« またも1点差。日本女子サッカーチーム、オーストラリア撃破。 | トップページ | 今日は何の日?「長篠の戦」(天正三年・1575年6月29日) »

駅長から大明神?! 「たま駅長」の社葬、しめやかに。

 和歌山電鐵・貴志川線の生ける招き猫だった、故「たま駅長」の社葬が、長らく駅長を務めた貴志駅で行われたという。

以下は、時事通信の配信記事から引用。

和歌山電鉄は28日、ネコの駅長として人気を集め、22日に16歳で死んだ貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)の「たま」をしのぶ社葬を同駅で開いた。関係者やファンら約3000人が駆け付け、「招き猫」として乗客の増加に貢献した功績に感謝した。
 小嶋光信社長は「鉄道だけでなく、多くの人に喜びや幸せを与えてくれた。たまちゃんの精神はずっと生き続けるので、一緒に頑張りたい」と弔辞を述べ、「名誉永久駅長」の辞令を交付した。社葬には和歌山県の仁坂吉伸知事や和歌山市の尾花正啓市長も参加した。
 献花台にたまへの手紙を供えた同市の奥野柊斗君(5)は「『たまちゃん長生きしてくれてありがとう』と書きました」と話した。同電鉄によると、8月11日にたまを「大明神」として同駅内の神社に祭る予定という。 

以上、引用終わり。

 廃線の危機にあった貴志川線を救い、和歌山県の知名度アップにも貢献した「たま駅長」。県知事や和歌山市長が参列したのも、無理からぬところか。
 しかし、和歌山電鐵にとっては、たま様様だが、「大明神」として祀るというのは如何なものか?たしか「大明神」って、正一位とか従一位という高い神格に許される神号ではなかったか。勝手に名乗っちゃっていいものなのか、それとも神社本庁あたりから、認可を得るのだろうか?

|

« またも1点差。日本女子サッカーチーム、オーストラリア撃破。 | トップページ | 今日は何の日?「長篠の戦」(天正三年・1575年6月29日) »

ニュース」カテゴリの記事