« タリバン幹部が辞任?! | トップページ | 70年の不作為。 »

三笠の軍艦旗

 戦艦「三笠」の軍艦旗が米国で発見され、近く日本に返還されるという。

以下は、産経ニュースの記事より引用。
 

日露戦争の日本海海戦で1905(明治38)年、バルチック艦隊を破った連合艦隊の旗艦として活躍した戦艦「三笠」で使われていたとみられる軍艦旗が、米国で見つかり、近く日本側に返還されることが4日、分かった。米ワシントン州の地元紙「コロンビアン」(電子版)が同日までに報じた。

 旗は元海兵隊員(92)が太平洋戦争の終戦後、船内から持ち帰った旭日旗で、大きさは縦約3メートル、横約5メートルという。

 三笠は退役後、神奈川県横須賀市内で保存されており、報道によると、元海兵隊員の依頼を受け、退役軍人を支援する米国の団体が、船の管理に当たっている「三笠保存会」に返す予定。

 三笠には、日露戦争で司令長官だった東郷平八郎が乗り込んで指揮。司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」の主人公の一人となった海軍軍人の秋山真之が乗艦していたことでも知られる。


以上、引用終わり。

 保存状態が気になります。

Htogo
(東城鉦太郎画伯:三笠艦橋の図 記念艦「三笠」公式HPより転載)


|

« タリバン幹部が辞任?! | トップページ | 70年の不作為。 »

ニュース」カテゴリの記事