« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2月も終わり

今日で2月も終わり。明日から3月である。平成26年度も、あと1か月である。

|

昭和11年2月26日

 今日は何の日か?言わずと知れた「二・二六事件」のあった日である。そう言えば、確か故・高倉健さんの主演映画に、この事件を扱ったものがあったような記憶がある。タイトルはなんだったけ?

|

債権の「短期消滅時効」は、5年に統一か?

 報道によれば、法制審議会により答申された民法改正要綱において、これまで業種ごとに異なっていた債権の短期消滅時効制度(民法169条~174条)を廃止し、原則5年にするらしい。そのほうが、憶えるのは楽か。

|

世界の街道をゆく

 テレビ朝日系『世界の街道をゆく』。ナレーターを務めていた坂東三津五郎さんが死去。27日放送分まで、三津五郎さんのナレーションのまま行くそうです。後任は、誰だろうか?

|

琉球新報が電子号外。与那国島の住民投票で、自衛隊誘致賛成派が多数。

 本日行われた与那国島の住民投票で、自衛隊誘致賛成派が多数と、『琉球新報』が電子号外で報じている。賛成632票、反対445票だそうだ。
 有権者数は1284人で、うち中学生が41人、永住外国人5人が含まれるという。単純計算すると、投票率は83.88%。無効票が何票か不明だが、それを計算に入れると、投票率はもっと上がりそうだ。
 住民投票に法的拘束力はないが、日本の平和のためには喜ばしい。

琉球新報の号外記事はこちら→http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-239302-storytopic-1.html

|

国税還付金振込通知書

 もう、還付金の手続きが。
 e-Taxは、早くていいね

|

空前の快挙!(怪挙?)ギバちゃん驚異の3連勝!!

 日本テレビの人気番組『ぐるぐるナインティナイン』の名物シリーズ「ゴチになります」で、新メンバーのギバちゃんこと柳葉敏郎氏(54)が、デビューから3戦連続勝利の偉業を達成した。しかもニアピン賞付である。ビリは江角マキコさん。実に30戦ぶりのビリだという。

|

2月22日は「竹島の日」

 来る2月22日は「竹島の日」である(同時に、にゃんにゃんにゃんで「猫の日」でもある)。
 明治38年の2月22日に、竹島が島根県に編入されたことにちなむ。今年は110年目に当たる節目の年である。1日も早い同島の奪還が望まれる。もちろん、北方四島もだ

|

二月の後半に向けて

 二月は逃げる。もう半分終わって後半戦突入だ。あと二週間忙しい。頑張っていこう

|

東京都渋谷区、三月区議会。

 東京都の渋谷区で、同性愛者のカップルに「結婚相当と認める」証明書を区が出すという条例案が、三月区議会に提出されるという。正気の沙汰とは、思えない。
 言うまでもないことだが、同性愛は自然の摂理に反する恥ずべき愚行である。行政がそれにお墨付きを与えるなんて、あってはならないことだ。渋谷区議の良識が問われている。しかし、一体誰がそんな戯けた条例案を出したのだろう?

|

チーズ星人15周年

 先日、コンビニでカップ麺のコーナーを見て驚いた!日清食品の製品に、懐かしのチーズ星人の姿が。かって一世を風靡したチーズ星人のまさかの復活にも驚いたが、あれから15年という時の流れの速さには、もっと驚かされた。俺も年を取るわけだ。
 ところで、ガーリック星人は復活するのだろうか?

|

梅の花

 今日は建国記念日。穏やかな休日だった。昼過ぎに買い物に出かけたら、近所の梅の木に花が咲いていた。もう、春はそこまで来てるのだな。

|

復活の「F」

フリーザのさらなる進化とは?

① 鼻毛が伸びる。
② 「ハ~ヒフ~へホ~」と口走る。
③ 超号泣。
④ 徐々に奇妙な感じになった。
⑤ フルネームに「D」が隠れていた。
⑥ 八代目「火影」襲名。

|

雪は降る……でも、積もらない。

 雪は降ったが、積もらなかった。積もらなくてよかった。もっとも、明日の朝どうなってるかわからないが

|

立春

 気が付けば、ずいぶん日が長くなってきたな。ついこの間まで、午後5時を過ぎたら真っ暗になっていたのに、今は結構明るい。季節は確実に巡っているな

|

確定申告

 本日無事確定申告送信完了。
 いつもは1月中には送信してるのだが、今年は2月にずれ込んでしまった。しかし、終わってほっとした

|

「テロリストを絶対に許さない」

 早朝、凶報に叩き起こされた。後藤さんがISILのテロリストの殺害されたという。テロリストが公開した映像以外情報がないため、確証はえられないが、殺害は事実らしい。酷い、酷すぎる!本人の絶望とご家族及び関係者の心情を思うと、言葉もない。
 それにしても、日本に対するカードとして、もう少し生かしておくのではないかと考えていたのだが、こうも簡単に殺してしまうとは。奴ら、もともとまともに交渉する気などなかったのかもしれない。湯川さんも含め、ただ残忍に殺してその映像を流すことが、目的の第一であったのではないかと思えてくる。
 しかし、人質が二人ともなくなった上、今後も日本人を殺すと、ご丁寧に犯行予告までしている以上、日本がISILを空爆することを躊躇う理由は無くなった。いやむしろ、一刻も早くISILを全滅させなければならない。事態は殺すか殺されるか、先に倒した方が勝ちという状況になってしまった以上、もう躊躇はできない。そのためには、あらゆる手段を用いる必要がある。新テロ対策措置法を制定するか、自衛隊法を全面改正してネガティブリスト方式へ転換するなど必要な法整備を、今国会中に行うべきだ。国内に潜入してるISILシンパやイスラムテロ予備軍の動向にも、最大限の注意が必要だ。

|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »