゴリの記事