« 今日は何の日?「占守島の戦い」昭和20年8月18日。 | トップページ | 東京勢全滅! »

「それを言っちゃあ、おしまいよ」

 映画監督の山田洋二氏が、安保関連法案の審議に対してコメントしている。

以下は、東京新聞(web)からの引用。

 「男はつらいよ」などの映画製作を通じて戦後日本を見つめ続ける山田洋次監督(83)が十五日、名古屋市内で本紙のインタビューに答え、政府・与党が成立に強い意欲を見せる安全保障関連法案に「いざとなっても戦わないのが、この国のあり方だ」と反対した。 


 山田監督は幼少期を旧満州(中国東北部)で過ごし、十三歳で終戦。中国では日本人が中国人を差別する姿を何度も見た。十四日に安倍晋三首相が発表した戦後七十年談話については、自らの経験を踏まえて「日本人が中国や韓国の人たちにどれだけひどいことをしてきたのかという思いが込められていない。なぜもっと素直に謝罪できないのかな」と感想を述べた。


 安保関連法案の成立を推し進めようとしている政府・与党の姿勢には「なぜ米国の戦争をお手伝いするための法律を一生懸命作らなきゃならないのか」と疑問を呈し、「法案は『何かあったら戦う』となっているが、『いざとなっても戦わない』というのがこの国のあり方」と話した。


 山田監督は多くの憲法学者が法案に反対していることを前提に、代表作の主人公になぞらえて「寅(とら)さんは面倒な問題を考えるために学者や賢い人がいて、そういう人たちの考えに耳を傾けなきゃいけないことをよく知っている」と発言。国会での慎重な議論を求めた。

以上、引用終わり。
 
 山田監督には山田監督のご意見がありましょう。ただ、もし、さくらさんや、おいちゃん、おばちゃん、タコ社長に御前様、愛する葛飾柴又のみんなに危機が迫ったら、相手がどんな奴でも寅さんは一歩も引かず戦うだろう。たとえ力及ばずとも決してあきらめないし、「いざとなっても戦わない」なんて、そんな恥ずかしいこと口が裂けても言わないだろう。

元記事全文→http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015081702000054.html

|

« 今日は何の日?「占守島の戦い」昭和20年8月18日。 | トップページ | 東京勢全滅! »

映画・テレビ」カテゴリの記事