« 生死を分けたもの | トップページ | AFP資格更新 »

後藤さんの即時無条件の解放と、湯川さん殺害犯の引き渡しを要求する。

 ISILによる日本人人質事件は、いよいよ緊迫の度合いを増しています。
 国内では、湯川さんと後藤さんの自己責任を厳しく指摘する声が出ています。一方、政府の対応を批判する声も出てきています。
 もとより、二人の行動に軽率な所がなかったとは思えません。湯川さんを助けようとして自分も捕まってしまった後藤さんは、いくら義侠心に基ずく行動であったとしても、無謀の誹りは免れないかもしれません。一方、政府の対応も、瑕疵が無いとは思えません。どちらもしっかり検証する必要がありましょう。
 しかし、「今」、被害者の責任を問うたり、政府を批判して、難しい交渉中の安倍総理の足を引っ張るべきではない。本当の敵は誰かを、忘れてはいけません。糾弾すべきは非道なテロ集団です。国内で責任追及するのは後でもいい、まずISILに後藤さんの即時無条件の解放と、湯川さん殺害犯の引き渡しを、声を大にして訴えるのが先決であると思います。
 もちろん、テロリストが要求を飲むことはないでしょう。現実の落としどころは、人質解放交渉のプロが知恵を絞って考えるべきことです。ただ、日本ができることはとても少ない。身代金を払うのは論外、交換材料となる重要人物の身柄を、日本が確保しているわけでもない。声をあげることぐらいしか、できることはない状態です。しかし、だからこそ、今できることをする必要があります。日本人一丸となって、後藤さん解放と犯人引き渡しを要求することで、日本人はテロに屈しないことと、本気で怒っていることを示し、テロリストに付け入るスキを与えないことが大切だと思います。
 
 

|

« 生死を分けたもの | トップページ | AFP資格更新 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事