« 三連休の中日。 | トップページ | えっ、初雪? »

天目山は、武田氏の鬼門か。

 山梨県甲州市大和町木賊の天目山(木賊山)。ウィキペディアの記事によれば、武田氏はここで二度滅んでいるという。
 一度目は応永二十四年(西暦1417年)。上杉禅秀の乱に参加して敗退した、甲斐武田氏十三代・武田信満が、室町幕府側に追われここで自害したという。
 二度目は天正十年(西暦1582年)。甲斐武田氏二十代・武田勝頼が、ここで妻子(嫡男・信勝、妻の龍勝院織田信長の姪に当たる)及びわずかな供回りとと共に無念の最期を遂げている。
 追われる身となった信満や勝頼が天目山を目指したのは、そこに甲斐武田氏ゆかりの禅寺、棲雲寺があったかららしい。天目山という名も、もとは棲雲寺の山号であるそうな。

詳しくは、ウィキペディアの記事参照。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9B%AE%E5%B1%B1

|

« 三連休の中日。 | トップページ | えっ、初雪? »

学問・資格」カテゴリの記事