« アラスカ沖にシナ軍艦5隻。北極海航路へのにらみか? | トップページ | 台風18号、急速接近中! »

シナ最大の巡視船「海警2901」

 読売ONLINEの報道によると、シナ海警局の新造巡視船で、最大級の大型船「海警2901」が、沖縄県・尖閣諸島を睨む基地に配備されたらしい。

以下、記事より引用。
 

【舟山(中国浙江省)=鈴木隆弘】中国最大の巡視船「海警2901」が、浙江省舟山の中国海警局の港湾に係留されていることが5日、分かった。

 8月末に東シナ海を管轄する同局東海分局に配属された模様だ。沖縄県・尖閣諸島周辺に長期航行が可能な大型船を航行させ、「主権」を誇示する狙いとみられる。

 「海警2901」は、中国が初めて建造した排水量1万トン級の巡視船。中国メディアによると、口径76ミリの機関砲を船の前部に据え付け、口径30ミリの機関砲も左右に1基ずつ備える。ヘリコプターの発着が可能で、今後、船員の訓練を経て運用を始めるとみられる。

 中国海警局が同省温州に建設を計画する新基地には、尖閣諸島周辺に公船を送り込むため、1万トン級の停泊スペースが設置されるとの情報がある。1万トン級はほかにも建造が進められ、南シナ海にも投入される見通しだ。

 以上、引用終わり。
http://www.yomiuri.co.jp/world/20150905-OYT1T50100.html?from=ytop_ylist
 「海警2901」に関しては、情報が少ない。ウィキペディアの記事によれば、全長:約150m、幅:約19m、総トン数:約12000㌧、速力:25ノット、武装:76ミリ砲×1、37ミリ連装砲×2、14.5ミリ連装機銃×2、ヘリコプター2機搭載となっているが、いずれも推定である。公開された写真を見ると、ややずんぐりした船型で、船橋は大型。ずんぐりした船型は、長期間安定して哨戒活動を行うため。大型の船橋は、充実した指揮通信能力を持つためかと思われます。これまで尖閣付近で航行が確認されたシナ海警局の公船は、外観からは武装らしいものは見られませんでしたが、「海警2901」はかなりの重武装です。それまで、世界最大の巡視船だった我が国の「しきしま」型巡視船(総トン数:7175トン)を抜き、世界最大の巡視船です。
Plh32_akitsushima
 画像は「しきしま」型巡視船2番船「あきつしま」(PLH32)。海上保安庁のHPより転載させていただきました。

|

« アラスカ沖にシナ軍艦5隻。北極海航路へのにらみか? | トップページ | 台風18号、急速接近中! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事