« 今更だけど、2015年を振り返る。 | トップページ | NPTの終焉。北の水爆実験が、突き付けたもの。 »

速報:北朝鮮、「水爆実験成功」と報道

 本日、10:29に北朝鮮北部豊渓里付近で、通常の地震とは異なる振動が観測された。さらに、12:30に特別重大報道として、水爆実験成功と発表があった。核実験としては4回目、水爆実験は初である。

 北朝鮮は過去、平成18年10月9日、平成21年5月25日、平成25年2月12日の計3回、核実験を行っている。
 そのうち、第1回実験では爆発規模はTNT火薬に換算して1キロトン程度。実験直後に実施された航空自衛隊による空中風塵の回収と分析から、核実験特有の放射性同位体が確認され、「核爆発」があったことは確実と考えられた。ただし、威力が小さいことなどから、構造が単純で成功率が高いガンバレル方式装置原爆で実験したものの、核分裂反応が進み切れないうちに破裂してしまう未熟核爆発(fizzle yield)に終わったのではないかと、推察される。
 一方、第2回、3回の実験では、爆発威力は大幅にアップしたものの、放射性同位体の観測に関するアナウンスはなかった。そのため、ガンバレル方式より高度な技術が必要な爆縮型原爆の実験にトライしたものの失敗。失敗をごまかすために、同時に大量の肥料爆弾を爆破して、いかにも核爆発があったように見せかけたのではないかという観測が出ていた。
 今回の実験が、真実水爆の実験で、かつ、それが成功したのか、現時点では不明。楽観視はできないが、わけもなく恐怖する必要もない。とにかく、米国の分析を待つこととしよう。

|

« 今更だけど、2015年を振り返る。 | トップページ | NPTの終焉。北の水爆実験が、突き付けたもの。 »

ニュース」カテゴリの記事