« シドラ湾事件の再現?!米国、南シナ海へ艦艇派遣。 | トップページ | 完全燃焼。読売巨人軍・原監督、勇退。後任に高橋由伸選手? »

オール沖縄の終焉。翁長沖縄県知事、宜野湾市民(普天間住民)に「生存権侵害」で提訴される。

 「オール沖縄」という虚構に、終止符が打たれる時が来た。

以下は、時事通信の記事より引用。
 

沖縄県の翁長雄志知事による米軍普天間飛行場移設先とされる名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認取り消しは、基地を固定化し人格的生存権侵害の永続化を招くとして、普天間飛行場がある宜野湾市民12人が20日、知事と県を相手に、取り消しの無効確認と総額1億2000万円の損害賠償を求め、那覇地裁に提訴した。
 原告らは訴状で、翁長知事が取り消しの根拠とした埋め立て承認の法的瑕疵(かし)について、「存する余地はない」と指摘。「個人的な政治的パフォーマンスが目的で、知事権限の乱用だ」と主張した。
 町田優沖縄県知事公室長の話 コメントは控える。訴状の内容を確認したい。 
以上、引用終わり。

 沖縄保守本流でありながら、共産党や社民党の選挙協力を「オール沖縄」と称して、保守層が推す現職の仲井真知事(当時)を破って沖縄県知事になりおおせた翁長氏が、ついに訴えられた。さて、どうする?自分の頭にたかるハエを追い払うのに忙しくて、政府にケンカ売る余裕は無くなるのでは?(それにしても、ユニークな髪型だな)

|

« シドラ湾事件の再現?!米国、南シナ海へ艦艇派遣。 | トップページ | 完全燃焼。読売巨人軍・原監督、勇退。後任に高橋由伸選手? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事