« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

4月30日

今日は4月30日。4月も今日で終わりである。もう、1年の3分の1が終わりだ。早い、早すぎる!

|

AIIBは、中共の赤字国債?!

 軍学者・兵頭二十八氏のブログ「兵頭二十八の放送形式」に、AIIB(アジアインフラ投資銀行)に関する論考が掲載されていた。AIIBに関するこれほど秀逸な論考は、他に無いといえる。

 『AIIBは、中共「大失業」を前にした「赤字国債の」代用品である』
詳しい記事はこちら→http://sorceress.raindrop.jp/blog/2015/04/#a001477

 論旨をまとめると、「AIIBは、赤字国債を発行することも、紙幣を大増刷して人民元の信用を棄損するわけにもいかぬ中共が、手っ取り早く海外から金(外貨)を集めるための集金装置にすぎず、国をあげて乞食になり下がろうとするものだ」ということ。いやはや、こんなものに関わってはいかんな。現状、日本政府の慎重な態度は正解だ。日本はアジア開発銀行(ADB)を、もっと使いかっての良い制度にするよう整備を進めることと、ODAの二本立てでいけばいいだろう。乞食に恵んでやる金は無い。

|

二審は殺人罪で無期懲役。セウォル号船長。

 韓国セウォル号沈没事故で、光州高裁は同号船長を殺人罪で無期懲役としたそうな。地裁では殺人罪は適用せず、懲役36年だった。

|

夏日

今日は暑かった。北海道の帯広では、最高気温が30度以上とか。沖縄より北海道のほうが暑いとは、驚きだ

|

桜前線

昨日、道南の函館で桜開花。ついに桜前線は北海道上陸だそうな

|

世界堂

 所用で朝一で新宿へ。用事を済ませた後、世界堂で画材をまとめ買いしようと思ったのだが、欲しかった用具が一つ見つからない。世界堂に置いてないとは……。

|

訃報、愛川欣也さん急逝。

 俳優として、声優(ニャンコ先生役)として、そして番組司会者として活躍された、愛川欣也さんが急逝されたそうです。長寿番組『出没!アド街ック天国』の司会を1000回勤め上げたばかり。ご冥福、お祈りします

|

セウォル号事故から1年。ところで、アシアナ機の機長は誰で、今どこに居る?

 韓国の客船セウォル号が沈没してはや1年。多数の犠牲者が出た、痛ましい事故でした。まだ行方不明者が数名いるほか、事故の詳しい経緯や原因に関しても、いまだ不明な点が多いという。事故はまだ、全然終わってないといえましょう。
 この事故(というか事件)では、船長以下の船員が真っ先に逃げ出して批判を浴びています。ところで、先日起きた広島空港のアシアナ機の機長に関して、今のところ詳しい報道が無いように思われます。事故調か広島県警を通して、機長のコメントなり供述なり、何か出てくると思ったら、今のところニュースに出てこない。一体機長はどんな人物なのか、当局はきちんと身柄を確保してるのだろうか?まさか、セウォル号の船長みたいに、さっさと逃げ出したのではあるまいな?逃げるといえば、朴大統領は今日から外遊へ出るようだが、追悼式への出席は微妙だとか。セウォル号の遺族から逃げるのだろうか。

|

今日は何の日?「第六潜水艇沈没」明治四十三年四月十五日。

 今日は言わずと知れた、第六潜水艇沈没事故の日(明治43年、1910年4月15日)である。佐久間艇長の遺言や、最後まで職分を全うして絶命した乗組員たちの姿。わざわざ説明するまでもないだろう。
 その2年後の明治45年4月15日は、タイタニック号の沈没事故。明日4月16日は、韓国セウォル号沈没から1年である。なぜか、沈没事故がかさなるな。

|

不穏な天気

 今日は久々に朝から晴れ。朝、太陽を拝むのはずいぶん久しぶりな感じだ。
 しかし、晴れてるのは午前中だけで、午後は大気が不安定になって、雷雨やら雹やら竜巻やらあるとかないとか。困ったもんだ

|

闇夜に烏、雪に猫(白猫限定)

 北村一輝演じる顔の怖い剣客・班目久太郎と、白猫の玉之丞が織りなす異色時代劇『猫侍』が、SEASON2になって帰ってきた。仕官の口を求め、江戸に舞い戻った久太郎。しかし、長屋の部屋は大量の野良猫が居ついてなぜか猫屋敷に!今後の展開や如何に?乞うご期待!!
『猫侍Season2』→http://nekozamurai.info/

|

江ノ島がモン・サン=ミッシェル?

 本日の『アド街ック天国』(テレビ東京)は、江の島とその周辺。番組中、「江ノ島は日本のモンサンミッシェル」という珍説が披露された。
 江の島とモンサンミッシェルの共通点として、
① 島と陸地が砂州で繋がるトンボロ現象(Tombolo 陸繋砂州)。
② 洞窟を掘って作られた寺院、中に竜のオブジェがある。
だそうなんですが……なんだかぴんとこない。
江ノ島は、江ノ島だよ。

|

今日は何の日?「タイタニック号、処女航海へ出航」1912年4月10日

 1912年(明治45年)の今日、当時世界最大の豪華客船であったタイタニック号(Titanic)は、エドワード・j・スミス船長指揮の下、英国サウサンプトン(Southampton)を出航、米国ニューヨーク(New York)を目指す最初の航海へ出た。
 しかし、14日深夜、ニューファンドランド島(Newfoundland 当時、英連邦下の独立領。後、カナダへ編入)沖にて氷山と接触、浸水。翌15日02:20頃、船体は真っ二つに折れて沈没。犠牲者1513人、最初の航海が最後の航海になってしまった。残念!

|

予見可能性がカギ。親の監督責任を巡る最高裁判決。

 11歳少年(当時)が、学校でサッカーのボールをけり、そのボールが校外に飛び出したところ、たまたまバイクで通りかかった85歳男性(当時)がよけようとして転倒、そのまま寝たきり状態になり、その後肺炎で死亡した件で、男性の遺族が少年の両親に賠償請求した裁判。1審2審では両親の監督責任を認め賠償を命じていたのだが、今日最高裁第1小法廷は請求を却下する決定を下した。(4人全員一致)
 「通常、危険とは見られない行為で損害を生じさせた場合、結果を具体的に予見できたなども事情が無い限り、監督責任を怠ったとは言えない」というのが判旨。これまで、被害者救済を重視して監督責任を広くとらえる傾向があったのだが、今回最高裁は「予見可能性」という一定の歯止めをかける判断を示した。今後、子供に対する親の監督責任だけでなく、認知症の老親に対する看護・監督責任等を巡る裁判等にも影響がありそうだ。

|

桜に雪。

 今朝は雨。時折みぞれが混じっていたら、一時完全に雪になった。短時間で雨に戻ったが、まだ散り残っていた桜に雪が降り積もるという風流な姿を見ることができた。眼福眼福

|

巡視船「あきつしま」、御召艦の栄に浴す。

 パラオ共和国に行幸される天皇陛下、皇后陛下の宿泊のために、海上保安庁の大型ヘリコプター搭載巡視船「あきつしま」が用いられる。激戦の地ペリリュー島への慰霊に訪れる両陛下のため、搭載するユーロヘリコプターEC225LPが活用されるという。
 しきしま型巡視船2番船として、平成25年11月28日に就役した「あきつしま」は、全長150メートル、総トン数7175t(基準排水量6500t)、武装はボフォース40ミリ単装機関砲2基2門、20ミリ6銃身機関砲2基。今回、御召艦の栄に浴すこととなった。いや、巡視船だから「御座船」と称すべきかな。
Akitsushima


海上保安庁のホームページより掲載

|

今日は何の日?「戦艦大和撃沈」昭和二十年4月7日

 今から70年前の今日、沖縄へ向け航行中の戦艦大和(基準排水量64000トン、全長263メートル、主砲46サンチ三連装砲塔3基9門)はアメリカ海軍の艦上機の大群に空襲され、数次にわたるは激しい対空戦闘ののち、14:33ごろ九州坊ノ岬沖に沈没した(北緯30度43分、東経128度3分付近)。
 前日の16:00、内海西部・徳山沖を抜錨。第2水雷戦隊の軽巡洋艦・矢矧、駆逐艦・朝潮・磯風・霞・凉月・初霜・浜風・冬月・雪風と共に第1遊撃隊を編成、米軍が上陸を開始した沖縄へ向け出撃した。しかし、その動きは米軍に察知され、正規空母8隻、軽空母6隻を擁する米海軍第58任務群(TF58)が、手薬煉引いて待ち構えていた。いかに不沈戦艦といえど衆寡敵せず。魚雷10本以上、爆弾3~6発の直撃(日本側の記録。米側報告では、魚雷33~35本爆弾38発命中という)を受け、ついに力尽きた。随伴艦の矢矧、朝潮、磯風、霞、浜風も前後して撃沈された。戦死3722名、負傷459名。うち、大和乗組員は戦死2740名、負傷117名という。

|

怪奇月食

生憎の曇りで皆既月食は見ることできず。残念

|

花に嵐

 今日は風の強い一日だった。すでに満開の桜は、風になぶられ散るばかり。きれいな花びらも、散ってしまえばゴミである。嗚呼、諸行無常

|

氷山と衝突か?ロシア大型トロール船沈没。

 2日未明、オホーツク海北方・マガダン沖で発生した、ロシア大型トロール船『ダリニーボストーク号』(5700総トン、132人乗り)沈没事故は、死者56名、依然10名以上が行方不明。現場海域の水温は極低温で、行方不明者の生存は絶望的らしい。
 沈没原因として、氷山との衝突との説がある一方、無理な操業・操船が原因ではないかとも。

|

金の無い奴ぁ俺んとこへ来い!俺も無いから貸してくれ!!

 AIIB45(※)のデビュー曲。

 対外純資産がマイナスの中共に群がって、何のメリットがあるんだ?

(※3月31日現在の、参加表明国・地域の数)

|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »