« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

優勝おめでとう!

 U23サッカーアジア大会。先ほど録画を観たのだが、いや感動した!優勝おめでとう、選手たち!
 前半、今大会初めて先制点を許しそのまま前半終了。後半開始直後に追加点を許すも、後半21分にMF矢島慎也選手のアシストで途中出場のFW浅野琢磨選手がゴールして反撃開始!直後の23分に今度は矢島選手が同点ゴール。そして36分、またも浅野選手がゴールを決め逆転!3-2で勝利した。めでたしめでたし!この調子で、リオ五輪でも大活躍してほしい

|

第9航空団発足。(沖縄県・那覇)

Pic15

 沖縄県那覇市の航空自衛隊那覇基地において、要撃戦闘機部隊である第9航空団が発足した。それまでの83航空隊からの改編で、従来の第204飛行隊に加え、築城基地から移動してきた第304飛行隊が展開を終えたことで、2個飛行隊、F-15戦闘機40機以上を擁する大部隊となった。
 F-15戦闘機40機体制に加え、那覇基地には第603飛行隊のE-2Cも展開している。沖縄の空の守りは固い!しかし、まだまだ不足している部分や、改良すべき点も多い。基地が那覇のみでは不安であるから、できれば下地島(宮古市)の下地島空港を官民両用の基地として使用したい。下地島の方が、尖閣諸島に近いし、八重山諸島全体の防衛力を強化できる。603飛のE-2Cは、新型のE-2Dに更新したいし、602飛行隊(浜松)のAWACSを増勢して、何機か南西諸島へ回してほしい。
 いずれにせよ、沖縄は日本防衛の要石であり、東アジアの安全保障全体にも影響力がある。航空自衛隊のみではなく、陸上自衛隊(与那国島への監視部隊新設、宮古島への対艦ミサイル特科部隊の展開等)及び海上自衛隊(練習艦隊の石垣島への寄港等)においても、沖縄防衛、特に離島の防衛力の強化を望む。

(上記画像は、第9航空団のエンブレム。航空自衛隊那覇基地の公式サイトより、転載させていただきました)


Img01


Img01_1

(F-15戦闘機と、E-2C警戒機。航空自衛隊の公式サイトより、転載させていただきました)

|

米ミサイル駆逐艦カーティス・ウィルバー、パラセル諸島でFON実施。

300pxddg54curtiswilbur
 
 米国のミサイル駆逐艦、カーティス・ウィルバー(USS Curtis Wilbur DDG-54 上記画像)が、パラセル諸島のトリトン島の沖12カイリ以内を、事前通告なしで航行したという。「航行の自由作戦」(FON)の一環だという。
 米国は昨年10月27日に、スプラトリー諸島のスービ礁の沖でも、FONを実施している。今回は、パラセル諸島にも行動範囲を広げた形である。当然ながら、今回もシナ海軍は指一本出すことはできなかった。彼我の戦力差や能力、練度を考えれば、当然である。連中に、第三次世界大戦の引き金を引く度胸は無い。しかし、「無害航行」はいただけない。無害航行では、「領海内」と認めたも同然だからだ。

(※上記画像は、カーティス・ウィルバー。ウィキペディアの記事から、転載させていただきました)


|

破壊措置命令(自衛隊法八十二条の三)

 昨夜のテレビ東京「ワールドビジネスサテライトWBSによれば、中谷防衛大臣が北朝鮮の長距離ミサイル発射実験実施の兆候にたいして、自衛隊法に基ずく「破壊措置命令」を出したと伝えている。テレビ東京の、独自取材だそうだ。
以下は、テレビ東京WBSから引用。
 

 北朝鮮が、長距離弾道ミサイルの発射準備の兆候を見せていることを受けて、中谷防衛大臣はきょう、自衛隊に対し、ミサイルの迎撃を可能にする破壊措置命令を出したことが、テレビ東京の取材で分かりました。この影響で、今週末に予定していた中谷防衛大臣の沖縄訪問は中止になったということです。北朝鮮が、6日に強行した核実験に続き、ミサイル発射の準備を進めていると見られる背景には、国連安全保障理事会での制裁強化に向けた議論をけん制する狙いがあるものと見られ、日本政府は、アメリカや韓国と連携して警戒を強めています。

以上引用終わり。(※「きょう」とは、28日のこと)
詳しくはこちら(画像アリ)http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/news/post_105260

≪自衛隊法≫http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S29/S29HO165.html

 (弾道ミサイル等に対する破壊措置)
第八十二条の三 防衛大臣は、弾道ミサイル等(弾道ミサイルその他その落下により人命又は財産に対する重大な被害が生じると認められる物体であって航空機以外のものをいう。以下同じ。)が我が国に飛来するおそれがあり、その落下による我が国領域又は公海(海洋法に関する国際連合条約に規定する排他的経済水域含む。)の上空において破壊する措置をとるべき旨を命じることができる。
(第2項~5項 省略)

 (特別の部隊の編成)
第二十二条 (第1項 省略)
2項 防衛大臣は( 中略 )第八十二条の三第一項の規定による弾道ミサイル等に対する破壊措置( 中略 )により必要がある場合には、特別の部隊を臨時に編成し、又は所要の部隊を隷属する指揮官以外の指揮官の一部指揮下に置くことができる。

|

甘利さん、大臣辞めるってよ。

 TPP交渉のキーマンである甘利大臣が辞任(後任は、石原伸晃氏)。これで、TPPが御破算になるなら結構だが、残念ながらそれは無いだろう。
 TPPが完全に発効すれば、我々士業者は最悪米国の弁護士(海千山千の銭ゲバども)に仕事を全部奪われてしまうかもしれない。それで反対しているのだが、大臣交代で交渉が加速したら目も当てられない!

|

「尖閣は守る!」米国太平洋軍司令官が、明言。

 太平洋地域を担当する米国太平洋軍(Unitede States Pacific Command: USPACOM 司令部:ハワイ・ホノルル)の司令官が、講演で「尖閣諸島は守る」と明言したという。

 以下は、読売オンラインからの引用
 

【ワシントン=大木聖馬】米太平洋軍のハリー・ハリス司令官は27日、ワシントン市内で講演し、中国が滑走路の運用テストを実施した南シナ海・スプラトリー(南沙)諸島の人工島について、「明らかに軍事化されており、相当数の軍事力を支援できるようだ」と述べ、中国が軍事拠点化を進めているとの認識を示した。


 米海軍が昨年10月、中国の人工島の12カイリ内で実施したイージス駆逐艦による巡視活動については「航行の自由は米国にとって重要で、今後も実施する」と語った。

 ハリス氏は南シナ海での岩礁埋め立てについて、領有権を主張するフィリピン、ベトナムなど4か国が過去40年間で計約200エーカー(約0・8平方キロ)を埋め立てたのに対し、中国の埋め立ては「この約2年間で3000エーカー(約12・1平方キロ)」と指摘。「中国の行動は挑発的だ」と批判した。

 一方で、中国の船舶が領海侵入を繰り返している沖縄県・尖閣諸島にも触れ、「中国に攻撃されれば、我々は尖閣を明確に守る」と明言した。


以上、引用終わり。http://www.yomiuri.co.jp/world/20160128-OYT1T50103.html?from=ytop_main5

 米国太平洋軍司令官の、ハリー・B・ハリス・ジュニア(Herry Binkley Harris Jr. 1956年生まれ)は、母親が日本人で、日系人初の米海軍大将となったという経歴の持ち主。太平洋域に展開する、陸・海・空・海兵四軍を指揮する太平洋軍司令官職に、昨年5月29日から就いている。
 つい先日も、沖縄県尖閣諸島周辺のわが国領海に、武装船を含むシナ公船が侵犯したばかり(記事)だが、ハリー司令官の発言は、日本にとっては大変心強いものである。
 但し、言うまでもないことだが、我が領土領空領海を守るのは、我が国自身である。米軍はあくまで「援軍」であって、日本の代わりに戦う「傭兵」でも「ガードマン」でもない。そこは絶対に忘れてはならない。

|

武装船含むシナ公船が領海侵犯。今年3回目、宜野湾市長選挙の結果に対するメッセージか?

 ここ数日、日本列島全体が冷凍庫に放り込まれたような寒さが続いていたが、今日は日中暖かくてありがたかった。しかし、沖縄からは背筋が凍るようなニュースが入ってきている。シナ海警局の公船4隻が、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺の領海に侵入したというニュースである。
 侵入したのは、「2151」(1500トン級)、「2337」(3000トン級、元海軍中型航洋曳船)、「2506」(5000トン級、元海軍調査艦)、「31239」(2000トン級、元江衛型フリゲート武装有り)の4隻で、27日の10:00~10:25ごろから領海に侵入し、海上保安庁の警告を無視して領海内を航行し、正午ごろに領海外へ出たという。

※詳しくはこちら→時事ドットコムhttp://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2016012700404

 今年に入ってこれで3回目。4隻の内「31239」は去年の12月26日に領海侵犯した、武装タイプである。領海侵犯を日常化することで、我が国の実効支配を揺るがすのが目的だろうが、それ以外にも、先日決まった領海警備の新方針を調べること(本当に海上警備行動を発令するか)や、先日の宜野湾市長選挙の結果に対する、何らかの意思表示もあるのかもしれない。いずれにせよ、このような傍若無人ぶりを、いつまでも許してよいわけがない。

|

速報:U-23サッカー準決勝。日本、イラクを2-1で下す!!

 試合は日本ボールでキックオフ。
 前半26分にFWの久保裕也選手(11)のゴールで先制。しかし、前半終了近い43分、ゴール前の混戦からイラクに1点奪われる。GK櫛引政敏選手が再三好守を見せたものの、連続攻撃を防ぎ切れなかった。結局、1-1の同点のまま、前半終了。
 後半はイラクボールでキックオフ。両軍とも途中選手を交代しつつ攻めるも決め手に欠ける。日本は後半終了間際にコーナーキックの機会を得るも得点ならず。このまま延長かと思られたが、アディショナルタイムにMF原川力選手(7)が2点目ゴール!そのまま逃げ切り勝利した。
 これでオリンピック出場決定!これまでどうしても勝てなかったイラクに勝った、この勝利は大きい。次は決勝戦。優勝めざして、がんばれニッポン!

|

速報:錦織選手、ベスト4進出ならず!全豪オープンテニス

 全豪オープンテニス準々決勝、世界1の強豪・N.ジョコビッチ選手と対戦した錦織圭選手は、残念がら、6-3、6-2、6-4で敗れた。ジョコビッチ、強し!

 さて、今夜はU-23サッカー、日本対イラク戦がある。これに勝てば、日本チームのオリンピック出場が決まる。がんばれニッポン!

|

兵庫名物号泣元県議、本日強制出廷。

 城崎温泉へありえない頻度で日帰り出張を繰り返しただのと、虚偽の報告を行っていた、兵庫県の元県議、野々村被告に対し、神戸地裁は拘引状を発し、強制出廷させることとした。
 前回、予定された初公判に、被告がドタキャンし、今回もその可能性ありということで、異例の勾引となった。
 勾引は、24時間で釈放となるが、もし、野々村被告が今後も裁判への出廷が「危うい」とみなされれば、「勾留」という事態もあり得るという。
 おそらく日本一、いや、世界一有名な兵庫県の元県議である被告が、今日のやり直し初公判でどのような態度を取り、どのような発言をするのか。興味深い。

《刑事訴訟法》

第五十九条 勾引した被告は、裁判所に引致した時から、二十四時間以内にこれを釈放しなければならない。但し、その時間内に勾留状が発せられたときは、この限りではない。

第六十条 裁判所は、被告人が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由がある場合で、左の各号の一にあたるときは、これを勾留することができる。
三号 被告人が逃亡し又は逃亡すると疑うに足りる相当な理由があるとき。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO131.html

|

英虞湾の放置小型船舶の撤去作業

 三重県は、同県英虞湾において、所有者不明の放置小型船舶10隻の撤去作業を始めた。伊勢志摩サミットの会場となる同県志摩市賢島周辺に放置された船舶で、サミット警備に支障となるための処置である。
 英虞湾には多数の放置船舶があり、サミット警備の問題となっていた。これらの船舶にテロリストが潜んだり、爆発物を仕掛けられると大変である。しかし、船を放置するなんて、モラルのかけらもない奴らだ!

|

観測史上初

 記録的な寒波襲来で、西日本を中心に各地で記録的な積雪が観測される中、沖縄本島の名護市でもみぞれが観測されたという。沖縄本島で雪が降るのは、観測史上初。久米島でも、39年ぶりのみぞれを観測。いやはや寒いわけだ。
 江戸時代には、数回沖縄でも雪が降った記録があるそうだ。江戸時代は、江戸の街でも根雪になったと言うぐらい、地球規模で気温が低い時代だったそうだが、温暖化が叫ばれる今日、まさか沖縄で雪とはね。長生きはするもんだ

 沖縄といえば、宜野湾市の市長選が昨日行われ、現職の佐喜真氏が当選したそうである。宜野湾市は米軍普天間基地を抱える。辺野古移設反対の立場を取る対立候補が、翁長県知事らの支持を受け立候補していたが落選。翁長知事の選挙違反疑惑戸別訪問禁止を破って、戸別訪問を実行した疑い)が響いたか。

※公職選挙法

 (戸別訪問)
第百三十八条 何人も、選挙に関し、投票を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもって戸別訪問をすることができない。
 いかなる方法をもつてするを問わず、選挙運動のため、戸別に、演説会の開催若しくは演説を行うことについて告知する行為又は特定の候補者の氏名若しくは政党その他の政治団体の名称を言いあるく行為は、前項に規定する禁止行為に該当するものとみなす。

第二百三十九条 次の各号の一に該当する者は、一年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する
三号 第百三十八条の規定に違反して戸別訪問をした者

|

祝!初優勝。琴奨菊、豪栄道を突き落としで破り、堂々勝利!

 大相撲初場所千秋楽。優勝を狙う三人(白鵬・琴奨菊・豊ノ島)のうち、まず豊ノ島が土俵に上がる。対戦相手は栃煌山。しかし、足の故障が厳しいらしく、突き出されて優勝戦線から脱落。無念の敗北だが、殊勲賞をとった!
 三役揃い踏みの後、ついに琴奨菊登場!対戦相手は、大関・豪栄道。立ち合いから真っ向勝負は、琴奨菊の突き落としで勝負あり!この瞬間、琴奨菊の初優勝、そして、日本生まれの日本人力士にとって十年ぶりの優勝である。(地元・柳川は狂喜乱舞!)おめでとう、琴奨菊!
 なお、横綱・白鵬は、結びの一番で日馬富士と横綱対決。しかし、立ち合い一瞬で日馬富士に上手投げで敗れる。どうしたことか、昨日といい今日といい、精彩を欠く相撲である。

|

115年ぶり?!南の島に雪が降る。

 鹿児島県の奄美大島の名瀬で、本日13:13頃から13:20にかけてみぞれが降った。気象庁の名瀬測候所は、「初雪を観測した」と発表した。奄美大島で雪が観測されたのは、明治三十四年以来実に115年ぶり。こんなこともあるんだな

|

U-23日本サッカーチーム、延長戦でイランに勝利!一方、気になる相撲の結果は?

 サッカーは延長戦の結果3-0でイランに勝利。
 延長前半6分に、豊川雄太選手のヘディングシュートで先制。圧巻は後半の中島翔哉選手の2点連続シュート。これで勝負あった。次の試合は26日、イラクとUAEの勝者と戦う予定。がんばれニッポン!

 一方、大相撲初場所14日の取り組み。昨日連勝が途切れた琴奨菊は、栃煌山を一気に寄り切り1敗を堅持。一方、横綱白鵬稀勢の里に押し出され、まさかの2敗。精彩を欠く内容。豊ノ島嘉風を叩き込みで下し、2敗キープ。日馬富士鶴竜に敗れ、優勝戦線脱落。結果、琴奨菊が1敗で単独首位。白鵬と豊ノ島が2敗で追う展開である。いよいよ明日は千秋楽!がんばれ!!

|

琴奨菊に土!優勝争いは混沌。

 大相撲初場所13日目。優勝の期待がかかる大関・琴奨菊は、前頭七枚目の豊ノ島と対戦するもまさかの敗北!琴奨菊は12勝1敗、豊ノ島は11勝2敗で、優勝争いに絡む位置。
 一方、1敗の横綱・白鵬は、3敗の横綱・鶴竜と対戦。鶴竜は激しく攻めるも攻めきれず、送りだされて4敗。優勝戦線からは離脱。白鵬は1敗をキープ。
 2敗の日馬富士は、取り直しの相撲を制して2敗をキープ。その結果、1敗で白鵬と琴奨菊、2敗で日馬富士と豊ノ島が並ぶ混戦模様!琴奨菊には、気持ちを切り替えて、残り2日を全力で戦ってほしい。一方、豊ノ島にも頑張って、最後まで優勝争いに絡んでほしい。

|

40年ぶりの寒波。西日本は注意。

 ウェザーニューズによれば、明日23日から25日(月)にかけて、強烈な寒波が日本列島(沖縄まで!)を覆うという。特に、西日本ではかなりの影響が出そうということで、「3日分の食料を準備して」と、警戒を呼び掛けているという。特に24日(日)は約40年ぶりの寒波だとか。
※詳しい記事はこちらhttp://weathernews.jp/smart/sora_mission/topics/glance.html?missionid=1453306295.65201&fm=tw0

 約40年前、昭和52年の寒波到来では、沖縄の久米島でみぞれが観測されたという。今回それに匹敵する寒波ということで、沖縄や奄美地方でも、条件によっては降雪があるかもしれない。注意が必要だ。

 一方、ウェザーマップからは、早くも桜の開花予想が出ている。一番早いのは福岡で3月23日の予想、次いで、東京と名古屋が26日、大阪28日という予想だとか。暖冬傾向で、やや開花が遅れると、現時点では予想しているそうだが、さて

ウェザーマップ予想2016さくら開花前線
http://www.weathermap.co.jp/news/2016/01/22/20160122sakura1/

|

琴奨菊関、日馬富士も撃破!優勝へ待ったなし。

 昨日、横綱白鵬を破り11連勝の琴奨菊は、横綱日馬富士(1敗)と対戦し、これを撃破!全勝を守った。これで、三横綱に勝って負けなし!このまま是非、全勝優勝を目指してほしい。

|

ヨヨヨイ、ヨヨヨイ、ヨヨヨイヨイ。

 「あっ、めでてえな!」と〆たいところだが、残念ながらめでたくない話。俳優の中村梅之助さんが、18日、肺炎でお亡くなりになったそうです。謹んで、ご冥福をお祈りいたします。
 遠山の金さんや、伝七捕物帳の伝七親分が当たり役でした。さみしいです
 

|

琴奨菊、白鵬を押し出しで撃破!怒涛の11連勝!!

 大相撲初場所十一日目、結びの一番。ともに全勝の白鵬と琴奨菊の対戦は、押し出しで琴奨菊の勝ち!これで土付かずの十一連勝で、単独首位に躍り出た。
 ここ十年、日本生まれの日本人力士の優勝が無い。琴奨菊には、ぜひ優勝めざしてがんばってもらいたい。

|

リオ五輪アジア地区最終予選、サウジに2-1で勝利!

 日本チームキックオフで試合開始。前半31分に大島僚太選手(8)が先制のゴール!1-0で日本リードのまま、前半終了。
 後半8分に、南野拓実選手(18)のパスを、井手口陽介選手(19)が決めて2点目。
 しかし、直後の12分、サウジがPKで1点返し2-1(日本は初失点)。日本のリードは1点となる。その後、日本は3連続コーナーキックでサウジゴールを狙うも攻めきれず。サウジはファウル連続の厳しい当たりで攻めてくる。決勝トーナメント進出がかかってるだけに、サウジも死に物狂いだ。互いにボールをとればすぐ切り返してゴールを狙う、激しい攻防が続く。後半45分が経過して、アディショナルタイムは4分。時間切れ寸前で日本はPKのチャンスを得るが、決められず。そこで試合終了。2-1で勝利した。グループステージ3連勝である!
 次は22日、イランとの準々決勝である。がんばれニッポン!

|

冬の嵐で列島大荒れ!愛媛県でフェリー事故。

Img_orange_shikoku

 台風並みに発達した低気圧と寒波の影響で、大荒れの日本列島。愛媛県の八幡浜港では、13:00ごろ、九州と四国大阪を結ぶ九四オレンジフェリー(株)のカーフェリー、「おれんじ四国」(上記画像、2918総トン)が、出港直後に強風に流され、港湾のクレーンに船体が接触する事故が発生。船体右前部に損害が出るも、乗客23人乗員10人にけがはなく、油の流出等も無い模様。海上保安部によれば、当時13~15メートルの北西の風が吹いていたという。
 荒れた天候は、明日も続く予報である。陸上交通も海上交通も、引き続き警戒が必要である。

(※上記画像は、おれんじ四国。 九四オレンジフェリーのホームページから、転載させていただきました)

|

大山鳴動して・・・

 人気アイドルグループの解散騒動。どうやらグループとしての活動を継続するらしい。ただ、これで雨降って地固まるといくかどうかは、何とも言えない。

|

渦中のアイドルグループが、自ら語る。

 年明け早々、解散報道が流れた人気グループSMAPが、本日放送の冠番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ 番組HPこちら)で、放送内容を一部変更して、直接事情を話すという。普段芸能界には興味ないが、さすがにSMAPほどのビッグネームになると、何を語るか気になる。こりゃ、番組史上最高の視聴率になるかも?

Photo


|

e-Taxで確定申告

 今朝の雪は、関東各地に交通機関の乱れや停電等の影響を及ぼした。しかし、自宅開業のありがたさで、雪の中出勤することもなく、自宅で仕事ができる。で、今日は確定申告をe-Taxで行った。去年のデータを呼び出して、あらかじめ作成しておいた決算書類のデータ及び社会保険費等のデータを入力するだけで、1時間ぐらいで終了。後は結果を待つだけである。めでたしめでたし

|

一面の銀世界

 昨夜の段階では、雨も雪も降ってなかったのだが、今朝起きてみれば窓の外は雪で真っ白である。一晩でここまで降るとは!天気予報の通りだった。関東だけでなく、各地で大雪らしいが、雪不足で困っていた地域にとっては朗報かもしれない。

|

明日は大雪?!

 天気予報によれば、明日は関東地方平野部でも雪になる恐れ。23区内でも10センチ(!)の積雪の恐れだという。都心で10センチの積雪は、大変な脅威だ!

|

阪神淡路大震災から21年。

 あの大震災から、もう21年たつ。地震の発生そのものは、防げない。しかし、被害を減らすことはできる。そのための「国土強靭化」だったはずだが、どれくらい進捗しているのだろうか?本来なら、補正予算を10兆円ぐらい組んで、既存のインフラの再整備と、防災対策のための新たなインフラ建設に回すべきなのだが・・・のど元過ぎれば、熱さ忘れるか。

|

速報:日本チーム、タイに4-0で大勝!!決勝トーナメント進出決定!

 グループステージ突破をかけた大事な一戦。
 前半27分に、遠藤航選手(3)からのパスを、鈴木武蔵選手(9)がシュートして先制。そのまま日本リードで前半は終了。
 後半開始直後の4分、原川力選手(7)のクロスを矢島慎也選手(21)が決めて2点目。
 後半30分には、岩波拓也選手(4)のパスを、久保裕也選手(11)がシュートで3点目。
 ついで、後半39分に、またも久保選手がPKを決め4点目!久保選手は、この試合2ゴールの活躍!そのまま逃げ切って、無失点の4-0で大勝した。これで、決勝トーナメント進出決定である!
 次はグループ1位通過をかけ、サウジアラビアと激突する!がんばれニッポン!!

|

見ろ!○○がゴミのようだ。

 昨夜はよせばいいのに『天空の城ラピュタ』を観てしまった。ついつい観ちゃうんだよね。セリフもカット割りも暗記するほど何度も観てるのに、それでも観てしまう。宮さん、罪なもの創ってくれたな。
 この作品、公開はなんと昭和六十一年!三十年前だよ、三十年!俺もすっかり齢喰ったわい同時上映が『シャーロックホームズ』だったのも、懐かしい。
 実際、世間はすっかり変わってしまった。主人公の少年は、空中海賊から足は洗ったものの、結局、海賊王を目指している。ムスカの目がつぶれたのは、彼が咄嗟に放った太陽拳のせいだという。若いころのドーラとその後の姿は、ある種の諦観を観るものに与える。何度観ても見飽きない、奥の深い作品だ。


 Bqqe_fuceaaa0ba

 実は、この装甲列車が大好きなのだ!第二次大戦でドイツ軍が使用したドライジーネ重装甲軌道偵察車(下図)に、あれこれデコレートしたデザインがいい!


Imgb19b9747zik1zj


|

我が人生に、一片の悔い無し!!『北斗の犬』最終話

 200X年、世界は妖怪に包まれた。だが、人類はまだ、死滅していなかった。

 コマシロウとニャ王、ついに決着の時は来た!
 「世に覇者は一人ニャン!。」高速で交差するニャ王とコマシロウ!ニャ王の突きが先にコマシロウを捉えた!経絡秘孔の一つ、止められない黒い欲望を突かれたコマシロウは、チョコ棒大好きさんにされてしまい、堪らずチョコ棒を食い漁る。そこへ怒涛の連続攻撃!ニャ王に秘孔・ラッキーナンバーは48を突かれたコマシロウは、今度はニャーKB48の大ファンで、フササたん推しにされてしまう。このままでは、コマシロウが壊れてしまう!
 ようやく我に返ったコマシロウ。改めてニャ王へ突撃する。両者が交差する刹那、互いの秘孔を突き合う。コマシロウはこたつで丸くなる猫さんに、ニャ王は喜び庭駆け回るワンコにされてしまう。尚も激しく互いの秘孔を突き合う二人。コマシロウに「貴様は既に、ニャンことばになってるニャン」というニャ王。コマシロウはニャ王に「おまえは既に、ズラことばになってるズラ」という。ニャ王は「微塵も効いてないニャン…ズラ」と、いつの間にか語尾がズラになっている!そう言うコマシロウも、「しっかり効いているズラ・・・ニャン」と、こちらも語尾がニャンになっている!「両者相討ち~でウィス?!」(byウィスパー)
 「そろそろ勝負をつけるニャン、ズラ!「決着の時ズラ、ニャン!」ズラニャンズラニャンと秘孔を突き合う度に、ニャ王の驚いた時の声が「もんげ~」になったり、コマシロウに首輪と鈴がついたりする。「ありゃりゃ、だんだん混ざってませんか?」激しい疾風の中戦い合ううちに、ついに二人は融合個体となってしまう!驚くウィスパーと黒王号。ここに、ジバコマ爆誕!。そのとき、天を覆っていた黒雲から、一筋の光がジバコマを照らす。静かに目を閉じ、右手を天に向けるジバコマ。「我が生涯に、一片の悔いなし!

『北斗の犬』 完

|

テロでもないのに、14人も死ぬとは…

 本日未明に発生したスキーバス事故。現時点で死者は14人。まだ重傷者がいるようで、どうかこれ以上死者が増えないことを切に願う。
 今のところ、詳しい原因等は不明だが、恐ろしいことだ。大勢若者が犠牲になったのも、痛ましい。ご冥福をお祈りします。

|

映画『思い出のマーニー』、米アカデミー賞にノミネートされる。

 米国の第88回アカデミー賞・長編アニメーション部門に、『思い出のマーニー』(平成26年、監督:米林宏昌、スタジオジブリ)がノミネートされた。
 「一昨年公開の映画が、なぜ今?」という感じはするが、是非受賞してもらいたい

|

「愛と希望と勇気の日」…って、タカラヅカですか?

 1年365日(今年は366日)、毎日が何かの記念日。今日は「愛と希望と勇気の日」という、些か気恥ずかしい名前の記念日だという。由来は昭和34年の1月14日、南極昭和基地に置き去りにされたカラフト犬15頭の内、タロジロの2頭の生存が確認されたことから、「生きることへの希望と愛を忘れないために」制定されたのだという。

尖閣諸島開拓の日
 別の記念日として、「尖閣諸島開拓の日」が、平成22年に沖縄県の石垣市で、条例として定められている。これは、明治28年1月14日に、尖閣諸島を日本領へ編入する閣議決定がなされたことに由来する。これは、全国民に周知されるべき日だ。

|

速報:日本チーム、北朝鮮撃破!

 カタールのドーハで開かれていた、U-23選手権・リオ五輪アジア地区最終予選の第1回戦。北朝鮮と対戦した日本チームは、前半5分に山中亮輔選手(6)からのコーナーキックを、植田直道選手(5)がゴールして先制!その1点を守り抜いて、初戦を勝利で飾った。次はタイ戦、がんばれニッポン

|

今年の流行語大賞は「卒論」か?

 「卒論」と書いて「離婚届」。どうにも下衆な話題で恐縮だが、これが今年の流行語大賞になるかも
 それにしても、なんで妻帯者に手を出すのかね?今田耕司さんとか岡村隆史さんとか有吉弘行さんとか、独身のいい男は山ほどいるのに。

|

SMAP解散?!ホンマかいな。

 一部報道で、人気アイドルグループSMAPが解散するという情報が流れている。
 SMAP育ての親と言われる人物がジャニーズを辞め、それにメンバー4人が同調。キムタクはジャニーズに残るというのだが・・・
 ジャニーズ事務所の後継者の座を巡って、ゴタゴタがあるという話は、特に芸能関係に興味の無い私の耳にも入ってきていた。そのゴタゴタの渦中にあったのが、件の「SMAP育ての親」氏らしいのだが、本当に解散するのだろうか?今年でCDデビュー25周年の節目の年に、まさか解散とは信じられん。

|

沖縄県尖閣諸島の警備で、新方針。

 政府は、尖閣諸島(沖縄県・石垣市)の警備に関し、新たな方針を定め、シナにも通告したという。

 以下は、読売新聞ニュース(YOMIURI ONLINE)の記事から引用。
  

政府が中国軍艦による尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領海(周囲約22キロ)への侵入に備え、新たな対処方針を決めていたことが分かった。

 国際法に基づく無害通航を認めず、海上警備行動を発令して自衛隊の艦船を派遣し、中国軍艦に速やかな退去を促す。新方針は、昨年11月の中国軍艦による尖閣諸島周辺の航行後、外交ルートを通じ中国政府に通告された。

 国連海洋法条約は平和や安全、秩序を脅かさない限り、軍艦であっても他国の領海を自由に通航できる無害通航権を定めている。ただ、中国は尖閣諸島の領有権を主張しているため、無害通航を求める可能性は低いと日本政府はみている。「中国が『無害通航だ』と主張することは、日本の尖閣諸島領有権を認めることと同義になる」(外務省幹部)ためだ。


 以上、引用終わり。http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160111-OYT1T50106.html

 政府も、ようやく腹をくくったようだ。
 これまでは、海上保安庁の巡視船が対応していたが、軍艦の接近に加え、武装公船の領海侵入事案まで発生しては、さすがに海保だけでは対応しきれないと判断されたのだろう。これまで表立って対応してこなかった海上自衛隊(おそらく、海自の潜水艦が少なくとも一隻、同海域の海底に沈底して、静かに聞き耳を立てていたはず)が、ついに矢面に立つことになる。
 本当は、守備隊を同諸島に配備するべきなのだが、一時的に野戦陣地を築いて警備要員を派遣(動哨)するのではなく、恒久的な施設を建設して、専門の守備隊を常駐させるには、クリアすべき問題が多い。現地は国有地でしかも無人のため、用地買収や住民への周知や同意の取り付け等は不要だが、公務員の定数が決まっている中で新規の部隊を発足させるのは容易ではない。さらに、守備隊の本部兼支援施設は石垣島に設置し、そこからローテーションで人員を送りだすのが望ましいが、本部の用地買収等に手間取る可能性もある。まずは、シナの船が近づけないように、海上警備の強化を図る算段らしい。とりあえず第一歩は踏み出したと、評価すべきか。

|

えっ、初雪?

 今朝、03:55ごろに都心で降雪を観測。初雪だそうである。平年より9日遅いそうだ。
 元日から昨日まで、最高気温が10℃以上の日が11日間続いてきた(56年ぶりの記録!)が、それも終わり。ようやく寒い冬が帰ってきたらしい。手袋とマフラーを出さないと

|

天目山は、武田氏の鬼門か。

 山梨県甲州市大和町木賊の天目山(木賊山)。ウィキペディアの記事によれば、武田氏はここで二度滅んでいるという。
 一度目は応永二十四年(西暦1417年)。上杉禅秀の乱に参加して敗退した、甲斐武田氏十三代・武田信満が、室町幕府側に追われここで自害したという。
 二度目は天正十年(西暦1582年)。甲斐武田氏二十代・武田勝頼が、ここで妻子(嫡男・信勝、妻の龍勝院織田信長の姪に当たる)及びわずかな供回りとと共に無念の最期を遂げている。
 追われる身となった信満や勝頼が天目山を目指したのは、そこに甲斐武田氏ゆかりの禅寺、棲雲寺があったかららしい。天目山という名も、もとは棲雲寺の山号であるそうな。

詳しくは、ウィキペディアの記事参照。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9B%AE%E5%B1%B1

|

三連休の中日。

 先週、正月三が日だったのにまた三連休。さすがにどこかへ行こうという気になれない。成人式が1月15日じゃないことも、未だに納得いかない。なんでも三連休にすれば、いいってもんじゃないだろ。

|

日英同盟復活?!

300pxraf_eurofighter_ef2000_typhoon

 英国の戦闘機、タイフーンが航空自衛隊と共同訓練を行うという。
 
 以下は、時事通信の配信記事から引用。

 

 中谷元防衛相は9日午前、防衛省内で英国のファロン国防相と会談し、日英両国での共同訓練や部隊間交流を進めることで合意した。具体的には、年内に英空軍戦闘機「ユーロファイター・タイフーン」が日本に飛来し、自衛隊機と共に訓練を行う方向で調整を進める。
 また、自衛隊と英軍が物資を融通し合う物品役務相互提供協定(ACSA)の早期締結を改めて確認し、防衛装備品の開発・研究に関して当局間の人的交流を進めることも申し合わせた。
 ファロン氏は、災害救援分野などに関する東南アジア諸国の能力構築支援に向け、日英防衛当局間でワーキンググループを設置することを提案。中谷氏も応じる考えを示した。
 北朝鮮による核実験について、両氏は核保有を断じて容認しないとの考えで一致。北朝鮮の弾道ミサイル発射実験の可能性や、韓国軍の対北朝鮮宣伝放送再開に関し、中谷氏は「関心を持って情勢を注視している」と述べた。
 一方、中国が海洋進出を続ける南シナ海情勢に関し、中谷氏は「滑走路建設などが急速なペースで強行されている」と懸念を表明。ファロン氏は「国際法に基づき問題を平和的に解決する必要がある」との認識を示した。 

 以上、引用終わり。http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/jiji-2016010900049/1.htm

 タイフーンは、現在運用中のFー4EJ改の後継機候補として名前が上がったこともあったが、結局F-35に決まった。しかし、ひょっとしてタイフーン復活の話がどこかで出てきたのかも・・・

(上記の画像は、タイフーン。ウィキペディアの記事から、転載させていただきました)

|

ニャ王死すべし!!『北斗の犬』第6話

 いつものように、モヒカン(×2)に追われるウィスパー。と、前方から砂煙をあげてとんでもない数の悪党どもが!慌てて逃げ出すモヒカン。現れたのは、世紀末覇者・ニャ王の親衛隊。その後方に、途轍もない巨大な黒馬に跨った謎の男!
 そこに現れたコマシロウ。「そいつこそ、オラが倒さねばならない、最強の敵ズラ」。襲い掛かる親衛隊に、電光石火の早業で秘孔・アイドル伝説♡モヒ子第1章を突くコマシロウ!悪党どもは、駆け出しアイドル・モヒ子と、そのファンにされてしまう。MOHIKO劇場で、盛り上がるモヒ子(CV:戸松遥)と、ファン。ライブを終え、楽屋に下がってきたモヒ子を待っていたのは、トップアイドルのモヒ美(CV:沼倉愛美)。「あなたは最高よ!だけど…最低でもあるわ」。これが、トップアイドルの座を争う二人の出会いだったズラ・・・って?!
 怒り狂う親衛隊は、再度コマシロウに突撃するも、秘孔・アイドル伝説♡モヒ子・一気に飛んで最終章を突かれ、紅白モヒカンアイドル合戦で、ついに直接対決することになった、モヒ子とモヒ美。そして、アリーナを埋め尽くす観客にされてしまう!「モヒ子、あなたは最高よ!だけど・・・これからもっと、最高になれる」。モヒ子にゴールデンモヒカンを授けたモヒ美は、突然モヒカン・アイドル卒業宣言!そして、ちょんまげ・アイドルまげ美に生まれ変わるという超展開!(なんですか、これ?!)
 ついに、謎の男と対峙するコマシロウ。「ニャ王、ついに決着をつけるときが、来たずら」。呼びかけられた男、ニャ王(ジバニャン)も、「貴様をここで、葬ってやるニャン!」と、対決姿勢をあらわにする!
 
 次回、最終決戦!括目して待て!!
 
(公開以来、快進撃を続けていた『劇場版・妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語』が、ついに首位の座を『スターウォーズ フォースの覚醒』に明け渡してしまった。
 しかし、真に驚嘆すべきは、『劇場版・ガールズ&パンツァー』が、9位(前週13位)とベスト10に返り咲いたこと。相当なリピーターがいるようだ)

|

初霜

 東京でようやく初霜の便り。例年より19日、去年より21日遅いとか。
 暖冬の影響で、ユニクロはヒートテックが売れなくて苦戦。天然氷の産地やスキー場、ワカサギ釣りにも支障が出ているという。このうえ、雪が少ないと雪解け水が減って農業にも悪影響が出るかもしれない。困ったことだ。

|

NPTの終焉。北の水爆実験が、突き付けたもの。

 昨日強行された北朝鮮による水爆実験。北朝鮮は「完全に成功」と宣伝しているが、世界の目は懐疑的である。
 この実験で露わになったものは、核拡散防止条約(NPT)の有名無実化である。
 日本は今後、NPTから脱退して独自の核兵器開発に踏み出すか、NPTに留まる代わりに、非核三原則を廃して米国との間で「核兵器シェアリング」を行うか、難しい選択を迫られることになる。
 更に、日本独自の情報機関の設立も、必要である。ドイツの連邦情報局(BND)を手本に、内調と公安調査庁を統合する形で、内閣府(首相)直属の情報機関を作って、情報収集能力の向上を図らねばならない。
 北朝鮮に対する日本独自の制裁策だが、朝鮮総連の解散と資産没収、幹部の拘束ぐらいやらないと、効果はないだろう。北に対しては、過去世界的な制裁が行われてきたが、一向に愚行を改める気配がない。総連解散ぐらいしか、もう手が残っていない。破防法の適用で解散が可能か、他の根拠法が必要か、まじめに検討すべきだ。「検討中」というだけでも、北に対するメッセージにはなるだろう。

|

速報:北朝鮮、「水爆実験成功」と報道

 本日、10:29に北朝鮮北部豊渓里付近で、通常の地震とは異なる振動が観測された。さらに、12:30に特別重大報道として、水爆実験成功と発表があった。核実験としては4回目、水爆実験は初である。

 北朝鮮は過去、平成18年10月9日、平成21年5月25日、平成25年2月12日の計3回、核実験を行っている。
 そのうち、第1回実験では爆発規模はTNT火薬に換算して1キロトン程度。実験直後に実施された航空自衛隊による空中風塵の回収と分析から、核実験特有の放射性同位体が確認され、「核爆発」があったことは確実と考えられた。ただし、威力が小さいことなどから、構造が単純で成功率が高いガンバレル方式装置原爆で実験したものの、核分裂反応が進み切れないうちに破裂してしまう未熟核爆発(fizzle yield)に終わったのではないかと、推察される。
 一方、第2回、3回の実験では、爆発威力は大幅にアップしたものの、放射性同位体の観測に関するアナウンスはなかった。そのため、ガンバレル方式より高度な技術が必要な爆縮型原爆の実験にトライしたものの失敗。失敗をごまかすために、同時に大量の肥料爆弾を爆破して、いかにも核爆発があったように見せかけたのではないかという観測が出ていた。
 今回の実験が、真実水爆の実験で、かつ、それが成功したのか、現時点では不明。楽観視はできないが、わけもなく恐怖する必要もない。とにかく、米国の分析を待つこととしよう。

|

今更だけど、2015年を振り返る。

0058669

 う~ん。結局、使徒は来なかったな。


(※上記画像は、バンダイホビーサイトから、転載させていただきました)

バンダイホビーサイト→http://bandai-hobby.net/site/index.html

|

最後の初セリ

 1月5日は、築地市場の初セリの日。築地市場は今年11月に豊洲に移転の予定で、これが最後の初セリ。注目のマグロのセリは、青森県大間産の大物(200㌔)に1400万円の値がついた。競り落としたのは、いつものすし屋。5年連続だそうだが、築地でのこの風景も、これで見納めである。

|

サウジがイランと断交。重量運搬船関連株は「買い」か。

Usns_john_glenn_tmlp2_underway_in_j
(米国海軍のFOFO方式機動プラットフォームMLP。画像は、ウィキペディアの記事から転載させていただきました)

 ポカポカ陽気に冷水を浴びせるニュース。サウジアラビアがイランとの断交を発表した。
 事の発端は、サウジがシーア派聖職者をテロ容疑で処刑したこと。それに激怒したイラン国内のシーア派信者が、テヘランのサウジ大使館を襲撃して焼き討ちにしてしまった!これは、戦争になってもおかしくない状況である。
 中東では既にダーイッシュ(IS)問題で大混乱に陥っている。その上、この断交騒ぎである。ダーイッシュはシーア派撲滅が至上命題。シーア派のイランとしては、事態がこれ以上悪化するようなら、生き残りをかけてサウジへ侵攻し、メッカを奪取しなければならなくなるかもしれない。ペルシャ湾を横断してサウジへ侵攻する間、米国艦隊の介入を妨害するために、ホルムズ海峡を機雷で封鎖することになる。本来、機雷はそれを敷設したイランが始末するのが筋だが、イランは機雷を敷設できても、まともな掃海ができるか不明。そこで、機雷の後始末に、海上自衛隊の掃海部隊が動員される可能性が高い。しかし、掃海艦艇は速力が最高でも14ノットと低速で、船体も小さく、遠洋航海には不向き。低速なのは、音響機雷対策であまり大出力(その分、騒音も大きい)の機関を積めないからであるが、それではペルシャ湾にたどり着くまでが大変な負担になる。その対策として、掃海艇を丸ごと重量運搬船に載せて、ペルシャ湾近海まで運搬する必要がある。
 重量運搬船は、大型輸送船の船体中央部が欠けたような船型。半潜水式で、小型船艇を掬い上げて運搬するFOFO(Float On/Float Off)方式。速力は20ノットぐらい出せるものもある。特殊な運搬船であるため、民間(例えば、K崎汽船)からチャーターする必要がある。米国では、海軍の支援艦としてFOFO方式の機動プラットフォーム(Mobil Landing Platform MLP)を自前で建造・保有するようだが、我国も将来的には同種の船舶を保有する必要が出てくるかもしれない。となると、重量運搬船の建造実績のある造船会社や、現在保有運用してる海運会社等の関連株は、「買い時」かもしれない。


601_01l
(海上自衛隊の最新型掃海艇・「ひらしま型」のネームシップ、「ひらしま」MSC601。最大速力は14ノット(時速26キロ)。画像は、海上自衛隊ホームページギャラリーから、転載させていただきました)


|

あたたかい正月。

 今朝も快晴。陽光が軟らかく、気持ちのいい朝だ。天気予報では、4月並みの暖かさになるという。
 寒さに弱い私にとってはありがたいのだが、この陽気にはちょっと戸惑う。ポカポカ陽気は明日までで、その後は寒さが戻ってくるそうだが、これも気候変動の表れなのだろうか?

|

確定申告

 正月三が日なんて、あっという間だね。明日から仕事始めだが、とりあえず前期の決算と確定申告の準備をするか。

|

ぐるナイ・ゴチ17、新メンバーは

 ぐるナイ・ゴチ17、新メンバーは二階堂ふみ(21)という女優さん。若手ながら、過去5年間で主演映画5本、「ヒミズ」という映画で賞を取ったほか、NHK大河ドラマ「平清盛」「軍師官兵衛」に出演していたそうだが……はっきりいって、全然知らない!見たこともない。昨年2月に、ゴチにVIPチャレンジャーとして出演していたそうだが、全く覚えていない。ギバちゃんから「なんで(出演オファー)受けたの?」と問われ、「知名度を上げたい」と答えていたが、確かに知名度は上がったな。

|

大悲報!第95回天皇杯

正月早々、何ということだろう?!浦和レッズ、1-2でガンバ大阪に敗れる!残念無念

|

一年の計は元旦にあり

0196528_img_main_638
(ジ・オリジン版ガンタンク 画像はバンダイホビーサイトから、転載させていただきました)

 一年の計は元旦にあり!と、いいながら、初日の出を見逃してしまった…

 しかし、今日は朝から雲一つない快晴!おだやかで、誠に良い正月である。せっかくいい正月なのだから、いいニュースが欲しいところなのだが、隣国から不快なニュースが一つ入っている。
 以下は、産経ニュースから引用。
 

【北京=矢板明夫】中国国防省の楊宇軍報道官は31日の定例記者会見で、「中国の2隻目の航空母艦の研究開発を関連部署が進めており、すでに設計と建造の段階に入っている」と述べた。2隻目の空母の建造については海外メディアなどに繰り返し報道されてきたが、中国国防当局が公式に確認した形だ。

 楊報道官は、2隻目の空母は遼寧省大連市で建造されており、排水量5万トンで通常動力装置を採用し、中国国産の艦載機を搭載するといった詳細も明かした。中国の1隻目の空母はウクライナから購入して改修した「遼寧」で、2012年に就役した。

 また、この日の会見で楊報道官は、中国人民解放軍総後勤部政治委員の劉源上将が定年を迎え、すでに退役したことを明らかにした。劉源氏は劉少奇元国家主席を父親にもち、習近平国家主席と同じ党内の派閥、太子党の中心人物の一人として知られる。

 軍内で郭伯雄・前軍事委員会副主席らを失脚させる反腐敗キャンペーンで大きな役割を果たした。全国人民代表大会副委員長などのポストに転出するとの情報も一部党関係者の間で流れている。


 以上、引用終わり。
http://www.sankei.com/world/news/151231/wor1512310038-n1.html
 
 大連で、シナが新造空母を建造中であることは、既に世界中に知られていたが、詳細が中共当局者からアナウンスされるのは初めて。排水量5万トン級の通常動力艦とのことだが、果たして…
Liaoning_aircraft_carrier_sept_2012
(画像は「遼寧」。基準排水量55,000㌧、満載排水量67,500㌧。ウィキペディアの記事から、転載させていただきました)

 口直しにおめでたい話題を一つ。日本の理研が、113番元素の命名権を獲得したというニュース。
 以下は、読売新聞から引用。
 

理化学研究所は31日、2004年から3回、合成に成功した原子番号113の元素について、化学者の国際組織「国際純正・応用化学連合(IUPAC)」が正式に理研チームを発見者と認定、命名権が与えられたと発表した。

 日本のチームが元素の発見者になるのは初めて。中学や高校の教科書などにも掲載されている元素の一覧「周期表」に、日本発の元素名とアルファベットの「元素記号」が載ることになる。

 元素の種類は、原子の中心の原子核を構成する陽子の数で決まり、陽子数が原子番号となる。理研仁科加速器研究センター(埼玉県和光市)の森田浩介グループディレクター(九州大教授)(58)らのチームは04年7月、原子番号30の亜鉛を加速器で秒速3万キロ・メートルに加速、原子番号83のビスマスに衝突させて合成し、113番元素の作製に成功した。05年と12年にも同じ方法で、113番元素を合成した。


 以上、引用終わり。http://www.yomiuri.co.jp/science/20151231-OYT1T50082.html

 元素周期表の内、113、115、117、118番の元素は「未発見」とされ、米国やロシアなど各国の研究機関がしのぎを削っていた。そのうち、113番元素は、理研仁科加速器研究センターが平成16年に発見していたのだが、ほぼ同時期に米ロ合同グループも別の方法で発見したと主張し、どちらが発見者かでIUPACで審議していた。審議の結果、今回めでたく理研が発見者と認められ、命名権を得たという。なお、米ロ合同グループは、115、117、118番元素の発見も申請していて、そちらは認められたという。
 教科書の周期表に、日本にちなんだ元素名が載るというのは、うれしいことである。どんな元素名がつくかは、まだわからないが、センスのあるネーミングを期待する。

文部科学省「一家に1枚元素周期表」→http://stw.mext.go.jp/series.html

|

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »