« 今日は何の日?「ソ連が日ソ不可侵条約を破り侵攻開始!」昭和20年8月9日 | トップページ | いよいよ本日第4試合 »

核攻撃から日本人を守る5つ(?)の方策

 産経WEBのオピニオンサイト「iRONNA」において、軍学者の兵頭二十八氏が、『核攻撃から日本人を守る5つの方策』という興味深い記事を寄稿されている。前置き部分がかなり長い(米国作家、エドガー・アラン・ポーのファンは必読!)のだが、後半部分で核攻撃に対する対策を列記されている。そこだけ抜粋させて頂くと、

「一瞬にして万単位の火傷患者が発生した際の、大量救急処置技法」を全国すみずみまで普及

「全国の都市をリニア状に再開発する」

「浦賀水道の下に《もう一本の東京湾横断トンネル》を設ける」

「北海道の第7師団を解隊し、静岡県御殿場市の富士裾野演習場内に、東京や大阪が核攻撃された場合にかけつけられる、放射線災害緊急展開部隊として再編する」
 
「山林を豊饒化しておく」

「フィリピンに対して機雷敷設戦力を大量に無償供与する」

「儒教圏からの捏造歴史宣伝に対しては、主として英文による世界規模の十二分の反論を、即時的・反復的・常続的に実施する」

となる。あれ、「5つ」じゃなくて「7つ」の方策では?

全文はこちら→http://ironna.jp/article/1788

|

« 今日は何の日?「ソ連が日ソ不可侵条約を破り侵攻開始!」昭和20年8月9日 | トップページ | いよいよ本日第4試合 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事